a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

タイの奇祭、ピーターコーン祭りをとことん味わうためのヒント

タイのピーターコーン祭り(Phi Ta Khon Festival、ผีตาโขน)が行われる所は、ルーイ県(Loei、จังหวัดเลย)のダーンサーイ(Dan Sai、ด่านซ้าย)という小さな町である。

この祭りのメインイベントは、ピーターコーンの仮面をつけた人たちのパレードである。このパレードを一目見ようと、祭りの日にはこの小さな町に人々が押し寄せる。もちろんパレードは祭りの主役であるが、パレード以外の楽しみもある。

そんなピーターコーン祭りを堪能するためのヒントを紹介してみたい。

 

パレード前日から楽しいピーターコーン祭り

ピーターコーン祭りは3日間にわたって行われるが、祭りのメインであるパレードがあるのは2日目である。祭りの初日と最終日は仏教の儀式が多いため、祭りの見物客の多くは2日目のパレード見物を狙ってダーンサーイにやって来る。

しかし、現地では祭り初日も盛り上がっている。祭り2日目に行われるパレードの到着地であるポーンチャイ寺(ワット・ポーンチャイ、Wat Phon Chai、วัดโพนชัย)ではステージが設けられ、そこで歌や踊りのショーがある。またポーンチャイ寺には地元の人たちが大勢集まり、お寺の回りを踊り歩いている。

もちろん様々な仮面をつけた人々もおり、祭りの雰囲気がバンバン伝ってくる。初日だとピーターコーン祭り目当ての見物客もほとんどおらず、パレードのある2日目に比べたらゆったりと見ることができる。

 

ピーターコーン祭りで、パレードの前日にポーンチャイ寺の回りで踊る地元の人たち

ポーンチャイ寺の回りで踊る地元の人たち

 

また、祭り初日ならポーンチャイ寺敷地にあるピーターコーンの博物館もすいており、じっくりと見学できるのも嬉しい。ピーターコーンの博物館は2つあるが、詳細は後述する。

 

ピーターコーン祭りは2日目が華

オープニングセレモニー

ピーターコーン祭りの2日目はパレードが行われる日であるが、パレードに先立ち、ダーンサーイの区役所前に設けられたステージでオープニングセレモニーが行われる。このステージはピーターコーン祭りのメインステージであり、パレードの出発地点である。

当日、セレモニーが始まる前にダーンサーイの街を歩いていると、祭りの会場に向かう色鮮やかな服を着た子供たちに遭遇する。

 

ピーターコーン祭りのメインステージとメインステージに向かうかわいい衣装を着た子供たち

ピーターコーン祭りのメインステージに向かう子供たち

 

オープニングセレモニーでは、歌や踊りが披露されるが、ルーイ県の県知事等の挨拶もある。道路を挟んだステージの正面には座って見れる席も用意されているが、早くから座席は埋まり、旅行者がオープニングセレモニーを座ってみるのは難しいだろう。また、大勢の人が集まるため、ステージは結構見にくい。

オープニングセレモニーは約1時間ほど続く。

 

パレード開始

オープニングセレモニーが終了すると、ついにピーターコーン祭りのメインイベントであるパレードが始まる。パレードはメインステージの前を出発してポーンチャイ寺までの1Km弱の間を行進するものだ。このパレードは約2時間続くが、その間様々な仮面を被った人や体中に泥を塗った泥人間、あるいはイサーン(タイの東北部)の踊りを披露しながら行進をする人たちが次々と目の前を通り過ぎて行く。

 

ピーターコーン祭りのパレード。パレード参加者は伝統的な踊りを踊りながら歩いて行く

ピーターコーン祭りのパレード

 

ピーターコーン祭りでピーターコーンの仮面を付けて歩く人々と全身に泥を付けた泥人間

ピーターコーンの仮面を付けた人々と泥人間

パレードを見る場所であるが、メインステージ付近は非常に混雑する。パレードはポーンチャイ寺まで続くので、お寺寄りのすいている場所を探した方がいいだろう。また、泥人間に泥を付けられないよう注意したいものだ。

 

パレードを終えたひと時

ポーンチャイ寺に到着したパレード参加者たちは仮面を脱ぎ、お寺で休憩をしている。また、お寺近くのレストランで食事をしたり、ビールで祝杯を挙げている人たちもいる。この時間、お寺近くのレストランは混雑している。お寺の近くで食事を取ろうとしているなら要注意である。

 

ピーターコーン祭りのパレードを終え、仮面を取りくつろぐ人々

ピーターコーン祭りのパレードを終えて

 

パレード終了後のメインステージ

パレード終了後も、メインステージでは何らかのパフォーマンスが行われている。かわいい子供たちの踊りなどを見るのも楽しいものである。

 

ピーターコーン祭りのパレード終了後、メインステージでの催しに参加する人々

パレード終了後のメインステージ

 

ピーターコーン祭りの注意点

タイ人はよく「カオパンサー(ข้าพรรษา)の祭り」とか「オークパンサー(ออกพรรษา)の祭り」とか言う。厳密には雨期の始まりと終わりはタイの仏教上の日が基準になるが、単純に気象上の雨期を基準に、それぞれ「雨期入りの祭り」と「雨期明けの祭り」と考えて差し支えないだろう。

ピーターコーン祭りはカオパンサーの祭りで、タイではすでに雨期に入っており、雨が降る可能性が高い時期である。当然雨具が必要になるが、傘とポンチョの両方を持って行くことをおすすめする。小雨の時はポンチョで、雨足が強いようならポンチョと傘で対応した方が濡れにくいからだ。

また、一眼レフカメラで写真を撮影するなら防水対策をしっかり考えておいた方がいい。

 

ダーンサーイに行ったら見逃せない。ピーターコーン祭りに関連した2つの博物館

ダーンサーイにはピーターコーンに関する博物館が2つある。これらの2つの博物館は、「ピーターコーン博物館」という名称で一緒くたに扱われているようだ。

いずれにせよ、どちらもダーンサーイに行ったら見逃せないスポットであるので紹介してみたいと思う。どちらの博物館もポーンチャイ寺の敷地内にあり、入場料は無料である。

 

ピーターコーン博物館

ダーンサーイにある2つの博物館の1つがพิพิธภัณฑ์ผีตาโขน(ピピッタパーン・ピーターコーン)という名前で、そのものずばり「ピーターコーン博物館」である。

この博物館は古い建物の一角にあり、入り口も分かりにくい。後述するもう1つの博物館に行く人は多いが、こちらの博物館には入らない人も多いようだ。

しかし、博物館という価値ではこちらのピーターコーン博物館の方が貴重ではある。ピーターコーンの歴史などの解説や、それに付随するものが数多く展示されているからである。もちろんピーターコーン祭りで使用される仮面やピーターコーンの人形も展示されているが、メインは様々な資料であるといえる。

また、この博物館ではピーターコーン祭りの期間中、ボランティアの女子学生が博物館内を案内してくれる。と言うよりは、案内したがっているという表現の方が適切かもしれない。普段はそれほど外国人が来る観光地でもないので、祭りの期間は祭りを見物に来た外国人と英語を話すいい機会なのである。

ボランティアの学生は博物館内の資料などの説明をしてくれ、質問にも答えてくれる。ただし、このボランティアの案内は祭り初日でなければ難しいかもしれない。祭りの華であるパレードが行われる2日目は人混みが多く、ボランティアも大忙しだからである。

じっくりと話を聞きたいならピーターコーン祭りの初日に行くべきだろう。

 

ダーンサーイのポーンチャイ寺にある資料が豊富なピーターコーン博物館

資料が豊富なピーターコーン博物館

 

ダーンサーイ郷土博物館

ピーターコーン博物館の隣にあるきれいな建物がพิพิธภัณฑ์ท้องถิ่นเมืองด่านซ้าย(ピピッタパーン・トン・ティン・ムアン・ダーンサーイ)で、「ダーンサーイ郷土博物館」とでもいうべきものである。

ネットで調べていると、ダーンサーイ郷土博物館の方をピーターコーン博物館と呼んでいる例が多いことが分かるが、それもそのはず、こちらの方がイメージ通りの「ピーターコーン」博物館だからだ。

 

ポーンチャイ寺にあるダーンサーイ郷土博物館

ダーンサーイ郷土博物館

 

館内にはピーターコーン祭りの仮面が数多く展示されているが、展示の仕方が素晴らしく、まるで芸術作品のようである。このような所では写真を撮りたくなるというものだ。

 

ワット・ポン・チャイにあるダーンサーイ郷土博物館に展示されている色とりどりの仮面

ダーンサーイ郷土博物館に展示されている仮面

 

また、この博物館では色を塗る前の小さな仮面と色を塗る道具など、仮面以外のものも展示されている。

 

ダーンサーイ郷土博物館に展示されている色を塗る前の白いピーターコーンの仮面

色を塗る前のピーターコーンの仮面

 

この博物館もピーターコーン祭りのパレードが行われる日は、ゆっくり写真を撮れないほど混雑する。ゆっくりと見学するには、パレード当日は避けるべきである。

 

ピーターコーンの名前の由来

ネットでピーターコーン祭りについて調べていると、ピーターコーンの語源、あるいは由来をピー(ผี)を精霊、ター(ตา)を目、コーン(โขน)を仮面劇として、精霊の仮面をかぶった劇と説明しているサイトがほとんどである。おそらく、あるサイトの記載をそのままコピーしているのだと思うが、これは必ずしも正しいとは言えない。 

めこんから出版されている「タイの祭り(梶原俊夫著)」によると

 

ピー・ター・コーンの語源には2つあるとされる。ひとつは「人についていく精霊(ピー・ターム・コン)」が変化したもの。これはお釈迦様が故郷に帰る時に人々だけでなく、精霊までもが森から出てきて歓迎したという話による。もうひとつは文字通り「仮面をかぶった精霊」という意味。

 

と、ピーターコーンの語源には2つあるとしている。ネット上のウェブサイトやブログでは、2つ目の「仮面をかぶった精霊」をピーターコーンの語源としている。そして、これは間違えである。 

なぜなら「ピー・ターム・コン」の方が語源として美しいからである。…と思いたいが、実はピーターコーン博物館で館内を案内してくれた女子学生に聞いてみたのである。彼女は「ピー・ター・コーン」は「ピー・ターム・コン」のことだと説明してくれた。

語源が2つあり、地元の人が一方を正しいものとしているのだから、とりあえずはそれに従っておくべきではなかろうか。 

ちなみに「タイの祭り」という本は、かなりの良書である。単にタイの祭りを紹介しているのではなく、きちんと由来なども記載している。おそらく増刷されることはなく、いずれ絶版になるだろう。タイの祭りに興味があるなら買っておいて損はないと思う。

 

タイの祭り

タイの祭り

 

 

見るだけで楽しいピーターコーン祭りのお土産

毎年ルーイ県ダーンサーイで行われるピーターコーン祭り(Phi Ta Khon Festival)は、ロイクラトン祭り(Loi Krathong Festival)やソンクラーン(Songkran Splendours Festival)とは異なり、仮面という、ある意味見る者にとって分かりやすい物を使った祭りである。

そのため、仮面を題材にした土産物が非常に豊富である。祭りの当日は屋台を含め、土産物屋が多数出店し、ピーターコーンに関する様々なお土産を売っている。

そんなピーターコーン祭りのお土産を紹介してみたい。

 

ピーターコーンの実物大の仮面

ピーターコーンの土産物の目玉は、実物大のピーターコーンの仮面だろう。色鮮やかで、デザインもいい。気持ちが高ぶって買いたくなってしまうかもしれないが、かなり大きな仮面で、日本に持って帰るのは厳しいと思う。見るだけにしておいた方がいいだろう。

数は少ないが、時々ピーターコーンのパレードに参加する外国人がいる。主にファラン(タイ語で白人の意味)だが、このような人たちが仮面を買っているのかもしれない。

 

ダーンサーイの土産物屋で売っているピーターコーンの仮面

土産物の仮面

 

ピーターコーンの小物

実物大の仮面の他にもピーターコーンの仮面を使った小物類がある。こちらの方は実物大の仮面に比べ大きくもなく、持って帰るにも苦労はない。ランプや壁掛けが、センスが良く、お土産としてよさそうな感じである。

ピーターコーン祭りのイベント会場の1つであるポーンチャイ寺の敷地中に、小物のお土産が豊富な土産物屋があるので、最初にここを見ておくといいだろう。

 

ダーンサーイの土産物屋で売っているピーターコーンの小物類

ピーターコーンの小物類

 

ピーターコーンTシャツがおすすめ!

お土産として最もおすすめしたいのは、ピーターコーンのTシャツである。どこの店でも同じようなデザインのシャツを売っているのかと思いきや、店によってデザインがかなり違う。

値段の方は素材やデザインによって様々であるが、安いものなら100バーツもしない。店によってはアートともいえるデザインのTシャツも扱っており、Tシャツだけを見て歩いても飽きることはない。

値段も安く、かさばらないのでピーターコーンTシャツはお土産として非常におすすめだ。

 

ダーンサーイの土産物屋で売っているピーターコーンのTシャツ

ピーターコーンのTシャツ

 

ダーンサーイに宿泊してピーターコーン祭りを楽しむ

ピーターコーン祭りを初日から2日間楽しむためには、ダーンサーイに宿泊する必要がある。2日間、ルーイ市からバスで通うのも可能だが、ダーンサーイのホテルに泊まった方がはるかに便利である。

ダーンサーイの中心部に何軒か宿泊施設があるが、ネットでは予約できないようだ。しかし、中心部を離れれば事前にネットで予約できるホテルがある。

プーナーカムリゾート(PhuNaCome Resort、ภูนาคำ รีสอร์ท)は、そのようなホテルの1つである。ピーターコーン祭りのメインステージからは多少離れているが、歩けない距離ではないのでおすすめのホテルである。

 

水牛がトレードマーク。広い敷地のプーナーカムリゾート

プーナーカムリゾートはダーンサーイの市街からは2km以上離れており、ダーンサーイの市街地まで歩いて行くのには多少不便ではあるが、自然に囲まれた環境で、施設も整ったホテルなので満足度の高いホテルである。

プーナーカムリゾートの敷地は広く、自然豊かである。敷地内には花が咲き誇り、ピーターコーン祭りの頃はたくさんの蝶が舞っている。

また、エコを売りにしているホテルで、広い敷地ながら喫煙場所はレセプション近くの1ヶ所のみである。

ホテルのレセプションと客室は別の建物となっており、レセプションで宿泊の手続きをした後、客室に案内される。レセプションのある建物にはレストランやライブラリー(図書室)などがある。

ホテルの敷地は広いが、客室数はそれほど多くなく、昼も夜も静かなホテルである。また、このホテルには水牛のオブジェや絵が飾られており、実際に近くで水牛を見ることもできる。

 

ルーイ県ダーンサーイにあるホテル、プーナーカムリゾート

プーナーカムリゾート

 

 

山のリゾートを感じさせる客室。虫には注意

プーナーカムリゾートの客室は、山のリゾートを感じさせるような造りとなっており、テラスからは山を眺めることができる。

客室内には一通りのものが揃っているが、いい色合いの家具でとても落ち着く感じだ。また、客室内にある小物にもこだわりを感じる。

ただ、このホテルで注意したいのは、自然に囲まれているゆえに虫が多いことである。もちろん網戸はあるのだが、部屋を出る時や入る時に小さな虫が入ってしまう。あまり気にする必要もないが、気になる人には気になってしょうがないかもしれない。

 

広いバスルームにオーガニックなアメニティ類

プーナーカムリゾートのバスルームはかなり広いのでゆったりと使用できる。特徴的なのがアメニティ類である。石鹸やシャンプーがオーガニックで、肌に優しい感じがする。例えば手洗い用の液体石鹸などは強いココナッツの香りがし、水で流した後もしばらく香りが残る。

シャワーのみでバスタブはないが、シャワールームの部分が広いので使いやすい。もちろん、お湯はちゃんと出る。

トイレを使う時の注意点は、使用後のトイレットペーパーは流さずにゴミ箱に入れるということ。お尻を洗うタイ式ウォシュレットのホースがあるので、それほど困ることもない。

 

ルーイ県ダーンサーイにあるホテル、プーナーカムリゾートの客室の様子

プーナーカムリゾートの客室

 

プーナーカムリゾートでの食事

プーナーカムリゾートの朝食は、宿泊客が多い日はビュッフェ式となる。料理の種類も、この規模のホテルにしてはそこそこ多い。

宿泊客が少ない日は、前日にメニューを決めることになる。パンやおかゆ、サラダ、卵料理などから選ぶのだが、選びすぎると量が多いのでえらいことになるので要注意。

プーナーカムリゾートでは、夕食を取ることも可能であるが、事前に夕食を取る時間などを伝え、注文するメニューを決めておく必要がある。値段は少々高いが、味はしっかりしており、量も多い。

ダーンサーイの街で食べれば安上がりであるが、帰りが面倒なのでホテルでの夕食がおすすめだ。

 

プーナーカムリゾートのボリューム満点の食事

ボリュームのある食事

 

ピーターコーン祭りの時の移動

プーナーカムリゾートでは自転車を無料で貸し出しているが、ピーターコーン祭りの時には、祭りの行われるダーンサーイ市街まで無料のシャトルサービスを行っている。

往きはレセプションでシャトルサービスを利用したい旨を告げ、帰りはホテルに電話して迎えに来てもらうという形になる。とはいえ、1度はホテルからダーンサーイ市街地まで歩いてみるのもよい。途中に水牛がいたりして楽しい田舎道である。

また、レセプションでダーンサーイ中心部の地図をもらえるので手に入れておいた方がいいだろう。ダーンサーイに関しては、Google mapでは情報が不十分なので、この地図は大変役に立つ。

 

プーナーカムリゾートでもらえる便利なダーンサーイ中心部の地図

ダーンサーイ中心部の地図

 

ルーイ空港からプーナーカムリゾートへの移動

ルーイへ行くには飛行機が便利である。ドンムアン空港からエアアジア(AirAsia)とノックエア(Nok Air)の2社が飛行機を運航させている。ドンムアン空港から1時間前後でルーイ空港に到着する。

ルーイ空港からプーナーカムリゾートまでは、車で1時間ちょっとである。プーナーカムリゾートでは空港からホテルまでの送迎をアレンジしてくれるが、片道2,500バーツほどかかる。空港からタクシーを利用する場合、料金は要交渉となるが約1,000バーツだ。

タクシーを利用する場合は、ホテルをチェックアウトする日も、同じタクシーに来てもらうようにしておけば便利である。

ルーイ空港からプーナーカムリゾートまでの移動は、下記の記事を参照してほしい。

 

www.apriori-eye.com

 

 

プーナーカムリゾートのウェブサイトはこちらとなる。

 

Our home