a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

タイ・ジャパニーズ・スタジアムでサッカー観戦

タイにもサッカーリーグがあり、トップリーグの名称は「タイ・リーグ1」、略称T1とよばれている。

以前は、バンコクのMBKの隣にある国立競技場(National Stadium)を本拠地にしていたクラブチームがあったが、現在ではホームをバンコクの郊外に移転してしまい、気軽に試合を見に行くこともできなくなった。

バンコクで比較的楽に行けるスタジアムは、バンコク・ユナイテッドが本拠地とするタイ・ジャパニーズ・スタジアムだろう。

 

タイ・ジャパニーズ・スタジアム

バンコク・ユナイテッドのホームスタジアムは、ไทย-ญี่ปุ่น ดินแดง(タイ-イープン・ディンデーン)という愛称のバンコクスタジアム(タイ・ジャパニーズ・スタジアム)。名称から推測すると、日本の援助で建てられたのだろう。

BTSの戦勝記念塔(Victory Monument)からタクシーに乗ってだ。

 

タイ-イープン・ディンデーンという愛称のバンコクスタジアム

タイ-イープン・ディンデーン

 

このスタジアム、複合施設になっているようで、競技場以外に、体育館やいろいろな競技の練習施設が豊富である。

 

スタ飯はスタジアム外の屋台

スタジアムは、よく日本にあるような規模の小さい陸上競技兼用のものだ。そのため、スタジアム内で飲食物を販売するスペースはない。

というわけで、スタ飯は屋外にある屋台となる。競技場の門を出ると、ルークチンを売るお店や飲み物を売る屋台があるので、それらを利用することになる。

 

スタジアム外の屋台がスタ飯

スタ飯は屋台

 

コーラなどの飲み物はビニール袋入りで売っている。

バンコク中心部ではなかなか目にすることができなくなっている、貴重な伝統的なタイスタイルだ。

 

タイ名物のビニール袋に入ったコーラ

ビニール袋に入ったコーラ

 

ほのぼのとしたスタジアム

チケットは高くない。一番安い席なら100バーツ程度。

スタジアムに来る観客は女性や子供も多く、意外とほのぼのしている。日本でいえばJ2といった感じだ。

試合開始が近づくにつれ、サポーターの準備も着々と進む。

 

応援の準備をするホームチームのサポーター

ホームチームのサポーター

 

一応、アウェー側のゴール裏には、サポーター同士のいざこざが起きないように仕切りが設けられているが、観客が少ないから意味がないような気もする。

スタジアムのほのぼのとした雰囲気とは裏腹に、試合中はガツガツいくスタイルだ。タイではイングランドのプレミアリーグが人気なので、同じようなスタイルになるのかもしれない。

 

風雨に悩まされる雨季のタイサッカー

試合の前半は穏やかな天気であったが、後半が始まりと強い風が吹き始めた。風で、ピッチの横に立てられた看板がどんどん倒れてしまうという状況だ。

 

風雨で倒れるバンコクスタジアム内のスポンサーの看板

風で倒れる看板


看板がほとんど全部倒れる勢いで強い風が吹き続ける。

風が収まると、倒れた看板をスタッフが修復する。スタジアムの看板は、大切なスポンサーの広告だからね。

風が収まったと思ったら、次は雨だ。ぽつぽつと降っていたのが、あっという間に豪雨になった。遠くでは、雷も鳴っている。

タイの雨季でのリスクは雨や風である。選手にとっても観客にとってもハードな環境である。

タイリーグが開催されるスタジアムには屋根のある席は少ないが、もし雨季にサッカーを見に行くなら屋根のある席に陣取るのが無難だろう。念のためにポンチョも持参したいところだ。

 

スタジアムからの帰路

タイ・ジャパニーズ・スタジアムでサッカー観戦をした場合、帰りが少々面倒くさい。

タクシーを拾おうとするも、乗客候補が多いので運転手は強気である。行き先によっては乗車拒否することも多々ある。

最寄りのBTSの駅はアヌサーワリー(戦勝記念塔)なので、時間がかかるもののGoogle mapを頼りに歩くのいいだろう。

タクシーに乗りたいのなら根気よく待つしかない。何とかタクシーを拾い、無事BTSに到着したが、かなりの時間待つこととなった。