a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

実はバンコクの大地主、チュラロンコーン大学

バンコクで最も地価の高い場所は、サイアムパラゴンが建っている所だそうである。

サイアムパラゴンは、BTSのサイアム(สยาม、Siam)駅の前にあり、馬鹿高い入場料を取る水族館が入っている高級デパートだ。

 

チュラロンコーン大学が所有する土地にあるサイアムパラゴン

サイアムパラゴン

 

この高価値のサイアムパラゴンの土地を所有している地主は誰だろうか?何とチュラロンコーン大学のようだ。

 

サイアムスクエアの大地主、チュラロンコーン大学

チュラロンコーン大学の卒業生によると、チュラロンコーン大学は金持ちだそうだ。

というのも、チュラロンコーン大学はサイアムパラゴンだけではなく、サイアムスクエア一帯の土地を所有している。そして、MBK(マーブンクローン)が建っている土地もチュラロンコーン大学が所有しているそうである。

広大なバンコクの1等地を所有し、それを賃貸していれば莫大な収入があるだろう。

面白いことに、チュラロンコーン大学が土地代の値上げを決めると、土地を借りてる人たちがチュラロンコーン大学の前でデモをすることがあるということ。

MBKやサイアムパラゴンの社長等の経営陣とその店子が「値上げ反対!」とシュプレヒコールをあげるのだろうか。

 

女子学生が涙を流しながら勉強するチュラロンコーン大学

チュラロンコーン大学は、タイではタマサート大学と並ぶ優秀な大学である。学歴社会のタイでは、チュラロンコーン大学を卒業するということは人生の勝ち組を約束されたようなものだ。

厳しい学歴社会である一方、タイではコネも重要だ。

コネ社会のタイでは、どんなコネを使ってでも子供をできるだけいい学校に入学させようとする。しかし、大学入学のためにはコネを使わないという暗黙の了解がある。

コネを使って入学させようとなると、上位の大学なら募集人員を超える志望者が集まってしまうというのも「大学入学時はコネ禁止」の理由の1つでもある。

というわけで、チュラロンコーン大学も実力主義で入学できる学生が選抜される。その結果が4:6という学生の男女比である。

 

Chulalongkorn University

 

高校生にもなると男子生徒は遊びを覚えてしまうのである。そして、家柄も良く、元々優秀でも女子生徒に全く太刀打ちできなくなる男子生徒がでてくる。

堕落してタイの上位大学に行けなかった男子生徒で、家が裕福ならば、タイ国内の下位ランクの大学に入学するより、海外の無名の大学に留学する傾向がある(当然、海外の有名大学に行ける学力はない)。

そのような男子生徒は女子生徒から「あいつ逃げやがった!」といわれてしまうのである。

さて、チュラロンコーン大学はトラディショナル(伝統的)な大学で、制服着用の大学である。靴も大学指定のものがあるようだ。

また、学業に厳しいことでも有名である。教授に学業のことを注意され、悔し涙を流しながら図書館で勉学に励む女子学生というのが、チュラロンコーン大学のステレオタイプだ。

チュラロンコーン大学では定期的にタイ語講座を開いている。もちろん正式なチュラロンコーンの学生ではない。しかし、この講座でタイ語を勉強しているなら、タイ人に「チュラロンコーン大学(のタイ語講座)に通っている」と言うと、「すごーい!」と言われることは間違いない。