a priori

アプリオリ - 旅から哲学まで、日常の「なぜ」を解き明かす楽しいブログです -

もう迷わない。リオシオン・バスターミナルへの行き方

ギリシャでは鉄道よりもバスの方が発達している。そのため、内陸部の地方都市へ行く場合、長距離バスを利用することも多い。 

アテネには長距離バス用のターミナルが2つある。キフィスウ・ターミナル(Kifissou Terminal)とリオシオン・ターミナル(Liossion Terminal)である。どちらのバスターミナルもアテネの中心部から少し離れており、タクシーや公共の交通機関を使って行くのが一般的だ。

人気の観光地であるメテオラ(Meteora)やデルフィ(Delphi)へ向かうバスは、リオシオン・ターミナルから出発する。通称バスターミナルB(Bus Terminal B)とよばれているバス乗り場だ。

 

分かりにくいリオシオン・ターミナルへの行き方

古代遺跡があるデルフィへ行くには、アテネからツアーに参加するか、長距離バスを利用して行く必要がある。長距離バスはリオシオン・ターミナルから出発するため、ターミナルへ行く方法を調べていた。 

ガイドブックには「ラリッサ駅前からバスに乗り、プラクトリアというバス停で降りる」と書かれている。しかし、バスでリオシオン・ターミナルへ行った人の体験談を読むと、バス降車後バスターミナルがなかなか見つからず、たどり着くまでに相当苦労をしているようであった。 

海外の旅行者も同様で、よく英語の旅行フォーラムに取り上げられている。それらのフォーラムを良く読んでみると、その原因が分かった。 

プラクトリアのバス停はリオシオン通りにあるが、リオシオン・ターミナルはリオシオン通りにあるわけではないということだ。プラクトリアでバスを降車後、少なくとも数百メートル歩かなくてはならないようであった。 

これではすんなりリオシオン・ターミナルに行けるわけがない。ガイドブックを信じるなら、プラクトリアのバス停のすぐ側にリオシオン・ターミナルがあると思ってしまい、確実に迷ってしまうのではなかろうか。

 

地下鉄Kato Patissia駅から歩いて行けるリオシオン・ターミナル

バスターミナルの最寄の駅は地下鉄Kato Patissia駅

バスで行くのも面倒くさそうだったので、公共のバスを使わずに迷わず行ける方法を模索した。 

Google mapによると地下鉄の1番線(METRO Line 1)でKato Patissia(カト・パティッシア)駅がリオシオン・ターミナルの最寄りの地下鉄駅である。

実際にKato Patissia駅からリオシオン・ターミナルまで歩いて行った様子を紹介してみたい。

 

Kato Patissia駅からリオシオン・ターミナルへの経路

地下鉄のKato Patissia駅からリオシオン・ターミナルまでは、下記のような経路になる。キャスター付きの荷物をゴロゴロ引いて行ったが、10分もかからなかった。思ったよりも近かったので、少しあっけない感じもした。

 

地下鉄Kato Patissia駅からリオシオン・ターミナルまでの経路

 

目印となるもの

アテネの中心部から地下鉄に乗った場合、Kato Patissia駅で降りて地上に出るとかわいいAgia Xeniという教会がある。この教会の向かって右側に小さな広場があるので、ここを突っ切っれば、後はGoogle map通りに歩くだけだ。

 

アテネの地下鉄Kato Patissia駅付近にある赤くて可愛い教会

Kato Patissia駅付近にある教会

 

リオシオン・ターミナルに着くまでに右折、左折と2回曲がればいいだけ。道順としては非常に簡単だ。

2度目に曲がった道を少し歩くと黄色いタクシーが見えるだろう。これらのタクシーはバスターミナルの客待ちをするタクシーで、そこにリオシオン・ターミナルがある。

 

リオシオン・バスターミナルで客待ちをするタクシー

客待ちをするタクシー

 

ターミナルの入口は、意外と小さいので要注意だ。「ここじゃないのかな?」と思ってしまうかもしれない。

 

アテネのリオシオン・ターミナル(バスターミナル B)の入口

リオシオン・ターミナル入口

 

中は広いリオシオン・ターミナル

入口は小さいものの、ターミナルビルの中は広々としている。

ビルに入って右側がチケット売場である。往復のチケットも購入可能なので、往復共にバスを利用する予定なら帰りのチケットも買っておいた方がいいだろう。地方の町だと、どこで帰りのチケットを買えばいいのか分かりにくい場合も多いからだ。 

 

アテネのリオシオン・ターミナルのチケット売場

チケット売場

 

ターミナルビルでは売店も充実しており、ちょっとしたカフェもあるので、バスの出発までのんびりと待とう。 

 

アテネのリオシオン・ターミナル内にある売店

リオシオン・ターミナルの売店

 

エアポートバスはリオシオン・ターミナルには止まらない

リオシオン・ターミナルに関して、1つ注意しておかなければならないことがある。 

空港とアテネ市内を結ぶエアポートバスがあるが、その内X93番のバスは空港ともう1つの長距離バスターミナルであるキフィスウ・ターミナル(バスターミナル A)間で運行されている。 

ガイドブックで、このX93番のエアポートバスはリオシオン・ターミナルを経由すると書かれていることがあるが、エアポートバスはリオシオン・ターミナルには止まらない。 

エアポートバスX93番はリオシオンを経由するが、バスが止まるのはリオシオン通り沿いのバス停であり、リオシオン・ターミナルではない。空港から直接リオシオン・ターミナルに行くことを考えているなら注意しておいた方がいいだろう。