a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

サブカル的ヘルシンキでの時間つぶし4プラン

ヘルシンキの主な観光スポットはコンパクトにまとまっており、効率よく巡ればそれほど時間はかからない。スオメンリンナ島を含めても1.5日、夏の日照時間が長い日なら1日で済むかもしれない。

そのため、予定よりも早く観光を終えてしまい、時間が余ることもあるだろう。そんな時のために、ヘルシンキでの時間つぶしの方法を4つ紹介してみたい。 

 

ヘルシンキ中央駅近くのムーミンショップ

フィンランドといえばムーミン(Moomin)である。さすがムーミンの本場フィンランドで、ちょっとしたムーミングッズならスーパーマーケットや観光スポット近くの土産物屋でも手に入れることができる。

しかし、オフィシャルなムーミンショップといえばヘルシンキ・ヴァンター空港内にあるお店が有名だろう。帰国時にこのムーミンショップに立ち寄る人も多いことと思う。

ただし、ムーミンショップはヘルシンキ市内にも何店かあるので、市内のお店を利用することを考えてもいいのではないかと思う。

 

アクセス抜群!ヘルシンキ市内のムーミンショップフォーラム店

フィンランドの空の玄関口であるヴァンター空港は、正確にはヘルシンキ市ではなくヴァンター市にある。この空港のターミナル2(T2)にムーミンショップがある。

ヴァンター空港のムーミンショップは、セキュリティとイミグレーションの間にあり、少々不便である。イミグレーションを通り抜けた後にお店があれば、後は飛行機に乗るだけなのでゆっくりとムーミングッズを見ることができるが、そういうわけにもいかない。

個人旅行の場合なら自由に時間を使えるので、まだいい。ツアーでフィンランドに行った場合は、ツアーコンダクターにせかされてセキュリティ終了後、すぐにイミグレーションに進まされ、思うように時間が取れないのではないかと思う。

また、ムーミンショップはそれほど広い場所ではない。そのため、自分の手荷物のみならず、店内にいる他の客の手荷物が邪魔になり、ゆっくりと店内を見るもの苦労する。

ムーミンショップはヘルシンキ市内にも何店舗かある。その中でも最もアクセスに便利なのが、ヘルシンキ中央駅から徒歩数分の所にある「FORUM(フォーラム)」というショッピングモール内にあるムーミンショップだ。

 

ヘルシンキ中央駅から近いショッピングモール「フォーラム」

フォーラム

 

ここのムーミンショップはフォーラムの2階にある。日本の感覚でいえば3階ということになる。ただし、フォーラム周辺は坂になっており、入口により階が異なる。正面のヘルシンキ中央駅側の入口から入るとそこは1階なので、1階分だけ上に上がればいいことになる。

下記の案内板では、フォーラムの200にムーミンショップがある。

 

ヘルシンキのショッピングモール「フォーラム」内にあるムーミンショップは3階にある

3階にあるムーミンショップ

 

フォーラムのムーミンショップは、観光客で混雑するヴァンター空港の店とは違い、どちらかというと現地の人の利用が多い。また、空港の店と比較すると、フォーラム内のムーミンショップの方が若干広い。

モール内も広々としており開放感がある。こちらならゆっくりとムーミングッズを見て回ることができることだろう。もしムーミングッズを買うのなら、フォーラムのムーミンショップがおすすめである。

 

ヘルシンキにあるショッピングモール「フォーラム」内にあるムーミンショップ

ムーミンショップ

 

Moomin Shop - Only the best of Moomin

 

Kスーパーマーケット探索

ヘルシンキ中央駅のそばにKスーパーマーケット(K-Supermarket Postitalo)がある。ヘルシンキ市内にはスーパーマーケットが多いが、それほど大きくない店がほとんどである。

その点、このKスーパーマーケットは規模が大きく、品揃えも豊富である。特にパンの種類が多いことが特徴だ。ゆっくり見れば1時間は楽しく過ごせるだろう。フィンランドの物価を知ることができるのもポイントが高い。

 

ヘルシンキ中央駅近くにあるKスーパーマーケット(K-Supermarket Postitalo)

Kスーパーマーケット

 

奇妙で巨大な小便小僧「Bad Bad Boy」

ヘルシンキは、それほどエキサイティングな街ではない。もちろん、人が多い場所はそれなりに活気があふれているが、どちらかというと北欧らしい落着いた所だ。

街の色合いもシックで、ヘルシンキ観光の王道である大聖堂やテンペリアウキオ教会も同様にカラフルな感じはあまりしない。

しかし、1つだけドキッとさせられるものがある。それは奇妙な小便小僧である。

 

とにかく、でかい!

タリンクシリヤライン(Tallink Silja Line)のフェリーがヘルシンキのウェストハーバーからエストニアのタリンへ向けて出発するが、このウェストハーバーといわれる港の近くに、この小便小僧は立っている。

ウェストハーバーへ行くのに9番のトラムを利用するが、このトラムから小便小僧を目にすることができるが、高さは約8.5m。このような巨大な像が突拍子もなく現れるのだから驚いてしまう。

この小便小僧、一応「Bad Bad Boy」という名前があるらしい。また、必ずしも同じ場所にあるとは限らないようで、以前はマーケット広場にあったようだ。

このBad Bad Boyは両足でしっかりと立っているものの、赤ちゃんということだ。

大きな像というなら、それはそれでいいのだが、この像に引き付けられてしまうのは小便小僧の顔である。どう見ても尋常ではないのだ。

大きすぎる目と口をすぼめた感じが奇妙で仕方がない。長いこと見ていると精神が崩壊しそうな感じ。

この像の近くを歩いている人は、みな笑いながら写真を撮っている。

この小便小僧は、おしゃれな噴水になっているわけではない。また、特に柵で囲まれているということもない。

ただ、商業施設の横のちょっとしたスペースに建てられ、水をそのまま放出しているだけなのである。

そして、結構高い位置から水を放出しているため、近くに寄りすぎると路面で跳ね返った水が飛び散ってくる。普通の水だと分かってはいても、あまり気分のいいものではない。

あまり近寄らない方が賢明かもしれない。

 

ヘルシンキ観光の重要なアクセント「Bad Bad Boy」

奇妙な小便小僧ではあるが、前述したようにヘルシンキはエキサイティングな観光スポットは多くない。その中で、この「Bad Bad Boy」は結構「ハッ」とするオブジェである。ヘルシンキ観光で、重要なアクセントになっているのではないかと思う。

エストニアのタリンに行くなら、その行き帰りに、また、タリンに行かない場合でもトラムに乗ればすぐなので、この小便小僧を見に行く価値はあるだろう。

 

ヘルシンキのウェストハーバー近くにある巨大な人形Bad Bad Boy

Bad Bad Boy

 

猫カフェで猫と遊ぶ

フィンランド初の猫カフェが2015年にオープンした。Kissakahvila Helkatti(キッサカフビラ・ヘルカティ)という名前の猫カフェである。場所はヘルシンキ中央駅からも近い、市中心部にある。

フィンランド語で「kissa」は「猫」、「kahvila」は「コーヒーショップ」を意味する。つまり、店の名前はそのまま「猫カフェ」ということだ。

当初、店名は「Kissakahvila Helsinki」だったが、最近名前を変更したようである。店名の変更に伴い、インテリアも替えたようだが、猫カフェには違いない。下の写真は店名がKissakahvila Helsinkiの時のものである。

 

あまり目立たないお店

Kissakahvilaは店の間口が狭く、あまり目立たない。そのため、ぼけっと歩いていたら見逃してしまう感じ。ガラスに猫の絵。これがKissakahvilaの目印である。

奥行きはあるが、店内もそれほど広くはないが店内はすっきりとしており、猫の写真などがセンス良く飾られている。テーブルや椅子も、すごく落ち着く色である。

 

ヘルシンキにある猫カフェKissakahvila Helkatti

猫カフェKissakahvila

 

入場料制の猫カフェだが、意外とリーズナブル

店に入ると、まず店員から簡単な説明を受ける。重要なことはKissakahvilaでは入場料(2018年7月現在で5ユーロ)を取っているということだろう。それに同意したら靴を脱ぎ席に座る。基本的に時間制で、滞在できる時間は1時間半ということだ。

テーブルにはおしゃれなボトルに入った水が用意されている。これは入場料に含まれているので自由に飲んでいい。

入場料とドリンク、そしてケーキでも食べても合計12~15ユーロである。フィンランドの物価を考えると、結構リーズナブルな値段である。支払いにはクレジットカードも使用できる。

 

Kissakahvilaの猫グッズ

Kissakahvilaでは猫グッズも取り扱っている。ポストカードやマグカップなど、店のオリジナルグッズもある。

下の写真で「KANGAS-KASSI」と書かれているが、これはトートバッグのことである。5ユーロなので手頃な値段だ。

 

ヘルシンキの猫カフェKissakahvila Helkattiの猫グッズ

猫グッズ

 

Kissakahvilaの猫たち

店内には猫が5~6匹いる。元気な猫もいれば、ずっと寝ている猫もおり、性格はそれぞれ。ヘルシンキ市内では猫を見かけることがないので、猫を見ているとかなり癒される。

街で見るのは結構すました感じのフィンランド人であるが、猫カフェではどこの国の人も同じだなと思ってしまう。猫じゃらしなどで猫と遊ぼうとする姿は万国共通のようだ。

 

ヘルシンキの猫カフェKissakahvila Helkattiにいる猫

Kissakahvilaの猫

 

Tervetuloa Kissakahvila Helkattiin!

 

 

サブカル的ヘルシンキでの時間つぶし案内図