a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

鹿児島と桜島の猫スポットを巡る

歌にもよく出てくるが、津軽では「お岩木山」が有名だ。実際に弘前辺りに行ってみると、確かに岩木山の存在が大きいものだと感じるものだ。

津軽では岩木山であるが、鹿児島では桜島である。鹿児島出身の人がよく「桜島」と口にするが、鹿児島に行ってみると「なるほど!」と思う。鹿児島に行くと、噴煙を上げる桜島は無視することはできない存在だと理解できるのだ。 

 

桜島で高く舞い上がる噴煙

桜島の噴煙

 

そんな鹿児島であるが、ここでは猫に関連したスポットしての鹿児島を紹介してみたい。

 

仙巌園

仙巌園は鹿児島市の中心から少し外れた場所にある島津家別邸である。広い敷地は庭園となっており、多くの観光客が訪れるが、この園内に猫神神社がある。

 

猫神神社

仙巌園の小さな一角に猫を祀った猫神神社がある。薩摩の武将・島津義弘が猫の瞳孔の開き具合で時刻を推測したそうで、猫は「時の神様」といわれているそうだ。 

 

鹿児島の仙巌園内にある猫神神社

猫神神社

 

猫神神社には猫の絵が描かれたかわいい絵馬がある。

 

鹿児島の仙巌園内にある猫神神社の絵馬

猫神神社の絵馬

 

猫神神社は、本当に狭い敷地にあるのだが、数多くの絵馬が奉納されている。

 

仙巌園にある猫神神社に奉納された数多くの絵馬

猫神神社に奉納された絵馬


猫神神社の隣には「紙ふうせん」という土産物屋があり、ここで絵馬を購入できるようだ。

このお店も猫をモチーフにしており、店の前には猫の置物がある。 

 

鹿児島の仙巌園内にある猫神神社の横にある土産物「紙ふうせん」

紙ふうせん

 

仙巌園の隣にあるスターバックス

猫には関係ないが、仙巌園へ行ったなら立ち寄りたいのがスターバックスコーヒー鹿児島仙巌園店だ。

文化庁の有形文化財に指定されている建物を使用したカフェである。

スターバックスは日本国内にいくつかの趣のある店舗を運営しているが、仙巌園の隣にあるこの店舗も見ておく価値があるだろう。

 

仙巌園の隣にあるスターバックスコーヒー鹿児島仙巌園店

スターバックスコーヒー

  

桜島の猫

桜島には猫が多く住んでいる。主な生息地は溶岩なぎさ遊歩道である。

 

溶岩なぎさ公園

桜島のフェリーターミナルから少し歩くと桜島ビジターセンターがあるが、その裏にあるのが溶岩なぎさ公園である。

この公園に猫がいる。人馴れしており、近づいても逃げない。ここには足湯があり、大勢の人が靴を脱ぎ、湯につかっている。このような光景を毎日見ていれので、警戒心もないのだろう。

 

桜島にある溶岩なぎさ公園に生息する猫

溶岩なぎさ公園の猫

  

溶岩なぎさ遊歩道

溶岩なぎさ公園の足湯を通り抜けると遊歩百選にも選ばれている溶岩なぎさ遊歩道がある。

足湯には大勢の人がいるが、この遊歩道を歩く人は少ないようだ。また、遊歩道を歩いて行っても、しばらくして戻って来てしまう人も多い。

 

桜島にある溶岩なぎさ遊歩道の案内板

溶岩なぎさ遊歩道

 

溶岩なぎさ遊歩道には猫のたまり場が何ヶ所かある。

遊歩道を少し行くと地元の人が時折釣りをしている所があるが、その近くに最初のたまり場がある。

その日は不漁だったらしく、「猫の餌の分しか釣れなかった」と言っていたが、ここら辺の猫は、その魚釣りの人たちからの分け前を狙っているのかもしれない。

 

桜島の溶岩なぎさ遊歩道に生息する猫

溶岩なぎさ遊歩道の猫

 

遊歩道を歩いていると、猫のたまり場でもない所で子猫が「にゃーにゃー」鳴きながら駆け寄ってきたりもする。

そして、寂しかったのか、体をよじ登ってきたりもする。

 

桜島にある溶岩なぎさ遊歩道で体によじ登って来た子猫

溶岩なぎさ遊歩道の子猫

 

烏島展望所

何ヶ所かの猫の生息地を通り抜けると烏島展望所に着く。

ここにも数匹の猫がいる。人懐っこい猫はえさをねだろうと近づいて来るが、警戒心の強い猫もいる。

 

桜島にある烏島展望所に生息する猫

烏島展望所の猫

 

烏島展望所には東屋のような建物があり、ここから猫と一緒に対岸を眺めていると時を忘れてしまいそうになる。

 

烏島展望所から赤水展望広場

本来の桜島観光に戻るため、烏島展望所から周遊バスのサクラジマアイランドビューに乗ってもいいのだが、赤水展望広場まで長い距離でもないので、歩いて行ってもいいだろう。

烏島展望所から赤水展望広場までの歩道は溶岩の塊があり、結構楽しめる。しかし、火山の噴火で大きい岩が降ってきたら恐ろしいだろうと思わざるを得ない。

 

溶岩の塊がある桜島の歩道

桜島の歩道

 

赤水展望広場は、長渕剛が行ったコンサートのシンボルとして作られた「叫びの肖像」のモニュメントがある広場である。

ここは広々としており椅子も用意されているので、周遊バスを待つのに最適だ。

この広場から先へ歩くいていくのは、おすすめできない。車は少ないとはいえ、歩道がないということと、次の停留所周辺には見るべきものは何もないからだ。

 

桜島の赤水展望広場にある長渕剛のモニュメント「叫びの肖像」

叫びの肖像

 

鹿児島観光にはキュートが便利

桜島を含む鹿児島市の観光には、市営バスや市電、桜島フェリーを利用し放題の共通利用券「キュート(CUTE)」が便利だ。

これ1枚で観光バスのカゴシマシティビューや桜島観光に便利なサクラジマアイランドビューも利用できる。

1日券と連続する2日間利用できる2日券の2種類がある。

詳細は下記の鹿児島市観光サイトで。

 

鹿児島市観光サイト よかとこ かごんまナビ/お得なチケット情報

 

また、桜島の周遊バス、サクラジマアイランドビューの時刻表は、桜島観光ポータルサイトで確認しておいた方がいいだろう。

サクラジマアイランドビューは本数が少ないので注意が必要である。ただし、主な停留所では観光のための時間を取ってくれる。

 

www.sakurajima.gr.jp

 

桜島を堪能するならマリンパレスかごしまに宿泊

鹿児島は、やはり桜島である。鹿児島市に宿泊するなら桜島が眺望できるホテルがおすすめだ。

マリンパレスかごしまは、桜島を堪能したい時にうってつけのホテルである。

 

鹿児島市にあるホテル、マリンパレスかごしまの室内

マリンパレスかごしま

 

マリンパレスかごしまでは、全室から桜島を眺めることができる。一部の部屋から桜島を眺望できるホテルはあるが、全室から桜島眺望を楽しめるのはここだけだろう。

 

鹿児島市にあるホテル、マリンパレスかごしまから見える桜島

マリンパレスかごしまから見える桜島


マリンパレスかごしまは、鹿児島市の中心部から離れた立地にあるが、バスで行くことができる。

朝夕と桜島の雄姿を眺めたい方には、特におすすめのホテルである。