a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

ガイドブックを持っていない時の強い味方、タリンの観光案内所

ヘルシンキ観光のついでにタリンに行く場合、わざわざタリン、あるいはエストニアのガイドブックを買わない人も多いと思う。

タリンの観光スポットは旧市街に集まっており、旧市街自体それほど広いエリアではない。そのため、適当に歩いていれば、いつの間にか主な観光スポットのほとんどは回ることができる。

しかし、やはり地図があると便利である。タリンの地図は、タリンのツーリストインフォーメーション(Tallinn Tourist Information Centre)、つまり観光案内所で手に入れることができる。

この地図が無料にもかかわらず、かなり有能なのである。

 

タリンに着いたらツーリストインフォーメーションを目指そう

タリンのツーリストインフォーメーションは、旧市街のランドマークであるタウンホール(Tallinn Town Hall)の近くにある。

タリンの港から旧市街に向かうと、最初に目にするのが「ふとっちょマルガレータ(Paks Margareeta)」 と呼ばれる海洋博物館になる。

 

タリンの旧市街のランドマーク的存在のふとっちょマルガレータ(Paks Margareeta)と呼ばれる海洋博物館

ふとっちょマルガレータ

 

ふとっちょマルガレータからツーリストインフォメーションまで、それほど複雑な道ではない。Googleの地図を頼りに進めばたどり着くことができるであろう。

 

タリンの旧市街にあるツーリストインフォメーション(観光案内所)の外観

タリンのツーリストインフォメーション

 

ツーリストインフォメーションのある建物の外観は古めかしいが、ツーリストインフォメーションの中は白を基調としたさわやかな感じのする内装となっている。

 

タリンの旧市街にあるツーリストインフォメーションでもらえるパンフレット

ツーリストインフォメーションのパンフレット

 

ツーリストインフォメーションがオープンしている時間は次の通りである。

  • 月曜日~土曜日 9:00~19:00
  • 日曜日 9:00~18:00

ツーリストインフォーメーションでは、英語が中心となるが、各国語の資料をそろえており、様々な相談にものってくれる。

 

タリンの街歩きに役立つ日本語版の地図

ツーリストインフォメーションには各国語の資料やパンフレットがそろっており、日本語版も数種類ある。興味があればもらっておくといいが、絶対に忘れてはならないのが日本語版のタリンの地図である。

 

タリンの旧市街にあるツーリストインフォメーションでもらえる日本語の地図

日本語の地図

 

この地図の優れている点は観光スポットに番号が振られ、その番号が地図上に示されていることだろう。どこに何があるのかが一目で分かるという優れものなのである。

また、各観光スポットについては日本語で説明書きがあり、重要なものには「必見」などと記載されている。まさにガイドブックの役割も果たす地図なのだ。便利な地図なので、手に入れておくと非常に役立つ。

 

タリンの旧市街にあるツーリストインフォメーションでもらえる日本語の地図には観光スポットの説明が書かれており、ガイドブックの役目も果たす

観光スポットの説明が書かれている

 

もしガイドブック無しでタリンに行くならば、最初にツーリストインフォーメーションへ行き、この日本語版タリンの地図を手に入れることをおすすめする。

 

Tallinn Tourist Information Centreの地図