a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

【ギリシャのトイレ】トルコ式トイレだった時の絶望感

日本に来る観光客、あるいは日本に住んでる外国人で、自国では洋式のトイレを使用している人たちが、トイレのドアを開け、目の前に和式のトイレがあった時には絶望を感じるそうである。

今では日本人でさえも和式トイレを苦手とする人も多いので、外国人ならなおさらのことであろう。

和式のトイレのことは英語で「squat toilet(スクワット・トイレ)」という。スクワットという単語を使うなんて、名前自体が辛そうだ。

しかし、スクワット・トイレは、現在も意外と広範囲な国で使用されている。

 

ギリシャのトイレ事情

ギリシャのトイレは、通常は便座に腰掛けて用を足す洋式タイプである。ホテルに宿泊しても洋式タイプしか見ることがないだろう。

しかし、思いがけない所でトルコ式トイレに遭遇する。トルコ式トイレというのは、しゃがんで用を足すスクワット・トイレである。 

トルコ式トイレは、公衆のトイレに多いようだ。ギリシャでは、公衆トイレといっても入口に人がいてお金を払う所も多い。お金を払ったのにトイレがトルコ式だとガッカリである。 

このようなトイレが外国人観光客が多い場所にもあるので、トルコ式のトイレが初めての人はびっくりするに違いない。特に青い海と空に白い家の美しいイメージのサントリーニ島などで見かけると驚きも一層強くなる。

 

サントリーニ島フィラのバスステーションにあるトイレ

フィラのバスステーションは、フィラの中心からすぐ近くにある。ある意味、おしゃれな街の一角にあるのだ。

フィラから人気のイアの街やレッドビーチなどの観光スポットへ行くのにバスを利用する客も多い。

このバスステーションの端っこの方に、ぽつりとトイレの建物がある。

 

サントリーニ島フィラのバスステーション

フィラのバスステーション

 

トイレの入口にはおばちゃんが座っている。有料トイレということである。

おばちゃんに料金を支払いトイレに入ると、そこに見えるのはトルコ式の便器だ。その瞬間、がっくり来る。まさに、これから使おうとする時に、和式のトイレを目にした外国人の絶望感に共感する一時である。

特に有料トイレでトルコ式というのは精神的にも、肉体的にもダメージが大きい。何といっても「スクワット・トイレ」なのだから。

 

サントリーニ島フィラのバスステーションにあるトイレ

バスステーションのトイレ

 

夕日で有名なイアのバスステーションにも有料トイレがあるが、こちらの方は洋式だったので、当然フィラのトイレも洋式であろうと思っていた。が、予想は外れた。まさかサントリーニ、しかもフィラでトルコ式のトイレを見るとは思ってもみなかった。 

トルコ式トイレが苦手なら、フィラからバスを利用する時に、ホテルやレストランなどで用を足してからフィラのバスステーションに向かうべきである。

 

メテオラ観光の拠点、カランバカ駅のトイレ

アテネからメテオラ(Meteora)へ列車で行く場合、カランバカ駅(Kalambaka)で降りることになる。カランバカという街がメテオラ観光の拠点だ。  そのため、外国人の利用客も多い。

しかし、メテオラというギリシャ内陸部の有名観光地が近くにありながら、カランバカ駅は小さい。アテネからの長旅の後、列車を降りると「こんなものなの?」と驚くかもしれない。 

アテネとカランバカを結ぶ直通の列車は1日1本と少ないし、それほど大きな駅は必要ないのだろう。アテネからの直通が少なく不便なので、メテオラはバスツアーの方が人気があるのかもしれない。

 

メテオラの最寄り駅となるカランバカ駅

カランバカ駅

 

列車を利用した場合のメテオラの玄関口となるカランバカ駅であるが、トイレには注意した方がいい。

トルコ式である。ギリシャでは公衆のトイレを使用する場合、お金を取られることもあるが、一応カランバカ駅のトイレは無料である。

 

メテオラの最寄り駅となるカランバカ駅のトイレ

カランバカ駅のトイレ

 

トルコ式トイレがダメな人は、カランバカ駅に向かう前にレストランなどでトイレの用を済ませておくことをおすすめする。

 

トルコ式トイレに対処する

ギリシャのトイレはトルコ式が多いというのは昔から言われていたことである。公衆のトイレのみならず、レストランのトイレでもトルコ式トイレを覚悟したものである。

しかし、アテネオリンピックやEU加盟を経て、現在は昔と比べたらはるかに状況が良くなったようだ。公衆のトイレにも様式の便器を使用する所も多くなった。 

しかし、まだトルコ式トイレを覚悟しなければならない場面も多い。このタイプのトイレが苦手な人は多いかもしれないが、うまく付き合うしかない。

どうしてもだめな時は、ホテルやレストランでこまめにトイレに行くことである。