a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

Airbnbを利用するメリットとデメリット

Airbnbの「bnb」はベッド・アンド・ブレックファスト(B & B, B and B, Bed and Breakfast)のことである。

Airbnbと騒がれているものの、B and Bは以前からあった形態の宿であり、そのような宿の予約に特化しているにすぎない。このような宿はBooking.comなどのホテル予約サイトでも予約できる場合もある。

このような宿(以後「Airbnb」)は通常のホテルと比較すると割安な場合が多い。立地場所が悪い場合もあるが、よく探せば便利な場所にある宿もある。 

Airbnbに何度か宿泊してみたことがあるが、ホテルと比較して割安なのは、それなりに不便なこともあるからだということを強く感じた。 

これらの体験をもとにAirbnbを利用する際の注意点を紹介してみたい。

 

Airbnbのデメリット

割安な値段で宿泊できるAirbnbであるが、その分デメリットもある。まずはAirbnbに宿泊する際のデメリットを3つあげてみたい。

 

1. レセプションがない

家やアパートメントの一部を貸しているAirbnbにはレセプションがないことが多い。また、レセプションがあっても時間が限定されている場合もある。

レセプションがない、あるいはレセプションが時間限定の場合どんなデメリットがあるだろうか?

この場合のデメリットはチェックインがかなり面倒だということである。 

このようなケースに当てはまるAirbnbの場合、インターネットで予約した後に宿のオーナーからメールが来る。メールの内容は「何時頃に来るのか?」という問い合わせだ。まだ先のことだからと放っておくと「重要なことだから返事をしてくれ」などという催促のメールが来る。

もちろん、「何時から何時位の間」という時間的な幅はあるが、その時間はチェックインの手続きため宿のスタッフがレセプションで待っているということである。 

それでも時間限定とはいえ、レセプションのある宿はまだましだ。レセプションのない宿を予約した場合はもっと面倒になる。

レセプションのない宿の場合、オーナーと外で待ち合わせをすることになるケースもある。

メールで「このお店で、何時頃会いましょう」というような約束をするのである。そこでオーナーと会い、宿に案内されチェックインの手続きをする。 

例えば、下記のような看板も何もない一般の民家のような入口の宿だと、オーナーに案内されない限りたどり着くことはできないだろう。

 

イタリアのバーリ(Bari)にある、入口が分かりにくい宿

分かりにくい宿の入口

 

2. 場所が分かりにくい場合がある

レセプションのない宿の場合は待ち合わせの場所さえ分かればオーナーの後をついて行けばいい。しかし、自分で宿泊予定の宿へ直接行く場合、宿の場所が非常に分かりにくいこともある。

「この通りにあることは間違いないんだが…」と同じ道を行ったり来たりしたがなかなか見つけられないこともあるだろう。看板がない宿もあるからだ。

 

インターフォンしかない分かりにくいローマにある宿の入口

インターフォンしかない宿の入口

 

上記の宿は、インターフォンの所に小さく「DREAM STATION」という宿の名前があるだけであった。

これでは見つけるのは難しい。Airbnbを利用するなら看板があるなどと期待せず、小さな表札を見逃さないように注意しなければならない。

 

3. 問題が起きた場合でもクレームできない

Airbnbの中には宿泊する部屋とオーナーの住居が全く別というケースもある。

これはどういうことかというと、何か問題があってもクレームができないということだ。ホテルならレセプションに行けば済むことだが、宿のオーナーが近くにいない場合はそう簡単ではない。 

例えば、とある宿で水が出ないことがあった。チェックイン時に確認して分かっていたが、宿のオーナーから「水が出るのに2時間位かかる」と言われ、その言葉を信じて外に出かけた。しかし、外から帰ってシャワーを浴びようと蛇口をひねってもお湯が出なかった。

「何か問題があったら、ここに電話して」と言われ、電話番号を教えてもらっていたものの、こういう時は非常に面倒である。

 

このような場合はホテルの利用がおすすめ

いろいろとデメリットの多いAirbnbの宿だが、特に次のような3つのケースでは多少宿泊代が高くなってもホテルを利用することをおすすめしたい。

 

1. 現地到着初日に宿泊する場合

旅行先への到着初日は意外とリスクがあるものだ。

まず飛行機の遅延が考えられる。そして、たとえ飛行機は定刻に着いても荷物が遅延することもあり得る。

実際に荷物が遅延したことがあるが、その時の様子は次のようだった。

空港のサービスデスクの担当者によれば「荷物をホテルに届けることもできる」ということだったが、宿泊する所がチェックインの時間をあらかじめ約束するという宿だったので、オーナーが不在の時に荷物が届いても対応できないだろうという心配があった。

そのため、荷物が届くまで空港で3時間程待つことにした。ホテルに宿泊する予定だったら遅延した荷物をホテルに届けてもらうという選択をし、空港で待つこともなかっただろう。 

更に空港で待機するため、事前に約束していたチェックインの時間に間に合わなくなり、宿のオーナーにチェックインが遅れる旨をメールする必要があった。

空港で無料のwifiサービスを利用できたのですぐにメールをすることができたが、wifiがない場合は慌てることになる。

 

ヘルシンキにあるホテル並みの宿

ホテル並みの宿

 

2. 移動日の前泊として利用する場合

A→B→Cと3つの都市を移動する場合で、「BはCへ移動するために泊まるだけ」というケースがある。前泊のケースで、この時はBでの滞在時間は限られている。この場合もAirbnbの利用は避けた方が無難だろう。 

時間がないのに時間を指定されたり、オーナーと待ち合わせするなどの理由ため、チェックインに手間取る宿に宿泊するのは効率的ではない。

約束の時間まで重い荷物を持って時間をつぶしたりする必要があり、無駄な時間が増えることは間違いない。

 

3. チェックアウト後荷物を預けたい場合

搭乗予定の飛行機や列車の出発時刻が遅い時などは、チェックアウト後、宿泊先に荷物を預けて観光したいものである。

しかし、Airbnbの場合は難しいかもしれない。

このような宿の場合、チェックアウトの手続き自体がないケースもある。チェックアウトの日に宿を出る際、鍵を指定された場所に置いておくだけということもあるからだ。

当然、オーナーと顔を合わせることはない。これでは荷物の預けようがないのだ。 

このような場合は、最寄の駅などでに荷物を預かってくれる所を探さなくてはならない。結構無駄な出費である。

Airbnbに宿泊する際は、このような出費も頭に入れておかなければならない。飛行機でいえば値段は安いが、サービスが限られているLCC(Low-Cost Carrier)のようなものだ。

 

Airbnbのメリットを活かして利用しよう

いろいろとデメリットのあるAirbnbだが、当然メリットもある。

 

Airbnbは宿泊費が安い

まず宿泊費が安い。これは魅力的だろう。同等の立地条件ならホテルと比べ、かなり割安である。

よく探せばホテルよりも便利な場所にある宿もある(ただし、このような宿は結構高くなる)。

また、宿泊客が少ない場合は多人数用の広い部屋にしてくれることもある。このような所に何日も宿泊すればアパートを借りて住んでいるような感じもして、旅の良い思い出になる。

 

複数泊ならメリットがデメリットを上回る

Airbnbに宿泊を予定している場合、少なくとも2泊以上の複数泊で利用すればそれなりのメリットがあると思う。チェックイン時の面倒さも多少は薄れるだろう。

移動が頻繁で、毎日違うAirbnbを泊まり歩くようなことは絶対におすすめしない。

 

Airbnbのメリットとデメリットを理解するのがポイント

Airbnbを利用するなら、メリットとデメリットをよく理解することがポイントだろう。

ホテルに宿泊した方がいい場合はホテルを利用し、Airbnbに宿泊するならメリットを享受できるよう、うまく宿泊プランを立てることが重要だ。