a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

円周率πと数学グッズというジャンル

世の中には様々なものが売っているというお話。

 

暗黒通信団という同人サークル

円周率の数字が延々と書かれた本があるらしいことは知っていた。そういうわけでAmazonで検索したところ、実際にそのような本があることを確認できた。

そこそこ売れているようだが、どんな人が買うのかという興味はある。まあ、人それぞれ好みがあるので、その点については別に構わないのだが。

話はここで終わるはずだったが、出版元を見てみると「暗黒通信団」という名前。この何とも怪しげな名前に興味をそそられて調べてみることにした。

まずはWikipediaによると下記のようになっている。 

 

暗黒通信団(あんこくつうしんだん、The darkside communication group)は、日本の同人サークルである。「同人集合暗黒通信団」や「暗黒団」とも称される。1996年からコミックマーケットに参加しており、代表作として円周率の数表100万桁分を収録した書籍『円周率1000000桁表』や、円周率の数表のみを掲載した雑誌『月刊円周率』が知られている。ISBNが付与された同人誌を多数発行しているサークルであり、電話連絡先は存在せず、奥付連絡先は私書箱となっている。

 

暗黒通信団 - Wikipedia

 

暗黒通信団は同人誌を発行しているサークルということだ。それにしてもISBNが付与された同人誌を出版しているなんてすごいじゃないか。

暗黒通信団はウェブサイトもある。 

 

書籍刊行物 :暗黒通信団

 

サイトの「書籍刊行物」を見てみると、「円周率100万桁表」以外にもマニアックな本を多数出版している。しかし、まじめな内容のようだ。

 

意外とおしゃれな数学グッズ

「暗黒通信団」という同人サークルのことを知る機会があってよかった、では終わらないのである。

Amazonで何かを検索するとサジェスト機能でその他のおすすめ商品を紹介される。

「円周率100万桁表」を検索すると「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」として表示されたものの中に円周率がデザインされたマグカップがあった。 

 

愛龍社 お勉強マグ 円周率 AR-1187円周率

愛龍社 お勉強マグ 円周率 AR-1187円周率

 

 

もしかして数学グッズとかというものがあるの?と思い、いろいろと検索してみるとトイレタリー関連の商品などもあるではないか。 

 

 

そして、数学グッズを紹介している下のサイトを見つけた。

 

analytics-notty.tech

 

これらの数学グッズ、嫌いではない。特にマグカップなどはシンプルなデザインで、値段の張る凝ったデザインのマグカップよりもはるかに好感が持てる。 

 

こんなものもある数学グッズ

数学グッズはマグカップやトイレタリー商品だけにとどまらず、アパレルの分野にも進出していた。

まずはパーカーである。

これは微妙だ。頭が悪そうな人が着たら様にならないし、かといって東工大の学生が着たら「狙い過ぎてる」感がぬぐい切れない。

 

f:id:a-priori:20181202124018j:plain

 

 

驚いたのは女性用の下着である。

Amazonは、時々とんでもない値段を表示することがあるので、とりあえずスクリーンショットを撮っておいた。

 

f:id:a-priori:20181202122601j:plain

 

 

しかし、このしょぼそうな下着に6万円という強気の値段設定は本当なのだろうか?こんな値段でも「どうしても欲しい!」という人がいるのだろうか?

もし数学グッズマニアがいるとしたら、そのような人にはたまらない商品なのかもしれないが。