a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

フェリーでサントリーニ島に着いたら、港からの移動はタクシーに限る

アテネ近郊の港ピレウス(Piraeus)、あるいは他の島からフェリーでサントリーニ島(Santorini)に向かうと、フェリーが島に近づくにつれ、サントリーニ島特有の赤茶けた姿に圧倒される。 

他のキクラデスの島と異なり、自然の雄大さを感じることのできる島だ。その光景をカメラに収めようと、フェリーのデッキは写真を撮る人であふれかえる。

 

フェリーから見えてくる赤茶色のサントリーニ島

赤茶色のサントリーニ島

フェリーはサントリーニ島のアティニオス港(Athinios Port)に到着する。

到着間近になるとフェリーの出口付近は、いち早くフェリーから出ようとする人でごった返すので、さっさとフェリーを降りたいなら早めのスタンバイが重要だ。

 

サントリーニ島へ到着が近づきフェリーの出口に殺到する人々

フェリーの出口に殺到する人々

フィラ(Fira)の市街地の近くにオールドポート(Old Port)があり、こちらの港はアクセスが便利だが、アティニオス港は市街地から離れている。

そのため港からバスやタクシーなどで目的地に移動する必要がある。登りの坂道が続くので、荷物を持ち、徒歩でフィラまで行くのはかなりしんどいだろう。

 

アティニオス港は、フェリーから降りた客でカオスと化す

フェリーがサントリーに着くと乗船客はフェリーを降りるわけであるが、港周辺はフェリーを降りた客とそれを待ち受けるバスやタクシーで混乱する。

現在、ミコノス島やサントリーニ島は中国人に人気なので、ギリシャ旅行のシーズンオフでも熱気がすごい。 

フィラよりも遠いフィロステファニ(Firostefani)やイア(Oia)に宿泊予定なら、路線バスで港からフィラまで行き、そこからバスを乗り継ぎホテルまで行くという予定をたてたくなるものである。 

港にはバスがずらり止まっており、特定のツアー客を待ち受けている。

 

フェリーが到着し、人があふれるサントリーニの港

人があふれるサントリーニの港

雑踏の中からさっさと抜け出すには、タクシーが正解

フェリーの到着に合わせて路線バスがあるはずなのだが、目に付くのはツアー団体客用のバスばかり。路線バスらしきものは、なかなか見つからないかもしれない。 

こんな時は、さっさとタクシーに乗り込むのが吉である。

早めに混雑した港を抜け出ることができるということと、バスとは違いタクシーの運転手はそこそこスピードを出してくれるので、路線バスでフィラのバスステーションへ向かうよりも、大幅な時間の節約になるからだ。 

港からフィロステファニのホテルまでの料金も7~8ユーロ程度で、思ったほど高くはない。 

フィラのバスステーション近くのホテルに泊まるなら路線バスを利用するのもいいだろうが、フィラから離れたフィロステファニやイアのホテルに宿泊するならば、タクシーの利用をおすすめする。 

特にイアのホテルに宿泊するなら、路線バスだとバスステーションで乗り換えなければならない。それほどバスの本数が多いわけではないので、かなり無駄な時間ができてしまう。 

多少お金がかかってもタクシーが便利である。間違いなくホテルに到着するので、ホテルの場所を覚えるのにも役立つからだ。

また、タクシーに乗るという決断も早めにした方がいいだろう。決断が遅くなれば遅くなるほど、タクシー争奪戦になってしまうからである。