apriori-eye

アプリオリアイ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

【富山県氷見市】忍者ハットリくんと藤子不二雄Aの世界

富山県の氷見市は、漫画家・藤子不二雄Aの生まれ故郷で、「藤子不二雄Ⓐまんがワールド」がある所だ。藤子不二雄Ⓐまんがワールドは、藤子不二雄Aゆかりのキャラクターのモニュメントなどがあり、藤子不二雄Aファンなら楽しく過ごせるに違いない。

そんな藤子不二雄Aの漫画のキャラクターでいっぱいの氷見市を紹介してみたい。

 

 

氷見線に乗り藤子不二雄Ⓐまんがワールドを目指す

藤子不二雄Ⓐまんがワールド(以下、(藤子不二雄Aまんがワールド)の最寄り駅は氷見線の氷見駅である。氷見駅はJR氷見線の終点の駅だ。

氷見線の列車に乗ると、途中の越中国分駅から雨晴駅の間は海岸沿いを走行するので海がよく見える。また、天気が良ければ立山連峰も見えるので、氷見行きの列車に乗車したら、進行方向に向かって右側の座席がおすすめだ。

 

高岡から氷見に向かう列車の窓から見える海

海沿いを走る列車

 

氷見駅に着いたら、駅構内に観光案内所があるが、案内所の入り口横にあるラックに「氷見の街 散策マップ」があるのでもらっておこう。藤子不二雄Aまんがワールドがメインなら、この地図だけで充分である。

下の写真の左上にある水色の紙が氷見の街散策マップだ。

 

氷見駅の構内ある観光関連のパンフレット

氷見駅にあるパンフレット

 

氷見駅の前ではタクシーが客待ちをしているかもしれない。タクシーの車体を見ると、藤子不二雄Aゆかりのキャラクターが描かれている車もある。

藤子不二雄Aまんがワールドが目的の場合、往復で5〜6Kmなので徒歩で充分だが、最初にタクシーでひみ番屋街まで行ってしまうのもいいだろう。また、後述する市街地周遊バスを利用してもいい。

 

氷見駅前に止まっている忍者ハットリくんの絵が描かれたタクシー

忍者ハットリくんのタクシー

 

藤子不二雄Aまんがワールド

藤子不二雄Aまんがワールドは、まんがロードや氷見市潮風ギャラリーなど、藤子不二雄Aの漫画のキャラクターがいるエリア一帯の総称である。

 

湊川カラクリ時計

氷見駅から最も近くにあるのが「忍者ハットリくんカラクリ時計」と呼ばれている湊川カラクリ時計だ。このカラクリ時計はまんがロードの入り口にある。

 

氷見市の虹の橋にある忍者ハットリくんが現れる湊川カラクリ時計

湊川カラクリ時計

 

湊川カラクリ時計は午前9時から午後7時までの毎正時に、忍者ハットリくんに登場するキャラクターの人形が現れる。藤子不二雄Aまんがワールドの見所の1つなので、キャラクターが現れる時刻に合わせ、訪れることをおすすめしたい。

 

湊川カラクリ時計の説明。カラクリ時計が動く時間などが書かれている

湊川カラクリ時計の説明

 

まんがロード

忍者ハットリくんの人形

まんがロードの歩道には、所々に忍者ハットリくんのキャラクターの人形が飾られている。

 

まんがロードにあるハットリシンゾウが泣いている人形

ハットリシンゾウ

 

ハットリくんがシンちゃんをおんぶしているというポストは、まんがロードに数ヶ所ある。

 

まんがロードにあるポストの上の忍者ハットリくんとシンちゃん

忍者ハットリくんとシンちゃん

 

氷見漁港の近くには、錨に乗った獅子丸もいる。

 

忍者ハットリくんに登場する錨に乗った獅子丸のモニュメント

忍者ハットリくんの獅子丸

 

商店街のシャッター

まんがロード沿いの商店街のシャッターには、忍者ハットリくんの絵が描かれているものが多い。色々なデザインがあるので、なかなか楽しめる。

 

まんがロードにある商店のシャッター。忍者ハットリくんの絵が描かれている

商店のシャッター

 

市街地を周遊する「怪物くんバス」

氷見市には、便は少ないが市街地を周遊するバスがある。氷見駅からひみ番屋街へ行く際にも利用できるバスだ。

 

まんがロードにある喪黒福造の絵が描かれたバス案内

喪黒福造のバス案内

 

 このバスは「怪物くんバス」といい、文字通り怪物くんに登場するキャラクターでラッピングされている。バスの時間に合うなら、1度は乗ってみたいバスだ。

 

まんがロードを走る怪物くんのラッピングバス

怪物くんのラッピングバス

 

参照ウェブサイト

www.kitokitohimi.comhttps://www.kitokitohimi.com/site/stay/454.html

 

サカナ紳士録

まんがロードには忍者ハットリくん以外にも、「サカナ紳士録」という海の生き物をキャラクター風にしたモニュメントが飾られている。

 

まんがロードにあるさかな紳士録の説明書き

さかな紳士録

 

各モニュメントは、それぞれ愛称を持ち、モニュメントの近くに寄ると音声が流れる仕組みになっている。あんこうをモチーフにしたものは、愛称が「アンボス」である。

 

まんがロードにあるサカナ紳士録のモニュメント。愛称「アンボス」というあんこうの人形

サカナ紳士録のモニュメント

 

光禅寺

まんがロードを歩いていると光禅寺というお寺の方向案内がある。

 

忍者ハットリくんの絵が描かれた光禅寺の方向案内

光禅寺の案内

 

光禅寺は藤子不二雄Aの生家で、漫画のキャラクターの石像がある。しかも、忍者ハットリくん、怪物くん、プロゴルファー猿、そして喪黒福造と、藤子不二雄Aのオールスターが揃っているという贅沢さである。

 

光禅寺にある藤子不二雄Aのキャラクターの石像

藤子不二雄Aのキャラクターの石像

 

氷見市潮風ギャラリー

藤子不二雄Aの漫画の原画など、貴重な資料が展示されている藤子不二雄Aアートコレクションがあるのが氷見市潮風ギャラリーだ。2階建てになっており、藤子不二雄Aに関する資料は1階にある。

1階の展示物は、入り口付近のものを除き、撮影禁止になっている。

 

藤子不二雄Aアートコレクションがある氷見市潮風ギャラリー

氷見市潮風ギャラリー

 

館内の2階にはまんが図書館があり、自由に漫画を読むことができる。「魔太郎がくる!!」など、珍しい漫画もあり、時間さえ許せば読みふけってしまいそうだ。

 

藤子不二雄Aアートコレクション内のまんが図書館

まんが図書館

 

プロゴルファー猿ポケットパーク

まんがロードを歩いて行くと、ちょっとした空き地がある。ここは「プロゴルファー猿ポケットパーク」と呼ばれている。

 

プロゴルファー猿ポケットパークの看板

プロゴルファー猿ポケットパーク

 

プロゴルファー猿ポケットパークには、ゴルフクラブを振るプロゴルファー猿のモニュメントがある。

 

プロゴルファー猿ポケットパークにあるプロゴルファー猿のモニュメント

プロゴルファー猿

 

また、鰤の乗った忍者ハットリくん一同のブロンズ像もある。

 

プロゴルファー猿ポケットパークにある忍者ハットリくんブロンズ像

忍者ハットリくん

 

忍者ハットリくん巨大壁画

プロゴルファー猿ポケットパークを右に曲がり、しばらく歩くと氷見漁港がある。ここにあるのが「忍者ハットリくん巨大壁画」である。漁港の建物の外壁に描かれた壁画だ。

まんがロードの見所は、これが最後となる。

 

氷見漁港の近くにある忍者ハットリくん巨大壁画

忍者ハットリくん巨大壁画

 

比美乃江大橋を渡りひみ番屋街へ

比美乃江大橋

忍者ハットリくん巨大壁画がある場所から比美乃江大橋が見えるが、この橋を渡るとひみ番屋街に着く。比美乃江大橋は主塔が斜めになっている変わった橋で、デザイン的にもなかなか美しい。

 

氷見市にある比美乃江大橋

比美乃江大橋

 

ひみ番屋街

ひみ番屋街は土産物屋や飲食店が集まった道の駅である。漁港が近いこともあり、海産物が豊富だ。

このひみ番屋街の一角に氷見市観光情報センターがある。

 

ひみ番屋街にある氷見市観光情報センターの看板

氷見市観光情報センター

 

氷見市観光情報センターでは、藤子不二雄A関連ののキャラクターグッズを売っており、品数も豊富である。氷見の街中には土産物屋は少ないので、土産物を買うのなら、ここがおすすめだ。

 

ひみ番屋街にある氷見市観光情報センターで売っている藤子不二雄Aのキャラクターグッズ

キャラクターグッズ

 

氷見線のラッピング列車

氷見線ではハットリくんでラッピングされた「忍者ハットリくん列車」が運行されている。しかし、ラッピング列車が運行される日時は不定で、予定に組み入れるのは難しい。「乗れたらラッキー」くらいの気持ちでいた方がいいだろう。

 

氷見駅に貼られているラッピング列車の案内

ラッピング列車

 

ラッピング列車の運行予定を確認したい場合は、twitterで氷見市観光協会の公式アカウントをフォローしておこう。翌日のラッピング列車の運行予定を発信している。しかし、あまり運行されていないというのが実情である。

 

 

藤子不二雄Aまんがワールドのウェブサイト

氷見市藤子不二雄(A)まんがワールド

 

こちらの記事もおすすめ

www.apriori-eye.com