apriori-eye

アプリオリアイ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

尾道駅南口 とろける角煮が絶品の食堂ミチ

尾道駅の南口を出て右側に食堂ミチがある。

店のたたずまいからして、地元の人たち向けの店で、観光で尾道を訪れた者には入りにくいかもしれない。

しかし、ここの角煮があまりにも絶品だったので紹介してみたい。

 

 

昼は食堂、夜は大衆酒場になる食堂ミチ

場所は尾道駅南口

尾道駅南口は駅舎が改修され、ずいぶんときれいになった。

南口の改札口を出ると駅舎の右側にセブンイレブンがあり、その隣に食堂ミチがある。 一応、駅の建物の中にあるものの、店に行くには一旦駅を出なくてはならない。

 

尾道駅南口のきれいな駅舎

尾道駅南口

 

ちなみに、ここのセブンイレブンはお土産類が豊富で、1度立ち寄ってみる価値がある。

食堂ミチの入り口は、少し奥まった所にある。見逃してしまいそうだが、通りの近くに看板が立てられているのですぐに分かるだろう。

 

尾道駅南口の近くにある角煮が絶品の食堂ミチ

食堂ミチ

 

お昼は定食屋

食堂ミチは、お昼は文字通り「食堂」だ。

平日の11時から14時、そして土日祝の11時から15時には定食を提供する。お昼の定食なら「豚の角煮定食」がおすすめだ。

 

食堂ミチの定食メニューが書かれた立て看板

昼の定食メニュー

 

夜は大衆酒場

ミチは夕方から大衆酒場に変わる。

平日は17時から22時、土日祝は16時から22時が居酒屋タイムである。

店内には冊子になったメニューはなく、下の写真のように壁に貼られた手書きのメニューを見て注文する方式だ。

 

www.instagram.com

 

食堂ミチの角煮が絶品

ジューシーでとろけるような角煮

食堂ミチの1番のおすすめは豚の角煮である。

ジューシーでパサパサ感がなく、味がしっかりと染み込んでいる。からしをちょこっと付け、白ネギと一緒に食べると豚肉が口の中で溶けていくような感覚がする。

角煮の隣にある豆腐もいい味を出していて、これがまたうまいのだ。

 

食堂ミチのとろけるような角煮

とろけるような角煮

 

食堂ミチでは、おでん鍋のような四角い鍋で、常時角煮を煮込んでいる。このようなところに店の角煮に対する意気込みを感じる。

ぐつぐつと煮込んだ角煮は、写真を見ただけでもよだれが垂れそうだ。

 

www.instagram.com

 

カレーライスもおいしい

夜は大衆酒場になるとはいえ、酒のつまみだけではなく、ちゃんと食事をとれるのもミチのいいところ。

角煮に舌鼓を打ち、生ビールを飲みほした後、「ミチ特製」と強調されているカレーライスを頼んでみたが、このカレーライスもいける。

 

食堂ミチの福神漬けがのったカレーライス

カレーライス

 

尾道駅周辺で食事をするなら食堂ミチ

旅行者にありがたい食堂ミチのようなお店

ラーメン屋がはやるのは「おいしいから」という理由の他に、1人でも行きやすく、さっと食事を済ませられる点にあるのではないだろうか。

酒を飲むにしても、せいぜいビール瓶1本か生ビール1杯で、決して飲みがメインではなく、あくまでも食事をメインにしたい場合に便利なのだ。

牛丼屋などのチェーン店も同様だ。

1番困るのは旅行に行った時で、おいしそうな料理というのは酒が主体の店にありがちである。だから、軽く飲んで、食事感覚で利用できる食堂ミチのようなお店は貴重なのだ。

 

女性にも入りやすいお店

「大衆酒場」とドカッと掲げている食堂ミチは、女性には多少敷居が高いかもしれない。

しかし、昼は定食屋なので問題ないだろう。もちろんおすすめは豚の角煮定食だ。

 

角煮が絶品の食堂ミチの暖簾と看板

食堂ミチの暖簾

 

大衆酒場となった夜はどうだろうか。

大衆酒場といってもミチの店内は明るく、もし飲屋街の居酒屋というイメージしているなら、それからは程遠い雰囲気だ。

また、店内にテーブル席はなく、カウンター席のみなので、集団の客向けの店ではない。1〜2人が飲んだり、食べたりするような店である。そのため、ミチの店内は、思ったよりも静かで、大衆酒場というよりは食堂風の居酒屋といった感じだ。

女性にとってもビジネス街の大衆酒場と比べたら、かなり敷居は低いはず。勇気を出し、ドアを開け、角煮の味を楽しんでみてほしい。

 

www.instagram.com

 

こちらの記事もおすすめ

www.apriori-eye.com