a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

タイの生徒が使用するタイ語の学習書を利用する

タイ語は、マイナー言語にしては教材は豊富である。日本で出版されている参考書類だけを使って学習しても、 そこそこのレベルまではいける。

しかし、ある程度のレベルになったら、タイ人の生徒が使用するような教科書や教材を読むことをおすすめする。そのような教科書類を手に入れることができるバンコクのお店を紹介したい。

 

バンコクの教育ママに人気のスクサーパンパーニット

スクサーパンパーニット(ศึกษาภัณฑ์พาณิชย์、Suksapanpanit)は、タイ人の生徒のための教材を作っている会社で、それらを売るための書店も経営している会社である。その書店ではいろいろな科目の教材を売っており、タイ語を勉強している人なら1度は行ってみたい所だ。

 スクサーパンパーニットのウェブサイトは下記のサイトで、扱っている教材は安価のものが多く、種類も豊富なのが分かる。また、書物のみならず、コーカイ(タイの「あいうえお」)のポスターや音声付きの教材も豊富にあるので便利である。

 

Card

 

もしバンコクにあるスクサーパンパーニットの店舗に行くなら、BTSのエカマイ駅の近くの店が便利だろう。

小さい店舗の上に、いかにもローカルな店で分かりにくいかもしれないが、BTSでエカマイまで行き、エカマイバスステーション側に降りる。そして、バスステーションに向かって歩き、バスステーションを過ぎてすぐの場所にある。

店は本屋という感じがしないので、通り過ぎないように注意が必要だ。

この店では、平日の昼間にタイの教育ママさんのような人たちが、視覚教材を見ながら、店員さんの説明を受けているのを目にすることもある。どこの国にも教育熱心な人はいるものである。

 

 

スクサーパンパーニットはバンコクに数店舗あるので、他の店舗を探す場合はGoogle mapで「ศึกษาภัณฑ์พาณิชย์」と入力し検索するといいだろう。

 

チュラロンコーン大学が経営するショッピングモール

MRT(地下鉄)サムヤーン駅(สามย่าน)2番出口を出るとチャムチュリ・スクエア(จามจุรี สแควร์、Chamchuri Square)というビルがある。

 

バンコクのサムヤーン駅近くにあるチャムチュリ・スクエア

チャムチュリ・スクエア


このビルはショッピングモールとなっており、学生で非常に賑わっている。というのも、このビルのオーナーがチュラロンコーン大学(จุฬาลงกรณ์มหาวิทยาลัย、Chulalongkorn University)だからである。

道路の向かい側にはワット・フアランポーン(วัดหัวลําโพง)というお寺があるので、そのお寺が目印だ。

 

チャムチュリ・スクエアの向かいにあるワット・フアランポーン

ワット・フアランポーン

 

チャムチュリ・スクエアにはファストフードをはじめとする食べ物屋さんも充実しているが、実はこのビルにあるブックセンターにはタイ語の教材が豊富にあり、選ぶのに困ってしまうほどである。

スクサーパンパーニットと同様、教材用のポスターなども種類が多く、タイ語学習者にとっては夢の世界かもしれない。

また、あまり種類が豊富ではないものの、チュラロンコーン大学のロゴが入ったグッズも売っている。バンコクのお土産にチュラ大グッズもいいかもしれない。

いずれにせよ、タイ語学習者なら1度はチャムチュリ・スクエアに行ってみることをおすすめする。

 

 

タイ語の教材の選び方

上記の店舗で購入できる教材は、学年ごとに分かれているのがポイントだろう。たとえば「タイの小学校3年生は、こんなことを勉強するのか」などと、学年ごとの内容の難易さを比較できる。そのため、自分のレベルにあった教材を見つけやすい。

 

タイで買える小学生用のタイ語の教材

タイ語の教材

 

小学校低学年用の教材でも、科目によっては普段は使用しないようなタイ語がバンバン出てくるので、あまり無理せず、辞書を引きながら読んでも苦痛にならない程度のレベルの教材を選ぶことが重要だろう。

 また、タイ文字を習い始めたばかりならコーカイのポスターは買っておいて損はないと思う。