apriori-eye

アプリオリアイ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

【ラグビー】ナイジェル・オーウェンスという審判

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕戦となる日本対ロシアの試合を、ナイジェル・オーウェンスというレフリー(審判)が裁くことになった。わざわざレフリーの名前を発表するのだから、有名なレフリーだと思うだろう。

そうなのである。ナイジェル・オーウェンスは、ラグビー界の名物レフリーなのだ。

 

 

2015年イングランド大会の決勝を裁いたレフリー

ナイジェル・オーウェンス(Nigel Owens)はウェールズ人で、ラグビーワールドカップ2015イングランド大会の決勝、ニュージーランド対オーストラリア戦で笛を吹いたレフリーだ。あの、日本が強豪南アフリカに勝った時の大会である。

オーウェンスは経験の豊富なレフリーで、選手のみならず、ラグビーファンからも尊敬されている。と同時に、人気のあるレフリーでもある。

 

ナイジェル・オーウェンスが選手に放った言葉

スコットランドの選手のダイブを注意

ナイジェル・オーウェンスを日本で有名にしたのは、彼が選手に対して発した言葉だろう。それは、前述のイングランド大会のスコットランド対南アフリカの試合で起きた。

スコットランドのスチュアート・ホッグ(Stuart Hogg)選手が、ファールをもらおうとしてダイブ(わざと倒れること)をした。レフリーのオーウェンスはホッグ選手を呼び、下記のように注意した。

“There was nothing wrong with [the tackle]. If you want to dive like that again, come back here in two weeks and play, not today. Watch it.”

 

www.telegraph.co.uk

 

簡単に訳すと「またダイブがしたいなら、今日ではなく、2週間後にここでやれ」ということだ。

 

ダイブがしたけりゃ、サッカーをやれ

オーウェンスの発言を理解するには、事前にいくつかのことを知っておかなければならない。

まず、スコットランド対南アフリカの試合が行われた場所が「セント・ジェームズ・パーク(St James' Park)」というスタジアムであること。このスタジアムは、サッカーのイングランド・プレミアリーグに属するニューカッスル・ユナイテッドFCのホームスタジアムである。

そして、2週間後、このスタジアムでニューカッスルが試合をするということだ。スコットランド対南アフリカ戦は2015年10月3日に行われ、ニューカッスルの試合は10月18日だったので、正確には2週間後ではなく、15日後ではあるが。

だからオーウェンスは、「せこいダイブは、今日行われているラグビーの試合ではなく、2週間後に行われるサッカーの試合でやれ」と言ったのである。

 

サッカーサイトでも話題に

ダイブといえばサッカーである。このナイジェル・オーウェンスの注意は、「耳が痛い話」として、日本のサッカー専門サイトでも次のように取り上げられた。

つまり、「ダイブがしたいなら2週間後にここでサッカーの試合が行われるからそこでやりな」という趣旨の発言をしたのだ。これはサッカーに関わる人間にとってはなんとも耳の痛い話かもしれない…。
 そして、審判のセンスもなかなかのものである。なお、試合は34-16で南アフリカが勝利している。

 

www.soccer-king.jp

 

もちろん、サッカーにおいても、誰もがダイブをやるわけではない。しかし、ネイマールなどの世界のトップクラスの選手が重要な試合でダイブをし、そのダイブにより得たPK(ペナルティーキック)で試合の行方が左右されることがあるのも事実なのである。

 

ナイジェル・オーウェンスとホッグ選手の動画

実際に、ナイジェル・オーウェンスがホッグ選手に注意を与えているのが、下記の動画である。

 

ホッグ選手に注意するナイジェル・オーウェンス

 

また、ホッグ選手のダイブの場面が次の動画である。

 

ホッグ選手のダイブ

 

そして、一連の流れが分かるのが下の動画だ。

 

ホッグ選手のダイブ(ロングバージョン)

 

同性愛に悩んだナイジェル・オーウェンス

ナイジェル・オーウェンスは同性愛者である。そして、自分が同性愛者であることに苦悩し、自殺未遂を起こしたこともあるのだ。この件に関しては、下記の記事に詳細が書かれている。

 

www.afpbb.com

 

2007年、彼は同性愛者であることを公表し、苦しみを乗り越えて、ラグビー界で誰もが認めるレフリーの第一人者となったのである。

ラグビーワールドカップでは、各選手の一流のプレーを間近で見れることの喜びがあることは間違いないが、ナイジェル・オーウェンスのレフリングを見ることもワールドカップの楽しみである。

 

こちらの記事もおすすめ

www.apriori-eye.com

 

www.apriori-eye.com