a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

ヘルシンキ到着日にタリン行きのフェリーに乗船する

ヘルシンキへ行ったついでにフェリーで海を渡りエストニアのタリン(Tallinn)を観光する旅行者も多いと思う。

ヘルシンキからタリンまでフェリーで往復5~6時間。タリンの観光スポットである旧市街はコンパクトなエリアなので、日帰りでもタリンの旧市街を一通り見て回る時間は十分取れる。

日帰り可能なヘルシンキからタリンへのショートトリップであるが、ヘルシンキからタリンへ行く際、フェリーに宿泊するという選択肢もある。

 

バルチック・クイーンに乗船し、フェリーに宿泊

ヘルシンキとタリンの間にフェリーを運航している会社は数社あり、フェリー内に宿泊できる便(overnight ferryという)を運航しているものもある。タリンクシリヤライン(Tallink Silja Line)が運航しているバルチック・クイーン(Baltic Queen)というフェリーがそれに相当する。

バルチック・クイーンは午後6時半にヘルシンキを出港し、3時間ほどでタリンに到着する。そして、翌日の朝までタリンの港に停泊し、その間フェリーのキャビンで過ごすというものだ。

JAL便を利用する場合、東京を出発する飛行機はヘルシンキに午後3時頃到着する(夏時間の場合は午後2時頃)。ヘルシンキ到着日に夕方発のフェリーにじょうせんするのにちょうどいい時間だ。ヴァンター空港到着後、2時間もあればバルチック・クイーンに乗船することができる。

ヘルシンキからタリンに渡ることを考えているなら、ヘルシンキ初日にバルチック・クイーンに乗船し、フェリーのキャビンに宿泊することを考えてもいいだろう。

 

ヘルシンキ・ヴァンター空港からヘルシンキ市内への移動

ヴァンター空港のイミグレーション

定刻通りにヴァンター空港第2ターミナルに到着すれば、JAL便は午後3時にヴァンター空港着になる。夏時間なら午後2時頃に到着する。

ヘルシンキのイミグレーションでは入国の目的など、いくつかの質問をされるかもしれないが、通常は比較的にスムーズだ。

 

ヴァンター空港から市内へ

空港からヘルシンキ市内への移動は、いくつかの手段があるが、あらかじめネットでチケットを購入できるフィンエアーシティバス(Finnair City Bus)が便利だろう。

フィンエアーシティバスの場合、空港からヘルシンキ中央駅近くのバスターミナルまで約40分で到着する。車内で無料でwifiが使用できるので、スケジュールなどの最終確認をするのに便利である。

 

タリンクシリヤラインのフェリー乗場への行き方

ヘルシンキ中央駅から9番のトラムに乗る

タリンクシリヤラインのフェリー乗場は、ウェストハーバー(West Harbour)のターミナルビルにある。

ウェストハーバーへの行き方は、ヘルシンキ中央駅の前にあるトラム駅からウェストハーバーへ向かう9番のトラムに乗り終点まで行く。ウェストハーバー方面へ行くトラムは、ヘルシンキ中央駅から見て右方向へ行くトラムである。 

 

フィンランドのヘルシンキでトラムの9番線に乗ると、終点がタリンクシリヤラインのフェリーが発着するウェストハーバーである。

トラムの9番線の終点がウェストハーバー

 

トラムの駅から歩いてすぐの所にあるターミナルビル

ウェストハーバーでトラムを降りたら右方向に歩いて行くとターミナルビルがある。「Entrance」と書かれた入口を示す案内板があるので、すぐに分かるだろう。

 

ヘルシンキのウェストハーバーのターミナルビルの看板

ターミナルの入口

 

ターミナルビルの2階がタリンクシリヤラインのフェリー乗場になっている。タリンクシリヤラインのチケット売場もここにある。

 

ウェストハーバーの地図

 

 

フェリーに乗船するまで

セルフチェックインでチケットを発行する

タリンクシリヤラインのフェリーのチケットを事前にネットで予約すると、「予約番号(Reservation number)」と「セキュリティ番号(Security number)」、その他の詳細が記載されたPDF形式の書類がe-mailで送られてくる。しかし、これはチケットではないので、この書類を見せてもフェリーには乗れない。

乗船するためのチケットを発行するにはセルフチェックイン機を使う。

セルフチェックイン機に予約番号とセキュリティ番号を入力するとチケットが発行される。非常に簡単な操作なので、迷うことはないと思う。

 

ヘルシンキ発のタリンクシリヤラインのフェリーに乗船する前に、セルフチェックイン機でチケットを発行する。

セルフチェックイン機でチケットを発行

 

チケットはキャビン(フェリー内の客室)のカード型の鍵になる

チケットを発行したらキャビン・ナンバーを確認しておこう。キャビン・ナンバーはフェリー内の部屋番号である。下のチケットの場合、キャビン・ナンバーは右上に印刷されている「8121」となる。

また、紙でできたチケットではあるが、これがキャビンのドアを開ける際のカードキーとなるので丁寧に扱った方がいい。

 

ウェストハーバーのターミナルで発行したタリンクシリヤラインのBaltic Queenの乗船チケット

Baltic Queenの乗船チケット

 

上のチケットの黒枠の箇所には乗船客の名前が印刷されている。

 

乗船ゲートを確認する

時間になったらゲートを通り待合室に行く。ゲートを通る際、チケットに印刷されたバーコードを読取り機にかざす。

 

タリンクシリヤラインのフェリー乗船客用の待合室に入る前の改札口

フェリーの改札口

 

乗船ゲートはキャビン・ナンバーにより2ヶ所に分かれている。乗船ゲートにインフォメーションが表示されているので、事前にどちらのゲートから乗るのかを確認しておこう。

 

タリンクシリヤラインのフェリーに乗船する乗船ゲート

乗船ゲート

 

キャビン(客室)の様子

大型ホテルのようなキャビンエリア

乗船時刻になり、フェリーに乗り込むと自分が宿泊するキャビンを探すわけであるが、キャビンのあるエリアは大型ホテルのようである。しかも、ホテルよりも入り組んでおり、キャビンを見つけるのにちょっと戸惑ってしまうかもしれない。

実際、キャビンを探すためにうろうろしてる人が多い。案内板があるので、焦らずに探すことが重要だ。

 

タリンクシリヤラインのBaltic Queen内でA-Premiumクラスのキャビンがあるエリア

Baltic QueenのA-Premiumクラスのキャビン

 

チケットを挿入口に差し込みドアを開ける

自分のキャビンを見つけたら、フェリーのチケットがカードキーになっている。入口の挿入口にチケットを差し込めばドアを開けることができる。

乗船チケットはカードキーの役目もするので、くれぐれも折り曲げたりしないように注意したい。

 

タリンクシリヤラインのBaltic Queen内にある客室のドア

フェリーのチケットがカードキーとなる

 

A-プレミアムクラス(A-Premium)のキャビン

フェリーのキャビンは何種類かのクラスに分かれているが、A-プレミアムクラスを紹介してみたい。

キャビン内はそれほど広くなく、部屋のほとんどがベッドで占められる。しかし、キャビネットなどもあり、1泊するなら十分である。

さすがに冷蔵庫はないが、使用はしなかったもののテレビは壁に取り付けられている。 

 

タリンクシリヤラインのBaltic QueenのA-Premium(プレミアム)クラスのキャビンの様子

A-プレミアムクラスのキャビン

 

バスルーム

キャビンにはバスルームがある。狭いことは狭いが、ちゃんとお湯の出るシャワーである。

ただ、トイレとシャワーの仕切りがカーテンのみである。床がトイレの部分とシャワーを浴びる部分に段差がなく平面なため、シャワールームにトイレがある感じだ。そのため、シャワーを浴びたお湯はバスルーム全体に流れてしまう。

このような場合に備えてシャワーの横に水を切る道具が掛けられている。シャワーを浴びた後はこれで床の水切りをする。きちんと水切りをしておけば、床は結構早く乾く。

 

タリンクシリヤラインのBaltic Queenにある客室に付属しているシャワーの水切り

シャワーの水切り

 

フェリー内の施設

スーパーマーケットは激混み

フェリーの中には、食事を取れるカフェやゲームセンターなどの様々な施設がある。最も人気なのがショッピングエリアである。

ショッピングエリアにはスーパーマーケットがある。タックスフリーのため、開店と同時に、主に酒類を買う人で非常ににぎわう所である。スーパーマーケットを利用するなら、開店後しばらくしてからの方がいいだろう。店内が混み過ぎて、移動もままならないからだ。 

 

タリンクシリヤラインのBaltic Queenの船内にあるゲームセンター

Baltic Queen内にあるゲームセンター

 

フェリーのデッキ

フェリーにはデッキがあり、外の空気を吸うことができる。

 

タリンクシリヤラインのBaltic Queenには広いデッキがある

Baltic Queenのデッキ

 

客室は全室禁煙である。デッキの定められたエリアに灰皿が設置されているので、喫煙は灰皿のある所で。

 

タリンクシリヤラインのBaltic Queenでは灰皿はデッキにある。タバコは灰皿のある所で。

Baltic Queenのデッキにある灰皿

 

タリン到着

バルチック・クイーンは出港後、約3時間でタリンに到着する。

タリン到着後、フェリーは港に停泊して夜を過ごすのである。白夜の時期ならまだまだ空は明るい。デッキからはタリンの旧市街にある建物を垣間見ることができる。

 

タリンクシリヤラインのフェリーがエストニアのタリンに到着した時の様子。外はまだ明るい。

タリン到着時の様子

 

朝食を予約した場合の注意点

チケット予約と同時にビュッフェ式の食事を予約できる

タリンクシリヤラインのフェリーのチケットをネットで予約する際、ビュッフェ式の夕食や朝食も予約できる。フェリーのチケットと一緒に予約すれば10%割引されるのでちょっとお得である。

ビュッフェ式の食事以外にもアラカルトの食事を提供するレストランがあり、こちらもチケットを予約する際にレストランの席を予約することができる。

また、朝食には「Breakfast」と「Special breakfast」の2種類があり、「Special breakfast」の方が食事の種類が豊富で値段も高くなっている。

 

朝7時前には並ぶべし

朝食は朝7時から始まる。食事の質は予想以上に良かった。料理の種類も豊富でかなり満足する朝食である。

ただし、「Breakfast」を利用するなら、時間には気を付けた方がいい。7時ちょうどにレストランに行くと、すでに結構な行列ができているはず。

朝食を早めに取りたいなら、少なくとも7時5分前にはレストランへ行った方がいい。レストラン内の座席は十分にあるので、そこは心配する必要はない。だが、時間に遅れると料理を取る列がすごいことになり、なかなか思うように料理を取ることができないのだ。

 

お得なバルチック・クイーン

ヘルシンキからタリンへは、バルチック・クイーンでフェリー内で宿泊し、タリンからヘルシンキは通常のフェリーを利用し、バルチック・クイーンでは朝食も取った。

これらの料金を合わせても物価の高いヘルシンキでのホテル1泊分より安い。できるだけ節約した旅をしたいのなら、フェリーでの宿泊を考えてもいいのではないだろうか。

タリンクシリヤラインのフェリーは、下記のウェブサイトから予約できる。 

 

www.tallinksilja.com

 

タリンクシリヤラインでは航空会社が行っているマイレージサービスに類似したクラブワン(Club One)という会員サービスを行っている。クラブワンについては、下記の記事を参照してほしい。

 

www.apriori-eye.com