a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

ロシアの卒業式がすごく楽しそう!

ロシアと旧ソ連に属していた一部の国では、高校の卒業式を派手に祝う習慣がある。

その卒業式の写真や動画がネットに流れ、派手な衣装を着た高校生が楽しそうなのだ。

このロシアの卒業式の習慣について紹介してみたい。

 

Last Bell(ラストベル)

ロシアの生徒が学校を卒業するのは5月だ。その「卒業式(graduation day)」でロシアの高校生が羽目を外している様子はネットで見ることができる。

しかし、「卒業式」といわれるものの、実際には卒業式ではない。正式には「The Last Bell(ラストベル)」というものだ。

ラストベルとは高校生活最後の授業の終了時に鳴らされるベルのこと。

実は、最後の授業が終わったことを告げるベルが鳴ったからといって、正式に卒業が決まるわけではない。最後の授業が終われば最後の試験が待ち受けており、それにパスしたら晴れて卒業となるわけだ。

しかし、ロシアと一部の国ではラストベルは重要な日とされている。なぜなら高校を卒業するということは義務教育を終えることで、これをもって社会人となるからである。

自治体によっては花火を打ち上げてラストベルを祝う所もあるそうだ。 

 

weirdrussia.com

 

コスプレもあるラストベル

このラストベル、卒業予定の高校生が派手な衣装を着ていたり、コスプレをしていたり、はたまた羽目を外しているところを撮られた写真や動画に目を引かれがちだ。

しかし、いろいろと調べてみると、どのようなラストベルになるかは学校によるところが大きい気がする。ほとんどの学校では学校の制服化ドレスを着て、厳粛に行われているようだ。

また、先生や仲間たちとの別れにしんみりとした雰囲気になっている写真もある。

 

Last Bell: Russian High School Graduates in 2018 [Photos]

 

ラストベルの動画

当然ながら動画はできるだけ面白くなるように編集されるものだ。しかし、実際に楽しく羽目を外す高校生がいることも事実である。

紙芝居形式の動画であるが、楽しそうな雰囲気が伝わる動画である。

 

Good bye, school! School Graduation Day in Russia

 

 

2016 Выпускной в школе это надо видеть! Graduation at the school

 

 

この他にもYouTubeにはラストベルに関する動画があるが、もちろん伝統的なラストベルを撮影したものもある。

ラストベルは卒業予定の高校生が羽目を外す日というよりは、伝統的な習慣であるが羽目を外す高校生もいる、といったところだろう。