a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

タイ語の時間の表現のあいまいさに苦労する

タイ語の時間の表現は、ちょっとややこしい。

日本では「午前8時」とか「午後8時」という表現すればいいが、この他にも「朝の8時」あるいは「夜の8時」という表現もある。

通常、タイ語における時間の表現は、日本語での表現の後者の方を用いる。タイ語を学ぶ上で、ここが少々混乱するところである。おそらく大半の人は「面倒くさいな」と思うのではないだろうか。

最もややこしく、かつ間違えやすいのが午後7時からの表現だろう。

 

タイ語での午後7時の表現

タイ語の時間の表現は「朝の」「午後の」「夕方の」という語が付くとしても数字には連続性があり、この点は日本語と異なることはない。しかし、午後7時台から11時台にかけては例外だ。数字の連続性が途切れてしまうのである。

どのような表現になるかというと 

  • 午後5時:๕ โมง เย็น(ハー・モーン・イェン)
  • 午後6時:๖ โมง เย็น(ホク・モーン・イェン)
  • 午後7時:๑ ทุ่ม(ヌン・トゥム)

となってしまうのである。

どのようなことかというと、「5 モーン・イェン」「6 モーン・イェン」となり、いきなり「1 トゥム」という表現になっているわけだ。これが結構混乱する要因である。慣れるまでは大変である。

「午後7時はヌン・トゥムだぞ」と覚えていても、午後8時以降となると、きちんと頭の中で数えないと口から出てこない。

午後7時以降に使用される「ทุ่ม(トゥム)」に混乱してしまう原因は「0(ゼロ)」の概念がないことにあると思う。つまり、通常では時間の表現において基準は「0」である。しかし、タイ語のこの表現の場合、言い方が変わる午後7時に0を使わず、いきなり「๑ ทุ่ม(ヌン・トゥム)」と「1」を使用してしまうため混乱を覚えてしまうのではないかと思うのだ。

「午後9時はタイ語で何という?」と突然聞かれると、慣れない内は頭の中で午後7時から数字を数える。そして、午後9時は基準となる午後7時から2時間後だから「ソーン・トゥム(夜の2時)」と答えてしまうのではないだろうか。

正解は「サーム・トゥム(夜の3時)」である。

午後7時から午後11時台に使用する「トゥム」という表現に慣れるまでには相当時間がかかるかもしれない。

 

揺れる午後3時と午後4時の表現

話は変わり、「午後3時」と「午後4時」を、タイ語ではそれぞれ「บ่าย ๓ โมง(バーイ・サーム・モーン)」、「๔ โมง เย็น(シー・モーン・イェン)」と表現する。

ここでは数字の方は「3」「4」と順番通りであり、その数字につける語句を変えるだけになる。つまり、「バーイ 3 モーン」、「4 モーン・イェン」という表現になる。
これらのタイ語の時間の表現は、どの会話の本にも出てくる事柄であり、特に何も問題はない。

ある日、知り合いのタイ人と会う約束をすることになり、約束の時間を午後3時にしようと提案した。

その時「午後3時」のことを「๓ โมง เย็น(サーム・モーン・イェン)」と言ってしまった。すぐに間違いに気付き、「バーイ・サーム・モーン」と言い直したのだが、相手のタイ人は「OK、๓ โมง เย็น(サーム・モーン・イェン)ね」と、間違っているはずのタイ語を繰り返したのである。

サーム・モーン・イェン…じゃなくバーイ・サーム・モーンね

OK、๓ โมง เย็น(サーム・モーン・イェン)ね

言い方を間違ったので「からかっているのかな」と思ったのだが、その後の話しぶりからすると決してからかっている感じでもなかった。電話を切る間際にも「それじゃ、サーム・モーン・イェンね」と間違ったタイ語を繰り返すのだった。

ちょっと腑に落ちなかったのだが、ある仮説を立ててみた。

その仮説というのは、「午後3時と午後4時の言い方って、実は曖昧なのではないか?」というものだ。

そして、別のタイ人に聞いてみることにした。

๓ โมง เย็น(サーム・モーン・イェン)って言い方は可能?

そういう風に言う人もいます。私は言いませんけど。うちのおばあちゃんとか、よく言いますね

疑問を投げかけられたそのタイ人は、このように答えたのである。どうやら仮説は正しいようだった。そして、さらに聞いてみた。 

誰かがサーム・モーン・イェンって言ったら『その言い方は間違ってる』とか言うの?

別に。意味が分かるから気にしないです。บ่าย ๔ โมง(バーイ・シー・モーン)って言う人もいますよ

タイ語の「เย็น(イェン)」には、「夕方」という意味の他に「涼しい」という意味もある。タイ人も涼しい日の午後3時には「イェン」を使いたくなってしまうのではないだろうか。

もちろんタイ語学習者として覚えるべき表現は「บ่าย ๓ โมง(バーイ・サーム・モーン)」と「๔ โมง เย็น(シー・モーン・イェン)」である。

しかし、少しくらい言い方を間違ったくらいで、くよくよする必要もない。タイ人は、たいして気にしないだろうから。