a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

チェンマイの市場が真っ赤に染まるいちごの季節

11月の後半から、タイではいちごの季節となる。

ロイクラトンやイーペン・ランナー・インターナショナルの日程は毎年変わるが、ちょうどこの時期に当たることもある。もしこの「いちごのシーズン」にチェンマイへ行く予定があるなら、市場へ行ってみることをおすすめする。

市場に行くといちごを売る店が多く、さながらいちご祭りの様相を呈している。

鮮やかないちごが市場を彩るのを眺めるのも楽しいものである。

 

ワット・スアン・ドークの先にあるいちご市場

ワット・スアン・ドーク(วัดสวนดอก)には、白亜の仏塔に囲まれた金色の大きな仏塔が立っている。このお寺はチェンマイでも美しいお寺の1つで、ここを訪れる観光客は多い。

 

 

チェンマイにある金色の仏塔のワット・スアン・ドーク

ワット・スアン・ドーク

 

ワット・スアン・ドークからチェンマイの郊外に向かって少し歩いた所に、いちごの季節になるといちごの専門店が多く出店するトン・パヨム市場(ตลาดต้นพยอม)がある。

歩いて数分の距離なので、ワット・スアン・ドークを観光後、ついでに寄ってみるといいだろう。

 

トン・パヨム市場はいちごでいっぱい

いちごの季節のトン・パヨム市場には、通常の店の他にいちごのみを扱う店や屋台が並ぶ。

小ぶりのいちごから大ぶりのいちごまで、様々な種類のいちごを売っている。各お店がいちごをおいしそうに見せるため、いろいろとディスプレイの仕方を工夫しているのが分かる。

タイの赤い果物といえばランブータンなどがあるが、ちょっとくすんだ色だ。そのため、いちごの真っ赤な色は、タイでは新鮮に感じる。

 

チェンマイにあるトン・パヨム市場で売られている真っ赤ないちご

チェンマイのいちご

 

旬のものなので、この時期のいちごの値段は、タイの物価にすれば高めなのかもしれない。それでも日本とは比べられないほどの安さである。

1袋買って帰り、ホテルで食べるのもいいだろう。

 

チェンマイのトン・パヨム市場のいちご屋に並ぶ美味しそうないちご

トン・パヨム市場のいちご屋

  

イチゴのワイン

トン・パヨム市場のいちご屋を見て回って、気になるのがイチゴで作ったワインだ。

 

チェンマイにあるトン・パヨム市場で売られているいちごのワイン

いちごワイン

 

タイではいろいろな果物を使ったワインがあり、チェンマイの近くならミャンマーとの国境にあるメーサイなどで売っており、値段もお手頃で気軽に買うことができる。

そのようなワインは「無理やりワインにしてしまった感」はあるが、トン・パヨム市場のいちごワインもそのような類だろう。

しかし、少し微妙な箱ではあるが、一応箱に入っているのでお土産にもいいかもしれない。

 

 

 

www.apriori-eye.com