a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

【ドッキリ動画10選】Best of Just For Laughs Gags

JALやANAの国際線で楽しめるのが"Just For Laughs Gags"という番組で、主にいたずらを仕掛け、それに対する反応で笑いをとるという「ドッキリ」番組である。

いたずらのことを英語で"prank(プランク)"といい、Just For Laughs Gagsに限らず、いたずら系の動画ではよく使われる単語である。Just For Laughs Gagsはカナダで制作されている番組であるが、会話らしき会話は全くないので、言葉が分からなくても理解できるのがポイントである。

 

Just For Laughs Gagsにやらせはあるのか?

Yahoo!知恵袋などで「Just For Laughs Gagsにやらせはあるのか?」というような質問があるが、全てではないが一部にやらせはあるんだろうね。

例えば、撮影にコストがかかる場合や再現性が難しい場合などで、失敗が許されない時は台本通りに進めるためにやらせも必要でしょうね。事実、Just For Laughs Gagsのプランクを見ていると、ドッキリに引っかかる人に同一人物らしき人が出演していることもある。

ただし、全てがやらせではなく、ドッキリの失敗を収録している場合もあるし、老人をいじめるという設定のプランクでは、途中で本物の警官が現れてしまったこともある。

まあ、ノンフィクションでもやらせが横行しているのだから、エンターテインメントならやらせもやむなしという感じだろうか。

 

Just For Laughs Gags おすすめ10選

Just For Laughs GagsはYouTubeにチャンネルを持っており、違法ではない公式のドッキリを見ることができる。

Just For Laughs Gagsが提供する面白いドッキリはたくさんあり、とても10個では収まらないのだが、選びに選んだ選りすぐりのドッキリを紹介してみたい。

 

「見えない○○」シリーズ

Just For Laughs Gagsには"Invisible ~"というタイトルのドッキリがある。"Invisible wall(見えない壁)"や人がいないのに写真に写ってしまうというドッキリだ。 

 

 

 

動物シリーズ

動物を使ったドッキリも数多くある。たいていは犬か猫であるが、時にはアルパカなども出演する。

 

 

大人数で仕掛けるケース

下の動画は、上下ピンクの服装で金髪という印象的な姿が刷り込むという、ある意味人の心理を突いたドッキリだ。

 

 

怠け者の労働者

数は多くないが"Lazy Workers(怠け者労働者)"という、おそらく役所の職員という設定のドッキリである。

 

 

子役の演技力に脱帽

Just For Laughs Gagsで多いのが子役を使ったドッキリだ。子役の演技が素晴らしく、非常に面白い。

 

 

 

 

放置プレー

一般の人に何か物事をお願いして、そのままにしてしまうというドッキリ。

 

 

落ちが秀逸なもの

Just For Laughs Gagsのドッキリで、落ちが秀逸なのが下の動画。

 

 

番外編 ドッキリがばれてしまうケース

喉が渇いた子供が大人の前でお酒を飲んでしまうが、引っかからない人もいたのがこれ。最後に失敗してしまったドッキリを収録している。

 

 

これらの他にもJust For Laughs Gagsは面白い動画を提供している。興味があればYouTubeで楽しんでみて。