a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

タイの水かけ祭り「ソンクラーン」の反省会

毎年4月にタイではソンクラーン(สงกรานต์、Songkran)とよばれる水かけ祭りが行われる。

祭りの日にちは年によって変わるが、通常4月上旬から中旬に開催される。「水かけ祭り」という言葉通り、水をかける祭りだ。本場はチェンマイであるが、バンコクでもさかんである。

ここでは、バンコクのソンクラーンの時に持っておくべき物と注意点などを紹介してみたい。

 

バンコクのソンクラーンはどこで行われるのか?

4月の上旬にソンクラーンを主な目的としてバンコクへ行く前、タイ人の知り合いにソンクラーンを楽しむためにはバンコクのどこへ行けばいいのかを聞いた。

その知人は、「どこそこがすごい」などとソンクラーンが盛り上がる場所を何ヶ所か教えてくれたが、知人に教えてもらったその「何ヶ所」のみがソンクラーンの会場であり、てっきりその会場でしか水かけ祭りは行われないものだと勘違いしてしまった。

しかし、実際にバンコクに行ってみると、それは違うことが分かった。知人の言う「何ヶ所」というのは、特に盛り上がる場所であり、小規模の水かけはバンコクのあちこちで行われるのだ。スクンビット通りでさえ例外ではない。

朝の早い内にホテルを出てしまえば、水かけが始まらないのでいいが、問題は水かけ開始以降である。

ソンクラーンの時、BTSのプロンポン駅(Phrom Phong)から徒歩7~8分の所にあるホテルに滞在していたが、駅からホテルに着くまでに水をかけられびっしょりと濡れてしまうのである。

ソンクラーンのためにポンチョを用意していたが、全く役に立たなかった。ポンチョの襟をひっぱり、その隙間に水を入れてくるからだ。

このような有様なので、ジーンズにスニーカーなど履いていようものなら、かなりダメージが大きい。

ソンクラーンの時は潔く諦め、水に濡れないことよりも、水に濡れても問題無いような服装で対処するしかない。

 

ソンクラーンの時に用意すべき物

ソンクラーンの時期にバンコクへ行く際、予想できる範囲で入念な準備をした。

通常バンコクに滞在する時と比較し、特に準備した物は

  • ポンチョ
  • 防水性のカメラ

であった。

また、次のようなことにも注意を払った。

  • 速乾性のTシャツを着用する
  • 下は短パン
  • サンダルを履く。もちろん靴下などはかない
  • バッグにはタオルを常備

上記のように準備万端のつもりであったが、実際に現地に行ってみると、まだまだ甘いことを実感する。

ソンクラーンが行われている時期のある朝早く、バンコクで行っておきたい所があったのでBTSを利用したが、その車内で見かけたのがビニール製のポーチを持つタイ人であった。ジッパーで閉めることのできるポーチだ。

ポーチは透明だったり、色がついていても半透明なので中のものが見えたが、ポーチの中にはスマホやお金などが入っている。

結構な数のタイ人が同じ様なポーチを持っていたので「バンコクで流行ってるのかな?」などと思っていた。

そのビニール製のポーチを持つ意味は、水をかけられ、びしょびしょに濡れた後に分かかる。

スマホやお金を水から守るためのものだったのである。

そんなことを考慮し、ソンクラーンの時に準備しておきたい物を挙げてみたい。

  • 貴重品を入れるためのジッパー付きのビニール製ポーチ
  • 上下ともに速乾性の服
  • 滑らないサンダル
  • ビニール袋
  • タオル
  • 防水性のカメラ(写真を撮る場合)

ポーチには財布やスマホなど、絶対に濡れては困るものを入れておく。また、濡れてもすぐに乾く服装が好ましい。

みんな水をかけあうので、服もびしょびしょだが歩道も濡れている。そのため、底のしっかりした滑りにくいサンダルがいいだろう。もちろん靴下を履くのはもってのほかである。

写真を撮影したい場合は、絶対に防水性のカメラ、あるいは付属品で防水仕様にできるカメラを持って行った方がいい。そうでないとカメラが故障する危険性があるからだ。

もう1つ付け加えると、ホテルの近くで水をかけられたのならいいが、そうでない場合は体を拭くためのタオルをビニール袋、あるいはレジ袋のようなものに入れて持参するといいだろう。

 

ソンクラーンの時に注意すべき点

上記の持ち物を準備しておけば困ることはないが、以下の点は注すべきかもしれない。

  • 濡れたくない場合は移動の際タクシーを利用する。その際、タクシーの窓を開けない
  • エアコンのないバスに乗らない

水かけが始まる時間は特に決まってはないが、水かけ開始後の時間に移動することになり、水かけが行われる危険地帯を通らなければならない場合は、できるだけ早くタクシーを捕まえ、タクシーで移動することをおすすめする。

また、タクシーで移動する際に気を付けなければならないのは、バンコクのタクシーは時々窓が少し開いている場合があるので、乗車したら窓を確認し、もし開いていたらしっかりと閉めることである。

細い路地(ソイ)に入ると大通り以上に激しい水かけをやっている場所もあるので、タクシーに水をかけられた時、ちょっと開いた窓から水が入ってしまうので注意が必要だ。

下の写真はタクシーの中から撮ったものであるが、水かけがすごかった。みんな獲物を狙うような眼をしている。

 

バンコクのソンクラーンをタクシー内から撮影

タクシー内から見たソンクラーン

 

また、バンコクにはエアコンがついていないバスがある。エアコンのないバスは、車内が暑いので窓が全開である。窓が全開ということは、水をかけて下さいとお願いしているようなものだ。

たとえバスの中に仕事帰りのスーツを着た女性がいようと、水をかける者は容赦はしない。

下の写真は、そんな獲物を虎視眈々と狙っている人々である。

 

バンコクのソンクラーンで通りを歩く人やバスに水をかけようとする人々

通りを歩く人やバスに水をかけようとする人々

 

水をかけるための武器

通常はバケツなどに水を入れて水をかけるのだが、その他にもいろいろな道具がある。

まずは高性能水鉄砲だ。これはソンクラーンの時ならバンコクのあちこちで売られている。バンコクには、このような水鉄砲を持った人たちが闊歩している。

 

バンコクのソンクラーンで大きな水鉄砲を持つ人たち

大きな水鉄砲を持つ人たち

 

また、車の洗車などに使うものであろうか、直接ホースに付ける水鉄砲タイプもある。しかし、これはちょっと邪道と思わざるを得ないのだが…。

 

バンコクのソンクラーンでホースを使って水をかける人

ホースで水をかける人

 

この時期、BTSなどに乗ると、びしょ濡れの中学生か高校生くらいの女の子が乗っており、普段なら「犯罪にでもあったのか?」と心配してしまうが、「はっちゃけたな」と微笑ましくなるのもソンクラーン祭りならではだろう。

 

観光が目的ならソンクラーンの時期のタイは避けるべき

以上、バンコクのソンクラーンについて紹介してみた。

ソンクラーンを楽しむためなら別であるが、4月に純粋に観光のためにバンコクへ行こうとするなら、しっかりとソンクラーンの時期を確認した方がいいだろう。思いがけないハプニングが待っているからだ。

1ついえるのは、「ソンクラーンはいいから、純粋にバンコクの観光がしたい!」という場合は、ソンクラーンの時期にバンコクのみならず、タイに行くのは避けた方がいいだろう。

特にチェンマイへ行く人は注意した方がいいだろう。チェンマイのソンクラーンは、バンコクよりもはるかに激しいからだ。