a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

タイ語の「555」に草生えたw

ネットでは通常は使用しない言葉がよく使われる。ネット上のスラングのようなものだ。それは日本同様、タイでも同じである。

タイ人は「555」というのを掲示板やチャットなどでよく使うが、「555」という文字は何を意味するのだろうか?

 

最初はタイプミスだと思った「555」

タイ人とチャットをしてる時、急に「555」という返事がきた。ちょっと意味が分からなかったので、きっと相手のタイプミスだろうと思い、そのままチャットを続けた。

しかし、2回目に「555」と返された時は、「これはもうタイプミスではないだろう。何かを意味しているに違いない」と感じた。

そして、素直にチャット相手のタイ人に質問した。

「555って、どういう意味?」

すると、そのタイ人は「笑っていることを表現している」と説明してくれた。しかし、なぜ「555」が笑うことを意味するのだろうか?疑問に思ったので、更にタイ人に質問をした。

 

タイ語の「555」は「草」だった

そのタイ人が説明してところによるとこういうことである。

タイ語で数字の「5」は「ห้า」である。「ห้า」は「ハー」と発音する。そして「ห้า」を3つ並べると「ハーハーハー」だ。それで「555」なのである。確かに笑ってるようだ。

「555」とは、チャットや掲示板で「ハハハ」と笑いを表すタイ語独特の表現方法だった。ネットスラングというやつだ。英語の掲示板では「hahaha」という表現を見かけるが、それと同じ意味か。

日本人もチャットや掲示板で「ハハハ」を使う。いや、「ハハハ」よりは「w」や「笑」の方が多く使われるだろう。それどころか、日本では「w」を草に見立て、「草生えた」とか「草生える」、あるいは単純に「草」という表現さえある。

タイ人の使う「555」は、日本人が使う「w」や「笑」ということである。

「555」は応用でき、「5555」になったり「55555」になったりすることもある。「wwww」や「wwwww」と同じだ。当然、日本と同様「5」を多くすることによって、笑いの度合いも増していることを意味する。 

 

Instagramのハッシュタグがひどすぎ

タイ人はInstagram(インスタグラム)が大好きだ。そこで、#555で検索してみると、下のような結果が表示される。

 

タイ人がInstagramにつけるハッシュタグ

Instagramのハッシュタグ


#55555くらいまでは、まあ分からなくもないが、さすがに#55555555555555555はやり過ぎだろ、と突っ込みたくなる。それにしても5を17個連続させたハッシュタグにも少なくない数の投稿があるのだから大したものである。

ハッシュタグを見ただけで草生えそうだ。