a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

【チェンマイ発】首長族の村を訪れるツアー

タイの北部といえば"Hill Tribe"といわれる山岳に住む少数民族が有名であり、チェンマイ(Chiang Mai)からも山岳民族の村を訪れるツアーがある。中でもチェンライにある首長族(long neck women)の村へ行くツアーが人気である。

首長族の村を訪れるツアーはチェンマイにあるいくつかの旅行代理店が取り扱っているが、ウェブサイトで申し込めるCMランナーツアーを利用するのが便利だ。

最も人気があるのが「チェンライ1日ツアー+首長族+メコン川ボートトリップ」というツアーである。1日でチェンライやメーサイを含む、チェンマイより北の主な見どころを回れるという非常に効率的なツアーであり、チェンライ観光に便利なツアーなので紹介してみたい。

 

チェンライ1日ツアー+首長族+メコン川ボートトリップの内容

このツアーに申し込むと、ツアー当日の朝、宿泊しているチェンマイ中心部のホテルまで迎えに来てもらえる。そして、1日で下記のコースで観光地を回る。

  • チェンライの温泉
  • ホワイトテンプル(ワット・ロン・クン)
  • ゴールデントライアングル
  • ラオスのドンサオ
  • メーサイ
  • 首長族の村

このツアーの他に「チェンライ1日ツアー」と「チェンライ1日ツアー&首長族」があるが、基本的には「チェンライ1日ツアー+首長族+メコン川ボートトリップ」と一緒のツアーで、訪問しない観光地を省くようになっている。例えば、「チェンライ1日ツアー」なら、他のの観光客が首長族の村訪問とメコン川ボートトリップのアクティビティを行っている間は、その場で待機していることになる。 

 

ツアーで訪れる観光地の概要

各観光スポットを回る順番は下記のとおりであるが、ツアー当日の状況により変更される場合もある。このツアーでは、途中で昼食が提供される。また、チェンマイに戻って来るのは少々遅く、夜9時頃になる。

 

チェンライの温泉

チェンマイを出発し、最初に訪れるのがチェンマイにある温泉である。

以前から土産物屋に囲まれている敷地であったが、中国人観光客の増加で、土産物屋が増築されている。

足湯も楽しめるが、滞在時間を考えるとツアー客には時間が足りないかもしれない。また、ここでは温泉で茹でた卵を安く買える。

 

チェンマイ発チェンライ1日ツアーで訪れるチェンライの温泉

チェンライの温泉

 

ホワイトテンプル(White Temple)

ホワイトテンプルのタイ語の名称はワット・ロン・クン(วัดร่องขุ่น)という。ホワイトテンプルが建つ以前はツアーには含まれていなかったが、建設後にツアーのコースに含まれるようになったお寺である。

 

チェンライのあるホワイトテンプル(ワット・ロン・クン)

ホワイトテンプル

お寺と呼ばれるが、実は本当のお寺ではない。チャルムチャイ・コーシッピパットというタイの芸術家が私財を投じて建てた、いわば芸術的な建造物である。そのため、ホワイトテンプルには僧侶はいない。

本当のお寺かそうでないかは別にして、美しい建物であることには違いないので、一見の価値はある。美しい建物以外にも敷地内には面白いオブジェが多くあり、とても楽しく過ごせる。

 

チェンライのホワイトテンプル(ワット・ロン・クン)にある美しい彫像

ホワイトテンプルにある彫像

 

チェンライのホワイトテンプル(ワット・ロン・クン)にある手のオブジェ。マニュキュアが塗られた指がある

ホワイトテンプルにあるオブジェ

 

また、ここは中国人観光客のトイレのマナーで話題になった場所でもある。

 

www.recordchina.co.jp

 

ゴールデントライアングルとラオスのドンサオ(Donsao)

ゴールデントライアングル(Golden Triangle)は、タイとミャンマー、そしてラオスの3ヶ国が接する地域で、ここからボートに乗り、ラオスのドンサオという所へ行く。

ドンサオへ行くのは正式な入国ではないので、パスポートにスタンプを押されることはない。ドンサオに着いたら入場料というか入域料のようなものを支払い、小さな村の中に入ることになる。

 

ラオスのドンサオに建てられている"Welcome to Laos"の看板

ラオスのドンサオ

 

ドンサオには土産物屋と食堂しかなく、このツアーの観光客向けの村である。蛇やサソリのお酒のような珍しい物も売っているが、あまり面白くはないのも事実だ。しかし、一応ラオスに行ったことになる。

 

ラオスのドンサオで売られている蛇やサソリのお酒

ドンサオで売られている蛇やサソリのお酒

 

ドンサオは、タイ同様に犬が多い。何もしなければ危険ではないが、子犬にちょっかいを出すのは止めた方がいい。母犬が激怒するためだ。

  

メーサイ(Mae Sai)

メーサイは、ミャンマーとの国境の街である。国境の街なので、人の行き来が多く活気がある。ここではミャンマーが近いせいか、タナカとよばれる日焼け止めの白い粉を頬っぺたにつけた人が多い。

 

タイとミャンマーの国境の町メーサイにはためく両国の国旗

タイとミャンマーの国旗

 

特に見るものはないので、ぶらぶらして時間を過ごすことになるが、メーサイでのおすすめは、国境のチェックポイントを正面にして右側に様々なフルーツをワインにして売っているお店である。

1本100バーツ程度と安いので、お土産に買ってみるのもいいだろう。ジュースのように飲めるが、やはりアルコールなので酔っぱらうので要注意だ。

 

タイとミャンマーの国境の町メーサイのイミグレーション

タイ側のイミグレーション

 

タイのメーサイで売られている様々なフルーツのワイン

いろいろな種類のワイン

 

首長族の村

首長族の村はタイ北部にいくつかあるが、このツアーではチェンライにある村に訪れる。観光地化した村といえばそれまでだが、かつての文化を現在も見ることができるわけである。

この村には土産物屋が多く、首長族グッズも豊富である。

 

首長族の村で売られている美しいデザインの織布

首長族の村の織布

 

首長族の村で売られている首長族をモチーフにしたお土産類

首長族グッズ

 

首長族が通常使用する言語はタイ語ではないが、当然タイ語が通じる。また、子供でさえ簡単な英語を理解することができる。小さな子供に英語を教えている母親と話をしてみると「英語は重要だから」と言っていた。子供とタイ語で話すのも楽しい。

 

首長族の村にいたかわいい女の子

首長族の女の子

 

首長族の村にいた女の子

首長族の女の子

 

首長族の村にいた美しい女性

首長族の女性

 

ツアーの申し込み方

上記のツアーはCMランナーツアーで申し込むのがおすすめである。チェンマイにある旅行代理店が同様のツアーを扱っているが、なぜか料金が高く設定されている場合が多いためだ。

また、他の旅行代理店では「最低2人以上の参加」が条件の所が多いが、CMランナーツアーでは1人で参加が可能なので、1人旅の場合に便利である。

CMランナーツアーでは、日本に居ながらツアーの申し込みができ、支払はチェンマイ到着後、CMランナーツアーのオフィスでクレジットカードでの決済が可能である。日本で支払いも済ませてしまいたい場合は、日本の銀行に送金することによっても決済できるので非常に便利である。

下記のCMランナーツアーのウェブサイトから申し込みをすることができる。支払方法等も記載されているので参照してほしい。

 

chiangmaitravel.jp

 

ナショナルジオグラフィックの首長族に関する映像

"Why Do These Women Stretch Their Necks?"というタイトルの動画をYouTubeで見ることができる。日本語で「なぜ女性たちは首を伸ばすのか?」というタイトルだが、これはナショナルジオグラフィックが作成した映像である。

首長族の村を訪れる予定なら、見ておいても損はないはずである。