a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

アテネ国際空港での時間のつぶし方とソフィテルアテネエアポート

ギリシャの空の玄関口であるアテネ国際空港は、正式名称を「エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港」という。

観光立国で利用者も多いと思われるが、出発ゲート(搭乗口)が2階建ての構造となっており、意外とコンパクトな造りとなっている。そのため、空港内で長い距離を移動する必要もなく、利用しやすい空港である。 

この空港へ到着し、国内線に乗り継いでエーゲ海の島に行く旅行者も多いと思う。国際線の遅延などを考慮し、ギリシャ国内線は余裕をもって予約している場合が多いだろう。そのため、乗り継ぎの時間が長くなりがちである。 

時間を持てあました時の空港での過ごし方を紹介してみたい。

 

アテネ国際空港にはギリシャらしいオブジェがある

出発階(Departures Level)の屋外にある展示物

世界の様々な空港は、その土地独自のデコレーションがされている場合が多く、見ていて楽しいものである。

アテネの空港も同様である。空港の様々な所でギリシャの香りがするオブジェなどを目にすることができる。 

出発階の屋外には古代ギリシャを感じる彫刻などが展示されている。もちろん本物ではなくレプリカであろうが、結構良くできている。数は少ないものの、空港での見所の1つである。 

 

アテネ国際空港の出発階の屋外に展示されているオブジェ

出発階の屋外の展示物

 

小さな博物館もある空港

空港の屋内にも展示物がある。

出発階からもう1つ上の階に上がると、いくつかのギリシャらしい展示物を見ることができる。

 

アテネ国際空港の出発階の1つ上の階に展示されているオブジェ

出発階の1つ上の階にある展示物

 

そして、空港内には小さいながらも博物館もある。

 

アテネ国際空港にある博物館の様子。中は撮影禁止なので外から撮影

博物館の様子。中は撮影禁止なので外から撮影

 

開館時間は朝6時から夜の11時まで。この小さな博物館の中は撮影禁止である。

 

アテネ国際空港にある博物館の開館時間を示す案内

博物館の開館時間

 

また、博物館の隣も展示スペースとなっており、よく特別展示が行われている。

 

本屋さんでウィンドウショッピング

出発階に本屋さんらしき店があるが、これが結構楽しい。

本屋は土産物屋も兼ねており、変わった土産物やギリシャのCDも売っている。かなり時間をつぶせるのでおすすめである。

 

アテネ国際空港の出発階にある本屋兼土産物屋

出発階にある本屋兼土産物屋

 

土産物の一角には、ギリシャの男性がよく持っている「コンボロイ(コボロイ)」もある。

 

アテネ国際空港の出発階にある本屋兼土産物屋で売っているコボロイ

出発階にある本屋兼土産物屋で売っているコボロイ

 

コンボロイとは数珠のようなアクセサリーで、昔はコンボロイをいじりながら歩いている男性をよく見かけたものである。しかし、最近ではそのような男性は、あまりいないようだ。

コンボロイは、下の動画のように扱う。

 

 

お腹が空いたらフードコートへ。サラダバーがおすすめ

空港で食事をする場合、市中と比べ高くつく。アテネ国際空港も同様であるが、他の空港に比べ、それほど高すぎるという値段設定でもない。

博物館のあるフロアーにマクドナルドがあるが、おすすめしたいのはサラダバーである。 出発階にフードコートがあり、その中にサラダバーがある。

サラダ用の平べったい大きい器とボール型の小さい器があり、値段が1ユーロほど違うが、小さい器で十分であろう。というより、小さい器の方がよりたくさん盛れるような気もするのだが…。小さい器の方の値段は8ユーロ程度である。 

サラダの種類が豊富なのが嬉しい。また、ドレッシングも数種類ある。

帰国時に利用すると、久々にオリーブオイル以外のドレッシングでサラダを食べることができ、とても新鮮に感じる。器にサラダをたくさん盛り、ビールかワインと共に食べれば、かなりお腹がふくれる。 

 

アテネ国際空港にあるフードコート内のサラダバー

フードコート内のサラダバー

 

このフードコートは、空港の前にあるソフィテルアテネエアポートに宿泊した時の食事に利用するのもおすすめだ。

 

荷物を預け、アテネ市内へ

乗り継ぎ時間が長時間になる場合、到着階(Arrivals Level)に荷物を預けられる所があるので、そこに荷物を預けてアテネ市内へ行ってみよう。

 

アテネ国際空港の到着階にある荷物預かり所

到着階にある荷物預かり所

 

ただし、アテネ市内に行くには空港バスで1時間半、地下鉄で45分ほどかかる。また、バスにしろ地下鉄にしろ、それほど頻繁に運行されてはいないので、乗り継ぎ時間が少なくとも5時間ある場合にのみおすすめする。 

アテネ市内での滞在時間はそれほど取れないが、何か1つか2つは見学できる。

アテネ市内から空港へ戻る際は、時間が確実な地下鉄にした方がいい。空港バスは、時間帯によりなかなか来ないこともあるからだ。

 

空港にほぼ直結したソフィテルアテネエアポート

アテネ国際空港を利用する際の前泊、あるいは後泊に便利なのがソフィテルアテネエアポート(Sofitel Athens Airport)である。

このホテルは空港の目の前にあり、空港を出たら徒歩2~3分という、ほぼ空港に直結している便利な場所にある。

宿泊費は多少高いものの、立地とホテルのグレードを考えると利用する価値はある。

 

アテネ国際空港の隣にあるソフィテルアテネエアポート

ソフィテルアテネエアポート

 

ギリシャを感じるオブジェがいっぱい

ソフィテルアテネエアポートは、レセプション周辺を除けば静かで落ち着いており、ギリシャを感じさせるオブジェや絵画などが所々に配置され、とてもいい雰囲気を醸し出している。

 

ソフィテルアテネエアポート内にあるギリシャっぽいオブジェ

ギリシャっぽいホテル内のオブジェ

 

くつろげる客室

客室に入ると、すぐにグレードの高いホテルだということが分かる。

ゲストハウスやローカルのホテルもいいのだが、たまにはこのようなホテルにも泊まってみるものである。

写真はアップグレードされた部屋なので、スタンダードの部屋とは多少異なると思うので参考程度に見てほしい。 

まずベッドがふかふかで寝心地がいい。ぐっすりと眠れ、疲れも取れるベッドである。室内はそれほど広いとは言えないが、足を伸ばせる椅子があり、くつろぐには十分なスペースである。この椅子が座り心地がいいのだ。 

 

アテネ国際空港の隣にあるソフィテルアテネエアポートの客室

ソフィテルアテネエアポートの客室

 

そして、スーツケースなどの荷物を置く場所が広めに確保されている。これがないと床に置かねばならず、中身の出し入れにちょっと不便なので、このようなスペースが確保されているのは意外と嬉しいものだ。

 

バスルームで嬉しい2つのポイント

ソフィテルアテネエアポートのバスルームは広くて清潔であるが、特筆すべきポイントが2つある。 

まず、バスルームとトイレが分かれている。このようなホテルはあまり見ない。トイレがバスルーム内にあると、シャワーを浴びた後体を拭くのに邪魔な時がある。トイレが分かれていると障害物がないのですっきりとする。 

次に、バスタブとシャワールームが分かれていることである。そのため、シャワーを浴びるために湯栓を抜く必要がない。シャワーを浴びた後もゆっくりと湯船につかることができるのである。 

また、バスルームに用意されているアメニティ類もおしゃれな感じである。

 

アテネ国際空港の隣にあるソフィテルアテネエアポートのバスルーム

ソフィテルアテネエアポートのバスルーム

 

ソフィテルアテネエアポートをアテネ観光のベースにする

ギリシャ旅行はエーゲ海の島がメインで、アテネは1日だけ観光するという場合、ソフィテルアテネエアポートに2泊し、1日をアテネ観光にあてるのもいいのではないだろうか。

例えば、1泊目にアテネ市街のホテルに宿泊し、翌日は前泊でソフィテルアテネエアポートに宿泊するというケースである。このような場合に、2泊ともソフィテルアテネエアポートにするのも悪い選択肢ではないと思う。 

重い荷物を持ってアテネ市街に行く必要もないので、移動がかなり楽になる。食事に関しては空港のレストランを利用することもできるので便利なホテルである。