apriori-eye

アプリオリアイ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かすブログです -

竹富島 コンドイビーチのナマコ対策

竹富島で最も美しい海を見ることができるのがコンドイビーチだ。

美しいビーチではあるが、海の中にはナマコがいる。海を歩いていると時々踏んづけてしまい、足にムニュッとした感覚が走るは嫌なものだ。

コンドイビーチでの楽しみ方とナマコ対策を紹介してみたい。

 

 

コンドイビーチの楽しみ方

美しいコンドイビーチ

竹富島は、沖縄八重山の離島の中では人気のある小さな島である。

石垣島から船に乗らなくてはならず、行くのはちょっと面倒だ。しかし、竹富島に着いてしまうと、まさに天国といった感じ。

竹富島できれいな海を見るならコンドイビーチである。とにかく海が美しい。

 

沖縄県八重山の竹富島にある美しいコンドイビーチの海

美しいコンドイビーチ

 

海の生物と触れ合える

コンドイビーチには海の生き物がいる。砂浜にはヤドカリがいたり、浅瀬の海では小さな魚が泳いでいたりと、子供が喜びそうな海の生き物が多い。

ヤドカリは小さいので見逃しがちだが、浜辺をよく観察するとすぐに見つけることができるだろう。

 

竹富島のコンドイビーチの浜を歩く小さなヤドカリ

コンドイビーチのヤドカリ

 

干潮時の海の散歩が楽しい

コンドイビーチの目の前に広がる海は、干潮時と満潮時ではその姿は全然異なる。

満潮時はビーチがほとんどなくなるほど海が迫って来るが、干潮時は海水が引き、沖の方に砂の島が姿を現す。そして、ビーチからその砂の島へ歩いて行くことができるのだ。

白い砂の島と浅瀬で水色の海、そして雲のコントラストが感動的である。竹富島へ行ったなら、この風景は是非とも見ておきたい。

 

干潮時は沖の方に砂の島ができる竹富島のコンドイビーチ

干潮時は沖の方に砂の島ができる

 

野良猫と海の風景

コンドイビーチには東屋のような建物がある。大きな建物ではないが、石でできたベンチもあり、日差しを避けて休むことができる。

この東屋にはコンドイビーチに生息する野良猫がいる。 

 

竹富島のコンドイビーチにある東屋で昼寝をする猫

東屋で昼寝をする猫

 

昼間はほとんど寝ており、人が近づいてもなかなか目を覚まさない。

 

竹富島のコンドイビーチにある東屋で昼寝をする黒猫の肉球

黒猫の肉球

 

しかし、コンドイビーチの前で昼寝ができるなんて、ぜいたくな猫ではある。

 

竹富島のコンドイビーチにある東屋で海に向かって昼寝をする黒猫

ぜいたくな昼寝

 

ここら辺をテリトリーとする全ての猫が東屋にいるわけではないが、雨が降ったりすると周辺の野良猫が雨宿りに集まり、コンドイビーチの東屋は猫だらけになる。

 

コンドイビーチのナマコ

コンドイビーチにはナマコがいる

干潮時に浅瀬を歩いていると、ぐにゅっとしたものを踏んでしまうことがある。それはナマコである。この海にはナマコが多いのだ。

人間には無害であるが、踏んでしまうと何となく嫌なものである。

コンドイビーチに行くと、浅瀬を歩いている人が「また、ナマコ踏んじゃった~」なんて言ってるのをよく聞くかと思う。

 

ナマコ対策

こんな時のため、ビーチシューズを履くことをおすすめしたい。

ビーチシューズは下の写真のような靴で、かかとまで覆うことができ、ビーチサンダルと違い簡単には脱げない。

ビーチサンダルだと波にさらわれてしまう心配があるが、ビーチシューズならそんな心配もないので安心だ。

 

 

また、コンドイビーチの海には小さな岩がゴロゴロしているエリアがあり、けがを予防するする意味でもビーチシューズはおすすめである。

値段もそれほど高くはないので、竹富島のみならず海に行く予定がある方は1足持っていてもいいだろう。

 

こちらの記事もおすすめ

www.apriori-eye.com