a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

【ピーターコーン祭り】ルーイ空港からダーンサーイまでタクシーで移動する

バンコク(Bangkok)からルーイ(Loei)のダーンサーイ(Dan Sai)へ行くには、特にバスを利用したいという強い欲求がない限り、飛行機を利用するのが普通だ。バンコクからルーイ空港かピサヌローク空港まで行き、そこからダーンサーイへ向かうことになる。 

ルーイ空港からダーンサーイへ行く方がピサヌローク空港から行くよりも距離が短いので便利であり、また時間の節約にもなる。 現在、バンコクとルーイ間はノックエア(Nok Air)とエアアジア(Thai AirAsia)が運行している。

ピーターコーン祭りを見るため、ルーイ空港からタクシーでダーンサーイへ移動する際の注意点を紹介したいと思う。

 

バンコクのドンムアン空港からルーイ空港へ行くノックエア

ノックエア

 

ルーイ空港に到着

バンコクを出発した飛行機は、1時間ちょっとでルーイ空港に到着する。機材が大きいせいかエアアジアの方がノックエアよりも飛行時間が短い。

飛行機のタラップを降りて空港の建物に入ると、早速ピーターコーンの人形がお出迎えをしてくれる。この人形がピーターコーン祭りの時期限定で飾られているのかは不明である。

 

ルーイ空港の建物内に展示されているピーターコーンの人形

ピーターコーンの人形がお出迎え

 

空港の建物に入るとすぐにターンテーブルがあるので、預けた荷物が来るまでここで待つ。窓から外を見れば、空港の職員が荷物を運んでいるのが分かるだろう。

 

外の景色が見えるルーイ空港のターンテーブル

ターンテーブル

 

空港からダーンサーイに向かう

ダーンサーイへの行き方

ルーイ空港からダーンサーイへ行く方法は2つある。

 

  1. 空港からルーイのバスターミナルに行き、そこから公共のバスでダーンサーイへ行く
  2. 空港からタクシーで直接ダーンサーイへ行く

 

公共のバスを利用してダーンサーイへ行く場合は、最低でも2~3時間のロスがある。圧倒的にタクシーが便利である。どうしても節約したい場合を除きタクシーがおすすめだ。タクシーなら1時間程度でダーンサーイに着く。

 

ルーイ空港のタクシー乗り場

ルーイ空港の建物を出るとすぐ目の前がタクシー乗り場になっている。しかし、台数が少ないのか、タクシーはなかなか来ない。

 

ルーイ空港の建物の正面入口

ルーイ空港入口

 

ルーイ空港のタクシー乗り場から斜め右手を見ると、下の写真の赤丸で囲んであるように、空港から若干離れた場所にタクシーやトゥクトゥクが待機しているのが見える。そこで待機しているのは長距離狙いのタクシーである。

 

ルーイ空港の斜め右手の方に待機しているタクシーとトゥクトゥク

ルーイ空港に待機しているタクシーとトゥクトゥク

 

タクシーでダーンサーイへ向かうなら、そこで待機しているタクシーの方へ向かい、タクシーに乗り込めばいい。 この際、タクシーの運転手はメーターを使用しないので、必ず料金を確認することが重要だ。

バスターミナルへ行く場合はトゥクトゥクを利用するといいだろう。おそらく交渉してもバスターミナルまでの料金は決まっており、提示された金額で乗るしかないと思う。これは近距離のタクシーも同様である。

 

ルーイ空港からダーンサーイへ向かうタクシーのドアに貼られているピーターコーンのステッカー

タクシーのドアにピーターコーンのステッカー

 

タクシーの運転手は「帰りも迎えに行こうか」と言ってくるかもしれない。ダーンサーイに宿泊し、帰りもタクシーを利用する予定なら迎えに来てもらった方が便利である。運転手に迎えに来てほしい時間を伝え、頼んでしまおう。 

帰りの行先は空港だけではなくルーイ市内のホテルなど、行先を指定すればどこにでも行ってくれる。復路の迎えを頼んだ場合は、タクシーの料金は往路と復路で別々に支払う方が安全である。

タクシーの料金は片道1,000バーツ程度。往復で2,000バーツを目安にするといいだろう。

 

ルーイ市郊外のおいしいパイナップルがおすすめ

タクシーに乗ってしばらくすると、タクシーの運転手が「パイナップル、買って行く?」と聞いてくるかもしれない。そうしたら是非買うべきである。

ルーイ郊外はパイナップルの産地だ。ピーターコーン祭りの時期はちょうどパイナップルの季節で、おいしいパイナップルを食べることができる。 

タクシーの運転手は道路沿いのパイナップル屋さんに寄ってくれるが、ここのパイナップルが想像を絶するほどおいしい。普段、タイでメロンやマンゴーは食べてもパイナップルは積極的には食べないが、ここのパイナップルだけは別だ。絶品である。 

 

ルーイ空港からしばらく車で行ったところにある郊外のパイナップル屋

ルーイ郊外のパイナップル屋

 

パイナップル屋のおばさんがパイナップルを切ってくれるのだが、その周りをハエがぶんぶん飛んでいる。タイではハエなど気にしてはいられないよ…と思っていたが、近くで見るとハエではなくミツバチであった。ミツバチも好むほどの甘いパイナップルということだ。

パイナップルを切っていたおばさんは、ビニールの袋に目いっぱいパイナップルを詰めてくれる。やや小ぶりのパイナップル1個分ぐらいあるのではないだろうか。これで100バーツだから安いものである。

 

ルーイ郊外のパイナップル屋で売っている甘くてジューシーなパイナップル

甘くてジューシーなパイナップル

 

もしタクシーでダーンサーイに行くなら、ルーイのパイナップルは楽しみの1つである。是非お試しあれ。

 

ピーターコーン祭りについてはこの記事がおすすめ 

www.apriori-eye.com