a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

長距離バスで行く、小鳥のさえずりが聞こえる遺跡の町デルフィ

デルフィ(Delphi)は遺跡がある小さな町である。デルフィに行くには、アテネのリオシオン・ターミナル(リオシオン・バスターミナル)から長距離バスを利用する。もしくは、アテネからデルフィを巡るツアーがあるので、それに参加するのが一般的だ。

長距離バスで行く場合、片道約3時間である。上手く旅程を組めばアテネから日帰りも可能である。 

ここでは、アテネから長距離バスを利用してデルフィに行く場合の注意点、そしてデルフィの街の魅力やおすすめのホテルを紹介してみたい。

 

アテネから長距離バスで行くデルフィ

アテネのリオシオン・ターミナルからバスに乗車

アテネのリオシオン・ターミナル(Liossion Terminal)は、通称「バスターミナルB(Bus Terminal B)」とよばれ、アテネ中心部からは多少面倒な場所にある。

アテネ中心部からリオシオン・ターミナルへの行き方は、下記の記事に詳細を書いているので参考にしてほしい。 

 

www.apriori-eye.com

 

リオシオン・ターミナルのバス乗り場へ行くと、行き先別に乗り場が分かれている。デルフィ行きのバス乗場は1番奥の7番、「DELPHI」という案内がある乗り場である。

 

アテネのリオシオン・ターミナルのデルフィ行きバス乗場

デルフィ行きバス乗場

 

バスは全席指定席となっているので、発車の10分ほど前に7番乗り場に行けばいいだろう。早く行っても、ぼけーっと待つだけだ。

発車間近になるとバスの運転手がトランクを開けるので、大きな荷物がある場合はそこへ積み込むことになる。荷物を積み込む際は「デルフィ」と言って、デルフィまで行くことをアピールすると運転手は荷物をどこに置けばいいかを指示してくれる。

 

アテネからデルフィ方面へ行く長距離バス

アテネ発デルフィ行きのバス

 

途中で約10分間の休憩あり

アテネを出発したバスで1時間50分ほど走ったところで約10分間の休憩がある。そこには「Friendly cafe bar(フレンドリー・カフェバー)」という大きい店がある。店内にはドリンク類や菓子類を販売する売店があるが、軽食を取ることも可能である。 

店内は広々としているが、乗客はバスの発車を気にしてか、屋外の席に座る人が多かった。もちろん、ここはギリシャである。屋外で何かを食べれば、時には猫もやって来て、食べ物をねだってくる。

 

アテネから長距離バスでデルフィに行く時、途中10分ほどの休憩をするFriendly cafe bar

Friendly cafe barで10分間の休憩

 

デルフィ到着

Friendly cafe barを出発するとデルフィまではもうすぐである。

途中雰囲気のいい、大きな町を通るが、「デルフィかな?」と勘違いしてしまうかもしれない。しかし、デルフィに着くとバスの車掌さんが「デルフィ、デルフィ」と大声で言ってくれるので、そこがデルフィである。

デルフィの到着場所は、下記の写真のようなツアーバスの駐車場を示す標識がある。アテネからの長距離バスは、この辺りに止まる。 

 

アテネ発長距離バスのデルフィのバス停

デルフィのバス停

 

デルフィ観光後、アテネに戻るならば、リオシオン・ターミナルで往復のチケットを買っておくことをおすすめする。もし買い忘れた場合やアテネ以外の場所へ行く場合は降車場近くの「BUS STATION」という看板が出ているお店でバスのチケットを買うことができる。

 

長距離バスのチケットが購入できるデルフィのバスステーション

デルフィのバスステーション

 

アテネ、デルフィ間は結構混雑するので、チケットは早めに買っておいた方がいいだろう。

 

デルフィの魅力

遺跡を見るために日帰りで訪れる人が多いデルフィは、思ったよりもこじんまりとした町だ。街の端から端まで徒歩で10分もかからない。

また、風景が素晴らしく、見渡せば山に囲まれている。そして、意外なことにエーゲ海が見える町でもある。 

遺跡はもちろんのこと、山と海の風景を1度に楽しめる町デルフィだが、他にも魅力があるで、いくつか挙げてみたい。

 

エーゲ海の島と比べて物価が安い

観光地であるにもかかわらず、デルフィの物価は安い。エーゲ海の島からデルフィに来たら、その物価の安さに驚くだろう。島での食事代と比較すると3割前後安い感じだ。

小さい町なのでレストランの数はそれほど多くはないものの、デルフィの素晴らしい風景を眺めながら食事ができるレストランもある。

 

ギリシャの島の物価と比較し食事代が安いデルフィ

食事代が安いデルフィ

 

 

考古学博物館の展示物が充実

デルフィ遺跡に隣接して、デルフィ考古学博物館がある。この博物館は意外と大きい。

 

デルフィ考古学博物館の入口

デルフィ考古学博物館

 

ギリシャではあちこちに考古学博物館があるが、重要な出土品はアテネで展示されることが多い。しかし、町の規模を考慮するとデルフィの考古学博物館は展示物がとても充実しているといえる。

 

デルフィ考古学博物館の充実した展示物

デルフィ考古学博物館の展示物

 

全身の彫刻の展示が多いのも嬉しい。館内では写真撮影ができるので、これらの彫像は撮影しがいがある。

この考古学博物館を見学するために、少なくても1時間程度は見ておいた方がいいだろう。

また、デルフィに宿泊し、朝から観光できるなら、遺跡よりも考古学博物館の見学を先にした方がいい。日中は観光客が多くなり、博物館が混雑するためだ。

 

土産物屋巡りが楽しい

デルフィは観光地なので、土産物屋が多い。遺跡の街らしく出土品のレプリカなどもある。土産物は種類が豊富で、これらを見ながらの街歩きは楽しいものだ。

 

デルフィの小さい街のあちこちにある土産物屋

デルフィの土産物屋

 

猫が多い

デルフィには猫が多い。猫はデルフィの街中にも遺跡周辺にもいるが、街中に生息している猫は、かなり警戒心が強い。えさをやろうと近づいても、すぐに逃げてしまう。

 

デルフィの町なかに生息する猫たち

デルフィの町なかの猫

 

 

街中にいる猫と比べ、遺跡とその周辺にいる猫は警戒心はほとんどない。特に遺跡に隣接する考古学博物館の近くにいる猫は、えさをくれそうな人を探して慌ただしく動き回っている。

嬉しいのは、キャットフードを与えるとガツガツ食べてくれる猫が多いことだ。与えがいがあるというものである。

ただ、時々野良犬がやって来て、猫を蹴散らし、キャットフードを食べてしまうこともある。猫にとっては受難の時である。

 

デルフィの遺跡周辺にいる猫たち

遺跡周辺にいる猫

 

下の動画は、デルフィ考古学博物館の前で撮ったものである。

 

 

デルフィでおすすめのホテル。テラスから海が見えるニディモスホテル

もしデルフィに宿泊してみようと思うなら、あまり迷うことはないはずだ。ホテルの数はそれほど多くはないからだ。

デルフィにあるホテルなら、どのホテルでも不便はないだろうが、おすすめしたいのがニディモスホテル(Nidimos Hotel)である。

 

デルフィにあるニディモスホテルの正面入口

ニディモスホテル入口

 

遺跡の町でくつろげるニディモスホテル

デルフィには小さいホテルが多いが、ニディモスホテルは比較的大きなホテルである。有名観光地であるにもかかわらず、宿泊料金の割には客室は広く、空間的に余裕を感じる造りになっていて、ゆったりと落ち着くことができる。 

ニディモスホテルのバスルームは、ギリシャの標準的な広さよりは若干広い。シャワーだけではなくバスタブもあるので、お湯につかりたい時にはありがたい。

1つだけ不満をあげれば、洗面台や便器などの陶器類は青ではなく白にしてほしかった。やはり白色の方が清潔感がある。単なる個人的な意見ではあるが。

 

デルフィにあるニディモスホテルの客室

ニディモスホテルの客室

  

このホテルを予約する際、「Sea View(海の眺望あり)」の部屋を指定できる。部屋のテラスから海を眺めることができる部屋である。

宿泊料は少々高くなるものの、ニディモスホテルに宿泊するならSea Viewがおすすめである。テラスからの眺めが最高だからである。

 

デルフィにあるニディモスホテルのテラスからの眺め

テラスからの眺め

 

また、デルフィにはスズメやツバメなどの小鳥が多く、朝起きてからテラスに出てみると、小鳥のさえずりが聞こえる。これがまた牧歌的でいいのだ。

ちなみにテラスの手すりに小さくちぎったパンを置いておくと、いつの間にか小鳥が食べてしまう。

下の動画は、早朝の小鳥のさえずりとテラスからの風景である。

 

 

朝食はまずまず

朝食は1階(グランドフロア)のレセプションの前にテーブルがあるので、そこで取ることになる。ニディモスホテルは、時々高校生などの遠足などに利用されているようで、そのような団体客がいるとせわしないが、団体客がいなければゆったりと食事を取ることができる。 

宿泊料やホテルの規模を考慮すると朝食はまずまずといったところ。ハムが数種類あるし、ゆで卵もある。サラダの種類がもう少しあれば…とは思ったが、一応グリークサラダ(ギリシャサラダ)を作れるくらいの種類はある。

 

デルフィにあるニディモスホテルの朝食会場

ニディモスホテルの朝食会場

 

デルフィにあるもう1つのバス停

前述の「BUS STATION」という看板がある辺りがデルフィの降車場所であるが、デルフィにはもう1つバスの乗降場所となるバス停がある。

「BUS STATION」の看板がある場所はデルフィの町の入口で、アテネ寄りにある。もう1つのバス停は、アテネから見ればデルフィの町が終わる場所にある。ちょうどデルフィの両端にバス停があるといった感じだ。 

ニディモスホテルに宿泊したのなら、アテネ行きのバスはこのバス停から乗るのが近くて便利である。

しかし、もう1つのバス停の方は分かりにくい。バス停であることを示すようなものが何もないからだ。このもう1つのバス停はニディモスホテル(Nidimos Hotel)の近くにある。

ニディモスホテルから斜め右の方を見るとキオスク(小さな売店)がある。その辺りがアテネ行きのバスの乗車場所だ。このキオスクは営業をしてないようで、シャッターは閉まったままかもしれない。不安になるかもしれないが、そこで待っていれば、いずれバスが来る。

 

デルフィには2つの長距離バス用のバス停があるが、あまり利用客がいないニディモスホテル近くのバス停

デルフィのもう1つのバス停

 

デルフィは外国人のみならず、ギリシャ人にも人気の観光スポットなので、ツアー用のバスは頻繁に通る。

ツアー用のバスは、たいてい派手な色をしてすぐに分かるのだが、なかには地味な色をしたバスもあり、「おっ、アテネ行きのバスか?」と運転手に人差し指を見せ、バスに乗ることをアピールすると、「違うよ」といった感じで首を振られる。 

アテネ行きのバスは定刻よりも遅れて来るかもしれないが、20~30分の遅れはギリシャのバスでは誤差の範囲と認識し、焦らず、のんびりと構えてバスを待とう。