apriori-eye

アプリオリアイ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

1日中楽しめる、石巻の石ノ森萬画館

石巻といえば猫島の田代島が有名だが、もう1つ忘れてはならないのが石ノ森萬画館だろう。石ノ森萬画館は東日本大震災で甚大な被害を受けたが、現在は元の姿に戻っている。

石ノ森章太郎の漫画に登場するキャラクターにあふれた石ノ森萬画館は、石ノ森章太郎ファンなら必ず訪れるべき聖地ともいえるだろう。

 

 

石ノ森萬画館が石巻市にある理由

石ノ森萬画館は石巻市にあるが、石ノ森章太郎の出身地は、石巻の北にある登米(とめ)市である。なぜ石ノ森萬画館が登米市ではなく石巻市にできたのかは、下記の記事に書いてある。 

 

j-town.net

 

記事にはこうある。

石巻の中瀬地区にはかつて岡田劇場という映画館があり、石ノ森少年は自転車で3時間かけて頻繁に通っていたのです。漫画家につながる知識や感性を培ってくれた場所が、石巻だったんですね。

時は流れ、シャッター街となってしまった石巻。市民有志が「マンガで町おこし」を思いつきます。数々の漫画家へオファーを出した中、その熱い思いに応えたのが、石ノ森先生でした。

石ノ森章太郎は少年の頃、石巻にある映画館に通い、そこで漫画家になる礎ができたということだ。

 

宇宙ステーションのような石ノ森萬画館

石ノ森萬画館は、別名「マンガッタン・ミュージアム(Mangattan Museum)」ともいうが、その建物は独特である。卵のような円形で、宇宙ステーションかのように未来を感じさせる外観である。

 

石巻にある、宇宙船のような形をした石ノ森萬画館

石ノ森萬画館

 

萬画館の正面まで来ると、石ノ森章太郎の漫画に登場するキャラクターが出迎えてくれる。また、萬画館正面から入り口までの間には、数多くの漫画家の手形が展示されている。

 

石巻にある石ノ森萬画館を正面から撮影した写真。石ノ森章太郎の漫画に登場するキャラクターが見える

石ノ森萬画館の正面

  

石ノ森萬画館へ入館

いよいよ石ノ森萬画館へ入るわけだが、大きな荷物がある場合は、屋外になるが、入り口横にコインロッカーがある。そこに荷物を入れておこう。コインロッカーの扉に描かれたイラストも見応えがある。

 

石ノ森萬画館の漫画のキャラクターが描かれたロッカー

石ノ森萬画館のロッカー

 

萬画館に入ったら受付横の自動券売機で観覧券を購入する。

 

石巻にある石ノ森萬画館の観覧券の自動販売機

観覧券の自動販売機

 

充実した石ノ森萬画館

石ノ森萬画館は3階建てで、見学するのに観覧券が必要となるのは2階の展示室である。

 

仮面ライダーと記念撮影

1階から2階へ行く途中の中2階に仮面ライダーのブロンズ像がある。ブロンズ像は精巧でよくできている。ここでは、仮面ライダーの隣に座り、一緒に写真を撮ることができる。

 

石ノ森萬画館にある記念撮影用の仮面ライダーのブロンズ像

ベンチに座った仮面ライダー

 

石ノ森萬画館の展示品 

2階には企画展示と常設展示がある。常設展示は、「サイボーグ009の世界」や「仮面ライダーの世界」など、各漫画のキャラクターの名前を付した展示室に分かれている。

 

漫画の回廊

2階の受付で観覧券を提示したら、漫画のキャラクターが船の丸窓のように展示されている回廊を通り、各展示室へ向かう。

 

石ノ森萬画館に展示されている石ノ森漫画のキャラクター

石ノ森漫画のキャラクター

 

ここには「ロボット刑事」のように、普段は石ノ森章太郎のメジャーな漫画キャラクターの陰に隠れがちなヒーローも展示されている。

 

石ノ森萬画館に展示されているロボット刑事の絵

ロボット刑事

 

サイボーグ009の世界

サイボーグ009の世界では、等身大に近いフィギュアが展示されている。サイボーグたちが着ているのは、おなじみの赤いスーツではなく黄緑のスーツだ。

 

石ノ森萬画館に展示されているサイボーグ003の像

サイボーグ003

 

仮面ライダーの世界

仮面ライダーの世界に入ると、まず仮面ライダーのフィギュアが待ち受けている。

 

石ノ森萬画館に展示されている初代仮面ライダーの像

仮面ライダー

 

仮面ライダーの世界では、歴代仮面ライダーのマスクがずらりと並んでいて壮観である。初期の頃の仮面ライダーしか知らない者にとっては、知らないものばかりかもしれない。また、これだけライダーシリーズが続くと、年齢によって好きな仮面ライダーが分かれる興味深い点だろう。

 

石ノ森萬画館に展示されている歴代仮面ライダーの仮面

歴代仮面ライダー

 

時代劇の世界 

時代劇の世界では、江戸の町の雰囲気を漂わせた作りになっている。障子に映った人物の影や、破れた障子から中の様子が見えるという演出になっている。

 

石ノ森萬画館に展示されている時代劇の世界のふすまに映っている女性

時代劇の世界

 

さるとびエッチャンの世界 

石ノ森章太郎の作品の幅を広げているのが「さるとびエッちゃん」だろう。さるとびエッちゃんの世界では、椅子に座り、映像を楽しむことができる。

 

石ノ森萬画館内のさるとびエッチャンの世界

さるとびエッチャンの世界

 

HOTELの世界

HOTELの世界では、登場人物の赤川一平と倉田裕美がホテルのフロントに立っている。

 

石ノ森萬画館内のHOTELの世界

HOTELの世界

 

アトラクション

石ノ森萬画館には「サイクロン号に乗る!!」など、いくつかのアトラクションがある。

 

石ノ森萬画館のサイクロン号の乗るアトラクション

アトラクション

 

アトラクションを利用するためには、館内でプリペイドカードを購入する必要がある。

 

石ノ森萬画館のアトラクション用のプリペイドカードの自動販売機

アトラクション用のプリペイドカード

 

石ノ森萬画館で漫画を読みふける 

石ノ森萬画館の3階は、展示室というよりは体験コーナーのようになっており、アニメーション作りを学んだり、体験することができる。

唯一の展示品は漫画の色紙である。

 

石ノ森萬画館の3階に展示されている漫画家の色紙

石ノ森章太郎の仲間たち

 

また、3階の図書ライブラリーには、漫画の蔵書も多数あり、思う存分漫画を読むことができる。

 

石ノ森萬画館の3階にある図書ライブラリーの漫画

図書ライブラリー

 

カフェ「BLUE ZONE」

3階には「BLUE ZONE(ブルーゾーン)」というカフェがある。石ノ森萬画館見学後の休憩にちょうどいい。

 

石ノ森萬画館の3階にあるカフェ「BLUE ZONE」の看板

BLUE ZONE

 

ブルーゾーンは食券制で、店の入り口にある券売機で食券を買ってから中に入る。店内にはキャラクターのフィギュアなどが飾られている。

 

石ノ森萬画館の3階にあるカフェ「BLUE ZONE」食券の自動販売機

食券の自動販売機

 

グッズショップ「墨汁一滴」

石ノ森萬画館の1階には「墨汁一滴」という渋い名前のグッズショップがある。

 

石ノ森萬画館の1階にあるグッズショップ「墨汁一滴」を上から撮った写真

グッズショップ「墨汁一滴」

 

店内にはキャラクターグッズが豊富に取り揃えられており、見ているだけでも楽しい。しかし、石ノ森章太郎が生み出したキャラクターの数は多く、1つのキャラクターに関するグッズの種類が少なくなってしまうのが残念だ。

 

石ノ森萬画館の1階にあるグッズショップ「墨汁一滴」で販売されているタオル

販売されているグッズ

 

石ノ森萬画館の見学所要時間

石ノ森萬画館を見学するのにかかる時間は、ざっと一通り見るだけなら30〜40分、長くても1時間もあれば足りるだろう。しかし、展示品をじっくりと見学したい場合、あるいはライブラリーを利用したり、カフェで食事をすることを予定しているなら、もっと時間が必要だ。

見学の所要時間は、興味の度合いによって異なるので人それぞれといえる。人によっては1日中楽しめるのではないだろうか。

 

石ノ森萬画館のウェブサイト

石ノ森萬画館

 

石ノ森萬画館の地図

 

こちらの記事もおすすめ

www.apriori-eye.com