a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

奇岩を100%楽しむ、メテオラの歩き方

メテオラ(Meteora)は奇岩で有名なギリシャ内陸部の観光地である。奇岩というだけならこれほど有名にならなかったかもしれない。

メテオラの魅力は、映画007シリーズのユア・アイズ・オンリー(For Your Eyes Only)の撮影地にもなった絶壁の奇岩の上に建つ数々の修道院であろう。 もっとも、修道院の聖職者は、ロケ地になったことに対し、あまり快く思ってなかったらしいが。

また、メテオラはギリシャ人にとっては特別な地という印象を受ける。

ギリシャ人にどこへ行くのか聞かれて「サントリーニ島」とか「ロドス島」などと答えると「ああ」といった感じなのだが、「メテオラ」と答えると「おお!」と感心されることもある。おそらくギリシャ人にとっては聖地といった場所なのだろう。

ギリシャといえばエーゲ海の島々であるが、内陸部にあるメテオラはギリシャの違った魅力を感じられる場所である。

 

あまりおすすめできないアテネからの日帰り観光

メテオラを観光する際に拠点となる町がカランバカ(Kalambaka)である。

アテネからカランバカへ行くには列車かバスを利用する。列車の方が時間がかからず、安いので列車で行く人の方が多いかもしれない。列車で行った場合、カランバカ(カランパカと書かれる場合もある)駅で降りる。カランバカは終点なので迷うこともないだろう。 

 

メテオラ観光の最寄り駅であるカランバカ駅

カランバカ駅

 

カランバカで列車を降りると、駅の外にタクシーが待機している。アテネから日帰りでメテオラを観光する際に利用する観光用のタクシーである。

列車が定刻通りに発着すれば、カランバカに到着してからアテネ発の列車が出発するまでに4時間ほどの時間がある。その時間を使い、タクシーでメテオラを観光する旅行者もいるのである。 

もちろん、スケジュール上日帰りでメテオラに行かざるを得ない場合もあるだろうし、4時間もあればメテオラを一回りできるのでかなり楽しめるだろう。しかし、列車の遅延というリスクを考えるとアテネからの日帰りは、あまりおすすめできない。 

実際、この鉄道路線を利用した時、列車は約40分ほど遅れて午後2時頃カランバカに到着した。この時間に到着したなら時間は十分あるかもしれない。これがもう1時間遅れたならどうであろうか。かなり急ぎ足でメテオラを回らなくてはならない。時にはもっと列車の到着が遅れることもある。 

このようなリスクがあるので、メテオラ観光の拠点となるカランバカに1泊する方が安心である。メテオラに近いカストラキという村も観光拠点となるが、1泊だけならアクセスのよいカランバカの方が何かと便利である。

 

メテオラ周辺から出発する観光ツアー

カランバカからメテオラを巡るいくつかのツアーがある。タクシーでメテオラを回るよりは割安なのである。

カランバカの隣町のカストラキに宿泊した場合でも、これらのツアーは利用できる。よく利用されるのは、午前中にメテオラを回るツアーと夕方出発しメテオラの夕日を見るツアーである。どちらも20人未満の少人数のツアーなので、結構融通が利き、おすすめツアーである。 

2つのツアーは回る場所が異なるので、2つのツアーに参加するのもいいと思う。2つのツアーに参加すれば、ほぼメテオラ全域を見ることができるからである。

メテオラのツアーで注意すべき点は、曜日によって行き先が異なるということである。これは修道院が休む曜日が決まっており、ツアーの行き先となっている修道院が休みの場合は、他の修道院に変更されるためである。

 

メテオラの修道院の休日には休日がある

修道院の休日

 

そのため、お目当ての修道院があるなら、その修道院が休みでない曜日のツアーを選択する必要がある。

 

朝9時頃出発するメテオラ半日観光ツアー

このツアーではメガロ・メテオロン修道院(Megalo Meteoro)とヴァルラーム修道院(Varlaam)を中心にメテオラを回る。上にも書いたように、曜日によっては修道院が休みなので、違う修道院に行き先が変更される。

 

メテオラのメガロ・メテオロン修道院からの眺め

メガロ・メテオロン修道院からの眺め

 

メテオラといえば絶壁に建つ修道院を結ぶロープウェイが有名であるが、それほど頻繁に動いているわけではない。運が良ければロープウェイが動いている光景を見ることができるかもしれない。

 

メテオラのメガロ・メテオロン修道院の奇妙なロープウェイ

メガロ・メテオロン修道院のロープウェイ

 

メテオラのヴァルラーム修道院

ヴァルラーム修道院

 

ツアー中、移動は基本的にミニバンを利用するが、ツアー参加者の人数によってはマイクロバスになることもある。また、メガロ・メテオロン修道院、ヴァルラーム修道院ともに、観光するには十分な時間が設けられている。 

 

メテオラ半日観光ツアーで使用されるミニバン

観光ツアーで使用されるミニバン

 

メテオラで夕陽を見るサンセットツアー

サンセットツアーは、文字通りメテオラで夕日を見るツアーである。

このツアーでは通常、修道院は1つだけ、アギオス・ステファノス修道院(Agios Stefanos)のみに行く。

 

メテオラのアギオス・ステファノス修道院近くからの眺め

アギオス・ステファノス修道院近くからの眺め

 

また、カランバカの観光スポットである「11世紀のビザンティン教会」にも立ち寄る。11世紀のビザンティン教会はカランバカにあるのだが、中心部からは離れた所にあるので、ツアーで立ち寄ってくれると非常に助かる。 

 

カランバカにある11世紀のビザンティン教会

11世紀のビザンティン教会

 

サンセットツアーの特長は、様々なビュースポットに連れて行ってもらえることだろう。メテオラをいろいろな場所から眺められるので楽しいツアーだ。

また、午前中のツアー同様、かなり融通が利く。ツアー参加者から「ここで写真を撮りた~い」なんて声があがると写真を撮る時間を設けてくれる。

 

メテオラのサンセットツアー中のビューポイントからの眺め

サンセットツアー中のビューポイント

 

ツアーの時間は午前中のツアーよりは少々長く4時間半ほどである。また、午前中のツアー同様、ガイドは英語で行われる。サンセットツアーは、夕日を見るのが目的なので、時期により出発時間が異なることに注意しなければならない。

 

 

夕日に染まるメテオラの風景

夕日に染まるメテオラ

 

メテオラ、おすすめの巡り方

メテオラからカランバカまで徒歩の旅

上記の「メテオラ半日観光ツアー」と「サンセットツアー」の2つのツアーに参加すれば、メテオラを一通り見ることになる。これで十分満足するはず。

しかし、おすすめしたいのは、ツアーにはメテオラの夕日を見るサンセットツアーにだけ参加し、メガロ・メテオロン修道院とヴァルラーム修道院方面は、行きは公共のバスを利用し、帰りは歩いてカランバカまで戻って来ることだ。 

カランバカからバスで終点のメガロ・メテオロン修道院まで行き、そこから歩いてヴァルラーム修道院へ行く。ヴァルラーム修道院の観光を終えたら道なりに歩けば、カストラキを経てカランバカに到着する。

7~8Kmの距離であるが、ほとんど下りなので楽だ。写真を撮りながら歩いても2時間もかからない。道路が奇岩の近くになる所もあり、メテオラの奇岩の迫力をより感じることができる。 

注意点としては、ヴァルラーム修道院を出発するとカストラキまではお店がないので、メガロ・メテオロン修道院かヴァルラーム修道院の近くにある売店で水などのドリンク類を十分に用意しておくことである。

 

カランバカのバスステーション

カランバカからメテオラまでのバスは本数が少ないので注意が必要である。事前にバスの出発時間を調べておいた方がいいだろう。 

カランバカのバスステーションは、カランバカ中心部からも近く、迷うことはないと思うが、「バスステーション」という感じがしないので不安になるかもしれない。バスが路上に止まっているだけなのである。その止まっているバスの周辺の建物を見渡せば、チケット売場と待合所があるバスステーションがあるのが分かる。

 

カランバカのバスステーション

バスステーション

 

メテオラからカランバカに戻り、その日の夕方の列車でアテネに帰る場合は、午前11時頃にカランバカを出発するバスに乗ると時間的にもちょうど良く、おすすめである。

 

 

VELTRAで世界遺産メテオラ 絶景サンセットツアー<英語/カランバカ発>を予約する

 

ミトスゲストハウスのテラスから奇岩を眺める

どうしてもスケジュール的に無理というなら別であるが、日帰り旅行ではなく、メテオラの近くに泊まり、ゆっくりと奇岩を観光するのがおすすめである。日帰りだとどうしても駆け足になってしまい、メテオラの魅力を堪能できないからだ。

メテオラ観光の拠点となるのがカランバカであるが、カランバカの中心ある便利なミトスゲストハウス(Mythos Guesthouse)を紹介したい。

 

奇岩を眺められるテラス付きのゲストハウス

ミトスゲストハウスは古い民家を利用した、どこか山小屋を感じる宿である。1階にレストランが併設されており、チェックインやチェックアウトはレストランのレジで行う。

 

カランバカの中心地にあるミトスゲストハウス

ミトスゲストハウス

 

ゲストハウスといっても、ミトスゲストハウスは客室は広く、基本的な設備はそろっている。

客室内にはテーブルと椅子があるが、これも山小屋の雰囲気を醸し出し、客室とマッチしたデザインだ。バスルームにはバスタブはなくシャワーのみであるが、シャワールームが広めなので使いやすい。

 

カランバカにあるミトスゲストハウスの客室

ミトスゲストハウスの客室

 

客室に小さなテラスが付いているのもポイントが高い。

部屋によっては奇岩が目の前に見える。天気が良ければ奇岩をテラスから眺めているだけで時間が経ってしまう。また、テラスから眺める夜の奇岩はとても神秘的だ。

 

カランバカにあるミトスゲストハウスのテラスからの眺め

テラスからの眺め

 

ミトスゲストハウスで注意しなければならないのが階段である。階段を昇り降りしている時、微妙に段差が違う所があり、体のバランスを崩しかけることがある。特に荷物を持っている時は、1段1段ゆっくりと昇り降りした方がいいだろう。 

 

カランバカにあるミトスゲストハウスの階段は段差に注意

階段は段差に注意!

 

1階のレストランが便利

ミトスゲストハウスの1階には「Platanos(プラタノス)」というレストランがあり、朝食はこのレストランで取ることになる。朝食はビュッフェスタイルで、料理の種類はそれほどでもない。ギリシャ中級ホテルの標準程度であろう。 

このレストランは、朝食時を除くと普通のレストランとして営業している。

ミトスゲストハウスの宿泊者にとってありがたいのは、夕食に困らないことである。特にメテオラのサンセットツアーに参加した時などは帰りが遅くなるので、レストラン探しが面倒だ。このような時にゲストハウス併設のレストランなら、食事を取った後、部屋に戻るのが楽なので非常に重宝する。 

 

カランバカにあるミトスゲストハウスの1階にあるレストラン

ミトスゲストハウスの1階にあるレストラン

 

レストランの屋外の席で猫と戯れる

ミトスゲストハウスのレストランには屋外の席もある。天気が良ければ屋外の席で夕食を取るのもいいだろう。 

レストランで屋外の席に座ると食べ物をねだる猫が寄って来るのはギリシャの島ではありがちなことであるが、内陸部のカランバカでも同様だ。

 

カランバカにあるミトスゲストハウスのレストランの料理

レストランの料理

 

入れ替わり立ち代わり、数匹の猫がテーブルの周りをうろうろし始める。時々動くのを止め、こちらを見てくる。「食べ物ちょうだい!」アピールである。 

猫たちとの交流もギリシャ旅行での醍醐味である。

 

カランバカにあるミトスゲストハウスのレストランで、屋外の座席に寄って来る猫

座席に寄って来る猫