a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

【イタリア鉄道】発車するプラットホームがなかなか決まらないというイライラ

イタリアを旅行中、都市間の移動に列車を利用する方も多いと思う。

移動の日にちが決まっているなら、あらかじめTrenitalia(イタリア鉄道)のウェブサイトで列車のチケットを買っておくとかなりお得である。早めのチケット購入で大幅な割引が適用されるからだ。

事前にチケットを買っておけば、スマートフォンでeチケットが利用できるので、乗車当日に駅に行き、列車に乗るだけだ。

しかし、Trenitaliaにはちょっと問題があるのだ。 

 

空白のプラットホーム

イタリアで列車に乗車する時、最初は驚く方も多いかもしれない。

例えば、アルベロベッロやマテーラへ行くため、ローマからバーリへ列車で移動する計画を立てたとする。

移動日当日、ローマの駅に到着し、自分が乗車する列車が何番線から発車するのかを案内板(電光掲示板)で確認する。

駅には列車の到着(Arrival)と出発(Departure)を案内する電光掲示板がある。そこにPlatform(プラットホーム、以下「ホーム」)が表示される箇所があり、それぞれ何番線に到着するか、あるいは何番線から出発するかが表示される。

しかし、該当する列車は表示されてはいるものの、列車が発車するホームは空白の場合が多々ある(下の写真の白い枠を参照)。

 

ローマの電車の出発を案内する電光掲示板

電車の案内板

 

数分おきにホームを確認するが、ずっと空白である。こんな時「もしかして、運航中止?」と焦ってしまうだろう。

 

列車が発車するプラットホームが発車直前に決まることも

列車を利用する時に、何かあってはいけないと時間的に余裕をもって駅に着くようホテルを出る。

そして、駅に着き、出発の方の掲示板で自分が乗車予定の列車が何番線から出発するのかを確認するも、表示は空白。ちょくちょく電光掲示板を確認しても、ホームは空白のまま。

初めてイタリアの列車を利用する時に、このような洗礼を受けたなら、かなり焦るに違いない。

このような事態になると、乗車予定の列車が発車するホームはいつまで経っても空白のままのこともある。

そして、ホームが決まるのは、出発10分前ということもある。その間、列車が定刻通りに発車するのか気が気ではないだろう。

ようやく列車が出発するホームを確認し、急いでそこへ向かうことになる。

 

自分が乗る車両の位置が不明

更にもう1つ問題がある。

これはイタリアに限ったことではないが、自分が乗る車両がホームのどの辺にあるのか分からないことだ。

日本の新幹線なら、自分が乗る車両をどの位置で待てばいいのかが事前に分かる。ホームに乗車位置の案内があるからだ。

しかし、イタリアでは、実際に列車が到着しないと分からないのである。

始発駅から列車に乗るなら時間的にも余裕があるのでいいのだが、途中駅で列車に乗る時は列車の停車時間も短く、自分が乗る車両を求めてホームを走る羽目になる。

こんな時、「日本の新幹線てすごいな~」と思うことだろう。

 

焦らずに待つべし

このようにイタリアの列車が発車するホームは、なかなか決まらないことが多い。

自分が乗車予定の列車より後に発車する列車のホームが決まっているのに、なぜそれよりも早く出発する列車のホームが決まっていないのかとイライラするかもしれない。

しかし、ここは焦らずに待つしかない。

こういうことも多々あるので、列車でイタリア内を移動する時は、あまりにも早く駅に着いてもしょうがないのである。

早めに駅に着いた場合は、1番線は向こうの方とか、駅のホームの並びを頭に叩き込み、エスプレッソやカプチーノを飲みながら列車の発車場所が決まるまでゆっくりと待つべきである。

たとえ遅延はあっても、運航中止はめったにないので安心していいだろう。