a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

アムウェイのディストリビューターをビジネスの観点から考える

現在、アムウェイ(Amway)をはじめとするネットワークビジネスは、どのような状況なのだろうか?

 IT化が加速されている時代にネットワークビジネスは廃れつつあると予想したが、決してそのような方向に向かっているとはいえないようだ。

何かと悪い評判があるにもかかわらず、ネットワークビジネスに関わる人が絶えないということだろう。

それでは、あくまでもビジネスとしてとらえた場合、ネットワークビジネスには魅力があるのだろうか?

ここではアムウェイを例に挙げ、ディストリビューター(distributor)という仕事をビジネスの観点から考察してみたい。

 

ビジネスとしてのディストリビューター

アムウェイでは「ディストリビューター」になることにより、製品の売り上げに応じたボーナスと呼ばれる報酬を受け取ることができる。

アムウェイの日本法人(日本アムウェイ合同会社)は、売上高などの数値を発表しており、それらのデータを基にディストリビューターがビジネスとして魅力があるのかを考えてみる。

 

ディストリビューター1人当たりの売上高

日本アムウェイはウェブサイトの「会員データ集」で、売上高とディストリビューターの数を公表している。 

 

www.amway.co.jp

 

ここで公表されている最新のデータは2016年のものである。ここでは下記の2点が確認できる。

  • 売上高…100,471百万円
  • ディストリビューターの数…69万組

ディストリビューターの数が「人」ではなく「組」となっているのは、おそらく夫婦で活動している場合もあるからであろう。

売上高をディストリビューターの数で割ると

100,471百万円 ÷ 69万組 = 145,610円/組

となり、1組当たりの売上は145,610円となる。夫婦ではなく1人で活動をしている場合は1人当たりの売上として差し支えないだろう。

ここでディストリビューターのビジネスとしての評価は終了である。

年間1人当たりの売上がわずか145,610円である。これは、あくまでも売上である。報酬がこれよりも増えることはない。

この数字を見て、ビジネスとしてアムウェイのディストリビューターを選ぶであろうか?

 

ディストリビューターの収入の仕組み

アムウェイのウェブサイトによるとディストリビューターの収入は大きく3つに分かれる。

  • 小売利益…売った製品の販売価格と仕入れ価格の差(平均して20〜30%)
  • 基本ボーナス…成績別に売り上げの3〜21%が還元
  • 別途ボーナス…グループのリーダーシップに対するボーナス

 

soudanshitsu.amway.co.jp

 

アムウェイのディストリビューターはよく「権利収入」や「不労所得」というので、おそらく小売利益よりは、自分のグループを形成し、ボーナスを得ることを目標としているのではないかと推測する。

それでは、ディストリビューターに支払われる報酬は具体的にどの程度なのであろうか?

下記のサイトを参考にすると、売上の28.75%がディストリビューターのボーナスに支払われるようだ。

 

【アムウェイの仕組みを図解】報酬やランク・ビジネスモデルとは?

 

つまり1人当たりの収入の額は

145,610円 × 28.75% = 41,863円

となる。

 

ビジネスとして魅力がないアムウェイのディストリビューター

アムウェイのディストリビューターはしょっちゅうセミナーなどに出かけ、時間の浪費もさることながら、交通費などもばかにならないだろう。

それでディストリビューターとして得られる1人当たりの平均的な収入が年間で41,863円である。正直言うと、少なくとも0(ゼロ)が2つ足りない。

にもかかわらず、アムウェイのディストリビューターにビジネスとしてかかわるのは頭が弱いとしかいいようがない。

もし「いいビジネスがあるんだけど」と言い、アムウェイのディストリビューターを紹介する人がいたら、さっさと追い返し、縁を切ることだろう。こんなものを紹介する人にビジネスのセンスがあるとは思えないからだ。

 

アムウェイ製品買取の広告が哀愁を誘う

ネットでアムウェイについて調べていたら、下記のような広告が表示されるようになった。

 

ネット上に表示されるアムウェイ(Amway)製品買取の広告

アムウェイ製品買取の広告


おそらくディストリビューターとして上のランクを狙うかランクを維持するため、自分で大量のアムウェイの製品を買い、処分に困ってる人がいるのだろう。

このような広告を目にすると、業者にアムウェイ製品を売るディストリビューターの愚かさを感じるとともに、なぜか哀愁を感じてしまう。

 

日本の風土にはアムウェイのようなマルチ商法は合わないという嘘

アムウェイのようなネットワークビジネス、あるいはマルチ商法はアメリカなら上手くいくが、日本の風土に合わないといわれることがある。

これは嘘である。アメリカでも全く問題がないわけではないのである。

海外の掲示板のreddit(レディット)やQ&AサイトであるQuora(クオーラ)には、家族がアムウェイにはまって困っているなんて相談がいくらでもある。

夫がアムウェイにはまってしまい、離婚をした夫婦の事例もあるのだ。

アムウェイの問題点として、洗脳(brainwashing)とカルト性(cultism)があげられる。

下記の記事では、

 

In the Forbes quote, an Amway executive admits to the problem of cultism.

 

と、アムウェイ(アメリカのアムウェイ本社であろう)の役員がフォーブス誌にアムウェイにはカルト性の問題があることを認めている。

 

www.cs.cmu.edu

 

また、アムウェイは詐欺(scam)ともいわれ、下記の記事のように批判も多い。

 

www.cracked.com

 

ディストリビューターが得られる平均年収が4万円程度では「詐欺」といわれもしょうがないであろう。

 

マルチ商法やネットワークビジネスにかかわる前に読みたい本

「ニューカルマ」はマルチ商法やネットワークビジネスを題材にした小説である。

ネットワークビジネスの世界について描写が詳細で、著者がネットワークビジネスにはまったことがあるのではないかと思ってしまうほどだ。

ネットワークビジネスは、1度甘い汁を吸ったら抜け出せない世界であることを痛感させられる。

友人などにアムウェイなどのネットワークビジネスに誘われたら、1度読んで欲しい本である。

 

ニューカルマ

ニューカルマ