apriori-eye

アプリオリアイ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

タイ語における文語と口語と外来語

タイ語の単語を覚えても報われない時もある。たとえどんなに苦労して覚えた単語でもだ。間違って覚えたわけではない。今は使用されない古い単語というわけでもない。 

タイ人との会話の中で、ある単語を使ったとする。しかし、相手のタイ人は、同じものを指すのに聞きなれない単語使ってきた。こういう場合もあるのである。 

そのような時、どう思うだろうか。「えっ、もしかして間違えて覚えていた?」と不安になるかもしれない。あるいは「あの単語集、間違ってるじゃん!」と憤慨してしまうかもしれない。 

タイ語を勉強していけば、こういうことも起こり得ることを心しておこう。

 

 

会話で使われないタイ語

「水族館」は、タイ語で「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ(ピピッタパン・サト・ナーム)」という。市販の単語集にも載っているだろう。タイ語学習にとっては基礎的な単語かもしれない。 

今は知らなくても、タイ語をある程度勉強した人にとって、この語を覚えるのは難しいことではない。「พิพิธภัณฑ์(ピピッタパン)」=「博物館」、「สัตว์(サト)」=「生き物」、「น้ำ(ナーム)」=「水」で、「水の生き物の博物館」=「水族館」ということになり、3つの単語を知っていれば、連想してすぐに覚えられる語である。 

しかしタイ語の勉強を始めたばかりの人にとって、「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」という語を覚えるのは容易なことではない。ちょっと長めの語ということもあり、油断をしたら瞬く間に忘れてしまう単語だろう。何度も発音し、何度も書いて、やっと覚えるという、意外と苦労する単語だ。 

せっかく苦労して覚えたこの「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」という語ではあるが、その苦労は報われない可能性もある。もしかしたら、一生の内「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」という語を耳にすることは全くないかもしれない。

なぜだろうか? 「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」という単語は古い語で、もう使われていないからなのか?そんなことはない。今も使われている。 

「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」という語を耳にすることはない可能性の理由。それはタイ人は水族館のことを「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」と言わないわないからである。少なくとも若いタイ人に限ればは「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」という語を使用しない可能性がかなり高い。

 

タイ語の文語と口語

会話で使用される外国語

それではタイ人は「水族館」のことを何というのだろうか? 

「อควาเรียม」というのである。「アクワーリアム」である。つまり「aquarium(アクアリアム)」という英語の単語から借用した語を使うのである。 

「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」だと思っていたのに「อควาเรียม」を耳にした場合、かなりの混乱が生じるであろう。まず「aquarium」という英単語を知らなければ理解できない。それに、たとえ「aquarium」という語を知っていたとしても、タイ人の発音は英語ではなくタイ式になっているので、「อควาเรียม」と「aquarium」を即座に結びつけるのは困難であろう。 

水族館を「アクワーリアム」というタイ人であるが、別に、「ピピッタパン・サト・ナーム」という語を知らないわけではない。 

ある若いタイ人に、「ピピッタパン・サト・ナーム」ではなく、「アクワーリアム」を使用する理由を聞いたところ、その答えは、「ピピッタパン・サト・ナームは長いから」というものであった。

 

文語で使われる本来のタイ語

会話では使われないかもしれない「ピピッタパン・サト・ナーム」ではあるが、タイ語を読むという観点からは、目にする可能性が高くなるかもしれない。

Googleで検索したところ、検索結果数は「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」の方が「อควาเรียม」よりも多い。Googleの検索は、検索方法により検索結果数が変わるが、いくつかのケースを調べてみても「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」の方が優勢である。

しかし、このGoogleの検索結果をどうとらえるべきなのかは一考する必要がある。「やっぱりピピッタパン・サト・ナームの方が正しかったんだ!」と素直には喜べない。

「水族館」を意味するタイ語の単語を覚える際、タイ語学習者は会話用に「อควาเรียม」、読解用に「พิพิธภัณฑ์สัตว์น้ำ」の2つの単語を覚えておかなければならないからだ。

 

外来語が使われる事例

苦労して覚えたのに会話ではほとんど使われないという言葉は他にもある。理由は「水族館」と同様、会話では英語からの借用語が使用されるためである。

例えば、「デザイン」という単語もそうだ。正式に「กานออกแบบ(カーン・オーク・ベープ)」と覚えても、会話では「ดีไซน์(ディーサイ)」の方が使用される可能性が高いだろう。タイ人によっては、カーン・オーク・ベープという語を使用した時に、「ディーサイっていうんだよ」と、笑いながら教えてくれるかもしれない。

 

文章で使用される外国語

英語などの外国語が使用されるのは会話だけではない。文章に使用されることもある。特に広告などに多い。

日本でも訳の分からない外国語を使用するケースが多いが、日本語にはカタカナという便利な文字がある。そのため、外国語を使用しているのだと判断できる。

一方、タイ語においては外国語を使用する場合でも、あの蛇のような文字を使って表記されるのである。タイ語学習者にとっては、非常に厳しいものだ。

ルー大柴がしゃべるような、タイ語と英語が混ざり合った文章は、読解が非常に困難だろう。まず、タイ語か英語かを判別しなければならないからだ。

それでも英語ならまだいい。馴染みがあるからだ。タイの広告などではフランス語を使うこともある。こうなるとお手上げである。

 

タイ語学習者は現実を直視することが必要

母国語に固有の言葉があるのにもかかわらず、英語やその他の言語である外来語を使用するというのはタイだけの現象ではない。日本でも相当な数があるはずだ。 

外来語が使用されるのは「固有のタイ語が長いから」ということもあるだろうが、その理由は様々だと想像する。単純に「かっこいいから」という理由で外来語を借用しているケースも多いのではないだろうか。 

タイ語学習者にとってはややこしいことこの上ないが、これが現実なのである。「まったくタイ語ってやつは!」と憤りを感じるのも理解できるが、ここは素直に現実を直視し、タイ語固有の言葉とタイ語風発音の外国語の借用語、この2つを地道に覚えていくしかないのである。