a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

【爆笑!】ブラジル代表ネイマールのダイブ動画

サッカー、ブラジル代表のネイマール選手といえばダイブ、そしてコロコロと転がりながら痛がることで有名だ。

ブラジルの居酒屋では、こんなサービスもあるらしい。

 

www.jiji.com

 

上記の記事では次のよう書かれている。

ブラジル・リオデジャネイロの居酒屋が、サッカー同国代表のネイマールがワールドカップ(W杯)の試合でピッチに倒れるたびに、客に酒をおごるサービスを行うと発表した。

 このような記事がでるくらいだから、ブラジル人もネイマールは良く倒れる選手だということは認識しているのだろう。

 

自分でも認めた大げさな演技

ネイマールのように自分から倒れたり、大げさに痛がることを英語で「flop(フロップ)」という。フロップの中にダイブ(dive)とフェイクトインジャリー(faked injury)がある。

ダイブは倒れることで、フェイクトインジャリーは痛くもないのに大げさに痛がることである。

ネイマールは、初めて公の場で「大げさにすることもある。」と告白した。

 

www.sankei.com

 

記事にはこう書かれている。

 

サッカーのブラジル代表エースで、ワールドカップ(W杯)で接触プレーの倒れ方が芝居がかっていると批判されたネイマール(パリ・サンジェルマン)がこのほど、初めて公の場で「大げさにすることもある。僕の中にはまだ小さな子供がいるからだ」と弁明した。

 

もはやお笑いでしかないネイマール

FIFAワールドカップ・ロシア大会でも、ネイマールはやってくれた。そして、ネイマールのコロコロする姿の面白動画が"Neymar Rolling Memes ● Comedy Football"というタイトルでYouTubeにアップされた。

 

 

ネイマールがボーリングのボールになったり、ビリヤードのボールになったりと、大爆笑の動画である。 

 

ネイマールのダイブ集

こちらは少し前に作られた"Neymar needs to stop acting like this!"というタイトルの動画。

 

 

今のサッカー界で、1人でダイブのまとめ動画を作れる選手はそうそういない。サッカーで「ダイブ」と言われることは侮辱的なことだが、ネイマールはめげずに彼の様式美を続けるのだろう。

 

ネイマールのクズっぷり

なぜネイマールは世界中のお笑い者なのか?

その答えは、ネイマールはダイブだけではなく、そのクズっぷりがすごいからではないだろうか。ネイマールは決して2流の選手ではない。間違いなく1流のサッカー選手だ。しかし、ここまでクズなのも珍しい。

だからここまで笑い者になるのだろう。しかし、ネイマールのダイブで簡単に相手の選手にレッドカードを出してしまう審判も罪が深い。

 

 

 

しかし、VAR(Video Assistant Referee)の導入にもみられるようにサッカーのルールも厳格化され、いずれはネイマールのようなダイブは減って行くのだろうと思う。

 

ネイマールごっこをする人たち

そりゃこういうものもでてくるよな、というのがこちらの動画だ。

サッカー、ブラジル代表のネイマール選手の真似をするという動画だ。ちょっと触られたぐらいでのたうち回るネイマール。

もう完全におもちゃにされている。 

 

 

こういうアイデアなら、いくらでもでそうだ。

 

 

ネイマールは、世界的にこのようなイメージを持たれてしまっているんだなと実感する。自業自得ではあるが。