a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

チェンマイでおすすめのマッサージ屋さん

昔はチェンマイでタイ式マッサージの店を見つけるのは容易なことではなかった。バンコクに比べると、その数はあまりにも少なかったからである。

今ではナイトバザール周辺を中心に、あちこちでマッサージ店を見かける。マッサージ店が増加すれば、マッサージの質は落ちてくる。きちんとしたマッサージの技術を持たない者が参入して来るからである。

一時期のバンコクもそうであった。

マッサージ師は女性が多いが、もしマッサージ師を選べるなら、絶対におばちゃんがいい。マッサージが上手い確率が高いからだ。

若くて派手な女性が客引きをしていて、マッサージ店の中が見えないような店は避けるべきであろう。そのような店ではマッサージの技術が低い場合が多い。

ガラス越しにマッサージをしているところが見えて、おばちゃんが多いマッサージ店がおすすめである。

それでは数あるチェンマイのマッサージ屋さんの中で、是非おすすめしたい2軒のお店を紹介してみたい。

 

ワット・マハワンの敷地にあるマッサージ店

入口が分かりにくいワット・マハワン

ワット・マハワン(Wat Mahawan, Mahawan Temple)はターペー通り沿いにあり、ターペー門からチェンマイ駅方向に歩いてすぐの所にある。

チェンマイ駅に向かって右側にあるお寺だ。入口がかなり狭いので分かりにくいかもしれないが、注意して歩けばお寺の看板に気付くはず。

ワット・マハワンの敷地は広くはないが、美しい純白の仏塔がある。入口が分かりにくいせいか、あまり人は来ないお寺だ。

このお寺にマッサージ屋さんがある。

 

おすすめはフットマッサージ

このマッサージ屋さんでのおすすめはフットマッサージである。フットマッサージはマッサージ屋さんの軒下で受けるのだが、椅子に座ると純白の仏塔がちらちら見えるのである。

お寺の入り口が狭いため、敷地内は閉じた空間となり、しばしの間喧騒から逃れることができる。純白の仏塔を眺めながら受けるマッサージは、とても心地が良いものだ。

 

チェンマイにあるワット・マハワンと境内にあるマッサージ店の看板

ワット・マハワン

 

 

チェンマイ女性矯正施設のマッサージ店

マッサージを受けるには、まず受付を

チェンマイ女性矯正施設(Chiang mai Women Correctional Institution Vocational Center)は、出所間近の女性の服役囚が社会復帰のために職業訓練を行う所である。

つまりマッサージ師は刑務所に入っている女性の囚人ということである。

女性の服役囚といっても、いたって普通の女性である。しかも出所間近ということもあり、結構明るい雰囲気だったりする。そして、社会復帰を念頭に懇切丁寧にマッサージをしてくれる。

このマッサージ店は、まず建物の1階で受付をする。受付を担当するのは女性の刑務官で、皆それらしき制服を着用している。

刑務官から番号札をもらい、マッサージを受ける時間が指定される。指定された時間になると番号が呼ばれ、店内に入るというシステムだ。

 

待ち時間には隣のレストランがおすすめ

実は、このマッサージ屋さん、非常に人気がある。1時間近く待つこともざらである。

このマッサージ屋さんの隣に「クルア・チュアンチョム(ครัวชวนชม)」という名前のレストランが併設されているので、待ち時間が長い場合はこのレストランで過ごすということもできる。

毎日おすすめの料理があるので、それを注文しておけばいいだろう。

このレストランで働いている女性も服役囚であるが、会計は女性刑務官が担当する。このレストランで働く女性達は、会計係の刑務官が近くにいるので、少し緊張気味だ。

マッサージの予約時間の3分ほど前までにはマッサージ屋さんの前に着くようにしたい。

 

市中のマッサージ店よりマッサージの腕は上

マッサージを受ける場所は広く、大勢の女性が働いている。彼女たちのマッサージの技術は少なくとも平均以上だと思う。だから安心して任せられる。

下に営業時間と料金表が書いてある写真がある。他のマッサージ店と違い、営業が終わる時間が早いので注意が必要だ。

本当は「どうして刑務所に入ったの?」なんてことを聞いてみたいのだが、さすがに聞けるわけもない。しかし、普通に会話をしている限り、本当に極々一般の女性である。

 

チェンマイ女性矯正施設(Chiang mai Women Correctional Institution Vocational Center)内にある人気のあるマッサージ店

チェンマイ女性矯正施設のマッサージ店