a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

タイ教科書界の国民的アイドル「マーニー」で、タイ語の発音を徹底練習

「どのようにタイ語を勉強してるの?」タイ人からこのような質問を受けた時、「マーニーで勉強してるんだよ」と答えると、そのタイ人は「ああ!」とすぐに理解してくれるはず。

タイ人なら、まずほとんどの人が「マーニー」を知っている。マーニーとは、タイ人の小学生用の国語の教科書に登場する主人公の女の子の名前である。

タイ文字では「มานี」と表記する。ただし、現在では教科書のキャラクターが変わり、マーニーではないようだ。ここら辺は、ちょっと不明。

 

タイ語のフォニックスとは?

タイ文字を学習し、ある程度文字の形と読み方が分かったら、タイ人の小学生が使用する国語の教科書でタイ語のフォニックス(phonics)を徹底的に練習しよう。

 

フォニックスとはwikipediaによると次のようなことである。

 

英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。

 

簡単にいえば、文字の組み合わせによる発音の規則性を学ぶことである。まさにタイ文字を学習する際に重要なことの一つである。

 

フォニックスを学ぶのに優れたタイの小学生用の国語の教科書

このタイ語のフォニックスを学ぶのに、小学生用のタイ語の教科書がものすごく役に立つ。というのもタイの子供も、この教科書でフォニックスを徹底的に学ぶからである。

ただし、タイでタイの小学生用の教科書を買い、教科書に沿って独学すればいいという話でもない。タイ語学習者としてタイの国語の教科書の重要なところは、本文ではなく、むしろ本文の後にある読み方の練習の部分にある。

この練習の部分は、下記のようになっている。

例えば「กะ」なら「 - อะ - กะ(コー - ア - カ)」、「จะ」なら「 - อะ - จะ(チョー - ア - チャ)」と声に出して読み方を練習するのである。

この練習をやると、タイの小学生がどのようなプロセスでタイ語のフォニックス、あるいはタイ文字の発音を学んでいくのかが分かり、とても参考になる。

 

f:id:a-priori:20180806182151j:plain

タイ語の教科書の練習部分

 

YouTubeで発音練習

このタイ語のフォニックスに関しては、YouTubeで動画を見ることができる。

例えば、下のような動画だ。

 

 

また、下の動画は授業中に収録したのか、児童の声も聞こえてくる。 

 

 

上のような動画を見ると、タイ語のフォニックスのエッセンスが理解できるだろう。

 

スマートフォンのアプリで発音練習

また、YouTubeだけではなく、タイの教科書に準拠したアプリもある。

มานี」や「byteandbeta.com」でアプリの検索をすると、マーニーの教科書のアプリが表示される。 

何種類かのアプリがあるが、おおむね教科書の本文が掲載され、その読み方を聞けるようになっている。

 

f:id:a-priori:20180806183418p:plain

マーニーのアプリを検索

 

スマートフォンにインストールし、試しに使ってみるといいだろう。

 

f:id:a-priori:20180806183413p:plain

マーニーのアプリ

 

Skypeで講師と一緒に勉強するのが1番の近道

YouTubeやスマートフォンのアプリはタイ語のフォニックスを練習するのに助けにはなるが、発音の間違いに気付かないことがネックである。

やはり、発音に関してはネイティブのタイ人と一緒に学んだ方が無難だ。間違いがあれば、その場で指摘してくれるからである。

 

ネイティブとタイの小学生のようにタイ語を学ぶ

タイ人の講師から対面で指導を受けるのは難しいかもしれないが、今ではSkypeを使ってレッスンを受けることができる環境だ。

タイ文字を学習し、ある程度文字として理解したなら、Skypeでタイの国語の教科書を使ったレッスンを受講することをおすすめしたい。

全くタイ文字が分からない場合は厳しいが、「タイ文字を勉強してるけど、まだあやふやだから…」と多少自信がなくても構わない。タイ人の講師の発音を聞き、すぐまねれば効果は抜群である。

この練習の際、意外と難しい有気音や無気音の発音なども、講師が随時間違えを指摘してくれるので、発音を学ぶ際に大変助かる。

 

自分合ったレッスンをしてくれる講師を選ぶ

タイの国語の教科書を教材にしたレッスンにすると、ほとんどの講師が「懐かしい~」と言うだろう。そして、自分が小学生の時に習った方法でレッスンを進めてくれるはずだ。

ただし、講師によってレッスンの進め方が異なる。どんどん進んでしまう講師もいれば、発音に十分な時間を取ってくれる講師もいる。どのようなレッスンの進め方がいいのかは学習者のレベルや好みにもよるので、自分に合ったレッスンをしてくれる講師を見つける必要がある。

また、理解が足りないと感じたら、次のレッスンに進む必要もない。急ぐ必要はないのである。理解が不十分と思ったら、同じレッスンを何度も受ければいい。

現在、Skypeでタイ語のレッスンを提供しているところで、タイの小学生用の国語の教科書を教材として選択できるのはJapanese2Thai.comやTHAI-Go!などがある。

 

Japanese2Thai.comのウェブサイト

 

25分158円からのタイ語オンラインレッスン タイ語学校

 

THAI-Go!のウェブサイト

 

1回152円からタイ語レッスンが受けられるスカイプを使ったオンラインタイ語教室

 

Skypeでタイ語のレッスンを提供しているサイトは他にもあるが、重要なのは講師の質なので、少なくとも自分に合った講師が数名いるところがおすすめだ。

また、最初の内は多少日本語を話せる講師を選んだ方がいいだろう。