a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

【タイ文字】タイ人の名前の読み方に自信喪失

タイ文字は表意文字である。そのため、読み方(発音の仕方)には規則性があり、その規則をマスターすれば、タイ語を読むことが可能となる。ただし、タイ語には声調があるので、他の言語と比較すると多少はややこしい。

しかし、厄介なのは、タイ語の読み方には規則を外れた読み方をする単語が多いことだ。イレギュラーな読み方をする単語は、地名や人名、サンスクリット語などからの外来語に多い。

このような場合、読み方を一つ一つ覚えていかなければならない。そして、慣れてきたら、ある程度は分かるようになる。これは論理的というよりは勘の問題だ。

 

Skypeでタイ人の名前の読み方テスト

インターネットのおかげで、今ではSkypeを使用してタイ語のレッスンを受けることができる。もちろんネイティブからだ。

タイ文字を読めなくても発音記号を使ってレッスンすることもできるが、とあるレッスンで講師からタイ文字が読めるかどうか聞かれ、読めると答えた。

大学で日本語を勉強していたり、日本に留学経験のある講師もおり、日本語を話せる者もいる。ちょうどこのレッスンの時が高校時代に日本に留学経験のある、日本語がペラペラな女子大生。

「タイ語読むの、難しいですか?」

「うーん、90%は簡単。だけど、残りの10%は本当に難しいね。特に人の名前とかは読めないことの方が多いなあ」

…という会話を日本語でしていて、タイ人の名前の読み方のレッスンとなった。

 

ปารวีの読み方

前述の通り、タイ人の名前に使用されるタイ文字は規則外の読み方をすることが多く、読み方が難しい。


彼女が最初に出題した名前がこれである。

 

f:id:a-priori:20180723223625j:plain

タイ語の人名 ปารวี

 

ปารวี

これは比較的簡単だ。「パーラウィー」と読む。

「パーラウィー」は彼女の本名だそうだ。

 「パーラウィー」は比較的短い名前だが、タイ人は長い名前の人が多い。そのため、タイ人は通常、「ノック(鳥)」や「ブア(蓮)」などとニックネームを持ち、お互いにニックネームで呼び合う。そのため、親しい友人でも互いの本名を知らないというケースもある。 

หฤธวรรรน์の読み方

彼女の次の問題は「私の親せきや知り合いの中で、読み方が難しい名前です」という下記の名前である。

 

f:id:a-priori:20180723223622j:plain

タイ語の人名 หฤธวรรรน์

 

หฤธวรรรน์

これは難しい。
いきなり「」がくる。そして、2文字目が使用頻度の少ない「」だ。いきなり豪快なストレートを食らった気分になる。

まず、「」が問題である。実際に読む文字なのか、それとも声調を変えるためのものか?かなり悩む。「」には文字としての役割もあるが、声調を変える役割もあるのだ。
悩んだ挙句、「ラタワン(ワンの部分は勘で)」と答えたが、正解は「ハリタワン」であった。
勘の部分は当たっていたものの、「」を声調を変える方に賭けたが、見事に外れてしまった。おまけに「」の読み方も間違っていた。

しかし、彼女も子供の頃は「หฤธวรรรน์」を読めなかったということだ。タイの子供にも読めないのだから間違っても仕方がないだろう。

 

พชรพชรの読み方

次の問題が、これだ。

 

f:id:a-priori:20180723215459j:plain

タイ語の人名 พชรพชร

 

พชรพชร

พชร」という綴りが2つつながっている名前である。

考え抜いた末、「ポチョラポチョーン」と答えたものの

 

「惜しいですね!これは、パチャラパチョーンです」


ということだ。

冷静に考えれば、子音がつながってる「พช」と「ชร」ところは「オ」ではなく「ア」である。

 

タイ人の女性の名前の特徴

ปารวี」は彼女の名前である。もちろん女性の名前だ。

それでは「หฤธวรรรน์」と「พชรพชร」は、男女どちらの名前なのだろうか?タイ人の名前と格闘した後、講師に確認した。

すると、両方とも女性の名前ということだった。「ワン」や「オーン」で終わる名前は、たいてい女性の名前ということだ。

そういえば、タイのテレサテン、あるいはタイの美空ひばりといわれたプムプワン・ドゥワンチャン(พุ่มพวง ดวงจันทร์)も「ワン」で終わっていることに気付いた。

 

พุ่มพวง ดวงจันทร์ - วิกิพีเดีย

 

改めて書くが、タイ人の名前の読み方は難しい。しかし、講師の彼女から「タイ語を勉強してて、ここまで惜しい読み方をした人、初めてです!」とほめられたことも記しておきたい。